親の介護

コラム

親を施設に入れることは「悪」なのか?自分の時間は有効に使おう

投稿日:2017年2月16日 更新日:

こんにちは、理学療法士のねこさと(@ynbr333)です。

 

理学療法士の仕事をしていると、介護する側の家族って大変だなって感じます。

自宅に帰るのも施設に行くことになるのも、家族の一声でどっちにも転んでしまうからです。

 

今回は「介護」は家族ありきりだなって感じたのと、家族側は入院したら、元の状態に治ると勘違いしている方が多いのでその事も踏まえて書いてみます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

病院に入院する理由はさまざま

  • 転んで骨折
  • 脳卒中で半身が麻痺
  • 肺炎(誤嚥性肺炎も含む)
  • 老衰による食思不振(認知症も含む)

などなど。

地域や病院によって入院する方の層は違うと思うけど、ぼくが勤務している病院の大半は上記に挙げたものが多いかな。

一度入院したら、大半の方は以前のような生活はできません!

できません!って言い切ったら語弊があるけど「元通りにならない」って言った方がしっくりくるかもしれない。

 

特に脳卒中になってしまったら身体の半分が動きづらくなるので、「元通りに生活がが送れなくなる」というのは容易に想像ができると思います。

中には介護要らずの方もいるけど、そういう方は稀。

ほんと稀!

しかし入院したら「どんな形」でも退院しなくてはいけないのです。

 

 

入院したら「介護」は必要と考えた方がいい

ここでは、高齢の方を対象とします。

高齢の方は若いときと比べると回復過程も遅くなってしまう…

ただの風邪で寝込んでしまうとすぐに「筋力低下」など起こし廃用症候群に陥ってしまうことなんてザラある。

廃用症候群とは
安静状態が長期に渡って続く事によって起こる、さまざまな心身の機能低下等を指す。生活不活発病とも呼ばれる。特に病床で寝たきり状態でいることによって起こる症状が多い。

・筋萎縮 関節拘縮 褥瘡(床ずれ)
・ 廃用性骨萎縮(骨粗鬆症)
・ 起立性低血圧(立ちくらみ)
・ 精神的合併症 括約筋障害(便秘・尿便失禁)

-ウィキペディアより

簡単に説明すると、寝たきり状態が続くと歩けてた人は歩けなくなるし、食欲も出なくなり弱ってしまうよってこと!

食欲も出ないと、起きて何かをしようという気力もなくなるし、悪循環ですよね。

 

一度、廃用症候群を起こすと、歩けるようになるまでには、相当な時間を要します。

ある研究論文では、「何もしないで1日寝たきり状態だと、2〜3%の筋力が落ちる」って書いてあるぐらいですし、そう考えると筋力を取り戻すには時間かかります。

 

若い方でも筋トレで、筋肉をつけるとなると時間はかかりますよね?

高齢になると、もっと時間がかかるのは容易に想像がつくと思う。

 

 

家族は元の生活に戻れることを願っている

家族はこういった理由を知らないので、入院して病気が治れば「元の生活に戻れる」と強く思っています。

キツイ言い方ではあるけど、年齢が高くになるにつれてその希望が薄くなります。(もちろん個人差はある)

 

寝たきり状態が長くなれば長くなるほど、元の状態に戻れないと考えた方がいいでしょう。

 

 

どんな状態でも退院させる

病院に入院できる期間は決まっています。

ここでは詳しくは書かないけど、だいたい3ヶ月と認識しておいた方がいいでしょう。

昔は長い期間入院できていたけど、現在は国の政策もあり入院できる期間は決まってしまっています。

 

入院期間が決まっているので、極端な話し「歩けなくても退院」ってなってしまうケースも多いです。

もともと、何も使わないで歩いてた人が、杖や歩行器といった「福祉用具」を使って退院するケースもあるので、一概に歩けなくなって退院されるワケではないですが。

 

入院したときより動作レベルが一段下がるって感じ。

 

自宅で介護をしますか?

そこで迫られるのが「自宅で介護しますか?」ってこと。

もちろん心身ともに「しっかり」しているのなら自宅で一緒に過ごしたいって思う。

しかし何かしらの手伝いが必要な状態で、介護をするとなると迷ってしまう方は多いんじゃないでしょうか?

 

たとえば

  • 一人で歩けない
  • トイレをするのに手伝いが必要
  • お風呂も手伝いが必要
  • 食事をするにも手伝いが必要
  • 認知症で意思疎通が困難、または徘徊する

 

ぼくはこの条件だと自宅での介護は、正直なところキツいなって感じる。

車椅子メインの生活だけど、身の回りのことは自分でできるなら自宅での介護も可能かなって思うけど、基本的に介助量が多くなると難しいなぁ。

 

介護生活は最悪の場合、共倒れになる事もあるので、自宅で介護を選択する場合は、慎重に決めた方がいいと思います。

 

 

一番の問題は、自分の時間を使って介護できるかってこと

仕事をしながら介護をするってことは大変なことだと思う。

中には子育て真っ最中の人もいるだろうし。

 

特に認知症で「徘徊」の症状があったりすると、自宅に留守番はさせられない。

仕事していると四六時中、一緒にいるわけにはいかないし、心配で仕事も手につかないと思う。

定年で仕事を辞めている方なら時間はあると思うけど、正直な話し、ずっと介護しているのは辛い。老々介護だともっと辛い。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

施設なら安心して暮らせる

親が、意思疎通できるなら、今後のことをちゃんと話していた方がいいでしょう。

お互い合意の元でなら、ゴタゴタも避けれると思います。

 

施設に入所したからといって、死ぬまで出れないってことはないです。

家族の予定が合えば、一時帰宅として自宅で外泊などもできるので、うまく使っていけたらなって思う。

しかも自宅で介護するより、施設のスタッフが安全に行ってくれます。

 

さいごに

介護をする側もそれなりの覚悟がないと、できない大変なことだなって感じています。

自宅で介護をするには、家族の協力が必要です。

家族の協力だけでは、手に負えない状況なら「施設」って選択もありなのではないのかと考えています。

一度きりの人生、介護疲れで「共倒れに」なることはないと思う。

 

悩んだら、近くの市役所や地域包括支援センターといった公共機関に連絡を取ってみるのもいいかもしれません。

施設といっても、たくさん種類があるので、介護する側も知識があると選択するときに参考になると思います。

 

ぼくの親もそういう時期が来ると思うと、真剣に考えていかないといけない年頃です。

 

ねこさと
実家の沖縄に帰省するたびに親が年々老いていくのを感じてしまいます

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

WordPressを始めるにあたって、テーマ選びって悩みませんか? 無料のテーマは山ほどあるから、いろいろ試せるのはいいですよね。   有料のテーマだといろいろ試してみるというわけにもいかな ...

Chromebook flip 2

こんにちは、Chromebook大好きねこさと(@ynbr333)です!   「Acer Chromebook Flip C100PA」を購入したので、良かった点やイマイチな点を踏まえながら ...

理学療法士 副業 3

こんにちは、理学療法士のねこさと(@ynbr333)です!   WordPressを始めるためには、サーバーを契約しないといけないです。 これからブログやアフィリエイトといった副業を始めたい ...

-コラム
-, ,

Copyright© , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.