コラム

人の「価値観」は時間の流れと共に変わっていくもの。断捨離を通して感じたこと

投稿日:

最近は特にだけど、不要になったものをメルカリやヤフオクで売るようになりました。

メルカリやヤフオクで出品していると、昔はこんな物に「興味」があったんだなって感じてしまいます。

そう、「あったんです」

 

すでに過去形なんだけど、人の「価値観」は時間の流れと同じように変わっていくんだなぁってつくづく思います。

 

今回は、なぜ物を手放してしまうのかを書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

1番の理由は、自分の「価値観」が変わってしまった

価値観が変わり、物を売る動機

 

  • 自分の価値観が変わる
  • 興味がなくなる(飽きてしまった)
  • 他のものに興味が移る
  • 使う頻度が少なくなってしまった
  • 今使っているものより性能が良いものが出た

個人的には時間の流れとともに、価値観は変わるものだと思っています。

 

たとえば、

ぼくは、アナログが好きでした。

アナログといっても、紙の本やレコードが好きな程度で、デジタルは食わず嫌いで使ってませんでした。

流石にCDは使っていたので、iPodとかは使っていましたけどw

 

そんなアナログ好きなぼくは、CDや本がたくさんありました。

すでに過去形ではあるけど、ある日突然、部屋を見渡すと物に溢れていることが嫌になってしまいました。

その頃から、一生懸命に断捨離に励むようになりました。

もう、一心不乱に!

 

 

物を増やさない工夫を!

断捨離する際には、ただ捨てるだけでは勿体ないので、メルカリやヤフオクで、必要としている方へ譲っています。

 

ぼくの趣味は、音楽聴くことと本を読むことなんで、それは止めることはできません。

なので、本や音楽はデジタルを購入するようにしています。

 

Kindleっていう神のような端末を使うようになってからは、物に対する価値観は変わりましたね。

買いたいなぁって思った瞬間に本やマンガを場所問わず購入出来るし、たくさん買っても部屋のスペースは減らないから思う存分、楽しむことが出来るようになりました!

 

物が増えるというストレスからの解放です!

断捨離という無駄な時間を過すこともなくなりました。

Kindle Paperwhite
Kindleは断捨離という「無駄な時間」から開放してくれる便利な端末

「Kindle Paperwhite」を使うようになってから、本の断捨離から解放されました。 紙の本や漫画は実態がある分、増えてくると、どうしてもスペースをとってしまう。 特に引っ越しのときには、漫画 ...

 

ほんとに好きな物だけを持つこと

本でもCDでもそうでけど、これは手元に残して置きたいなぁってもの以外は買わないようになりました。

どうしても欲しい物があったらメルカリなどで売ってから資金調達をして、それから購入をする。という流れを作っています。

 

Tweetにも書いたけど、必要な物の取捨選択が出来るようになることは、大切なことなんだと思う。

 

さいごに: いつかは人の気持ちも変わってしまう

気持ちが変わってしまうのが、いいか悪いかは分からないけど、時間が流れるように価値観も変わってしまうものだと感じるこの頃。

バラのトゲのように、トゲトゲしく突っ張っていた頃も懐かしんでしまうぐらいに。

 

嫌いだったはずのものが、好きになったりするし、ほんと不思議。

ねこさと
時間は良薬とは良く言ったもの

 

【参考記事】

「Kindle Paperwhite」を1年以上使ってみて分かったことは、本との出会いを大切にしてくれる端末だった【レビュー】
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

約11万PVのレビューブログ。 ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。特にApple製品が好き。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

-コラム
-,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.