LINEモバイル Ymobile

Y!MobileよりLINEモバイルの方がいい理由はコレだ!

2017年6月22日

LINEモバイル Ymobile

 

たまちゃん
LINEモバイル気になっているけど、Ymobileも良さげだから気になっているんだよね。どっちが良いんだろう?

こんな疑問に答えていきます。

 

au、Softbank、Ymobileと各キャリアを使ってきましたが、評判の良い「LINEモバイル」に乗り換えました。

 

乗り換えた理由は、大手キャリアと使い勝手は変わらず、ストレスなく快適に使えているからです。

通信速度は混雑している時間は、多少は遅くなるけど、繫がりやすさで言えば問題ない。

 

この記事では、YmobileとLINEモバイルをどっちに乗り換えようか悩んでいる方の疑問に答えていきます。

結果からお伝えすると、「LINEモバイル」2年縛りもなく、速度も快適に使えます。

 

LINEモバイルが基本料金が5ヶ月半額になるキャンペーン中!

LINEモバイル おすすめ

 

期間限定でキャンペーンをしていますので、乗り換えを考えている方は、覗いてみてください。

\SNSをデータフリーで楽しむ/

LINEモバイルの詳細をみる

※月々の料金500円から選べる

 

今まで使っていた「Y!mobile」の特徴と料金

 

Ymobile料金表

プランS(3GB)プランM(9GB)プランL(14GB)
料金2,680円/月3,680円/月4,680円/月
6ヶ月間1,980円/月2,980円/月3,980円/月
GB増量(2年間)3→4GB9→12GB14→17GB
国内無料通話(10分間/回)ありありあり

 

たまちゃん
2年間はGBが2倍に増量しているから、お得に使えるかも!月々の料金は6ヶ月間しか安くならないから注意が必要だね!>>Y!mobileへ申し込みはコチラ

 

ちなみに、大手キャリアのプランでは約6,000〜7,000円かかってしまうので、Ymobileの通信料金はシンプルで魅力的です。

 

GBの無料増量は、2年間しか適応しないで注意が必要です。

2年目以降は、オプション料金として500円を支払うことで、増量することが出来ます。

 

安定した通信速度で楽しむ

Ymobileに今すぐ申し込む

※iPhone SEも購入出来る!

 

Ymobileのメリット・デメリット

メリット

  • SoftBank回線だから通信速度が速い
  • 田舎でも圏外になりにくい
  • Wi-Fiスポットがある
  • テザリングが出来る
  • 10分間通話無料がある

デメリット

  • 自動更新の2年契約
  • 違約金が9,500円かかる
  • キャンペーンが終了すると、料金は割高になってしまう

 

Ymobileは、Softbank回線だから、いつでも通信速度や繋がりやすさは快適です。

 

しかし、動画などはあまり観ない、連絡手段としてスマホを使っている方は、キャンペーン期間が過ぎてしまうと、通信料金は割高になってしまいます。

 

Ymobileの通信速度も電波の繋がりやすさも快適

 

Ymobileは、料金的に格安SIMとは違うポジションだけど、Softbankのサブブランドとしての通信会社。

なので、通信速度や電波の繋がりやすさもかなり良い。

 

具体的な数値は、上記のグラフを見るとイメージが付きやすいので、見てみてください。

 

ちなみに、ストレスなく使えつ通信速度(下り・ダウンロード)は、

通信速度出来ること
1Mbpsメール、LINEのやりとりやサイトの表示
1〜3Mbps画像が多めのサイトの表示
3〜5Mbps以上高画質の動画視聴が出来る

 

下り・ダウンロードの通信速度は、最低でも3Mbps出ていると、快適にネットを楽しむことが出来ます。

 

Ymobileは、2年縛りがあるのがちょっと辛かった。解約手数料あり

Ymobileも大手キャリア同様に、2年縛りがあります。

 

2年以内に契約解除すると「9,500円」の解約手数料が発生します。

頻繁にスマホ端末や通信会社を乗り換えない方であれば、問題ありません。

 

ぼくは、新しい物が出ると試したくなるので、一つの通信会社に2年間契約しているのが辛かったです。

 

その理由としては、Ymobileより基本料金を安くしたかったので、格安SIMに興味があったからです。

 

違約金は9,500円なので、そこまで高くはないけど、やっぱり出来るだけお金はかけずに乗り換えがしたいので、契約満了月まで頑張って使ってLINEモバイルに乗り換えすることが出来ました。

 

ココに注意

2019年10月から最低利用期間なし、契約解除料金もなしになりました。

 

安定した通信速度で楽しむ

Ymobileに今すぐ申し込む

※iPhone SEも購入出来る!

 

6ヶ月目のYmobileの通信料金は高くなってしまう

プランS(3GB)プランM(9GB)プランL(14GB)
料金2,680円/月3,680円/月4,680円/月
6ヶ月間1,980円/月2,980円/月3,980円/月
GB増量(2年間)3→4GB9→12GB14→17GB
国内無料通話(10分間/回)ありありあり

 

 

新規、乗り換え(MNP)することで、通信料金が最初の6ヶ月間だけ安く使うことが出来ます。

6ヶ月を超えてしまうと、ちょっと高くなってしまうが、大手キャリアと比べても安い方です。

 

YmobileのGBの増量期間は、2年間だけなので、2年目以降も継続したければ、オプション料金の500円を支払わないといけなくなります。

 

Ymobileは安く感じてしまうけど、通信料金が安いのは6年間だけ、通信量が多いのも2年間だけなので、そこをしっかり考える必要があります。

 

一見、GBが倍になっているからお得感があるように感じてしまうけど、ぼくは月に3GBもことはないから、プランMで契約すると、自分に合っていないプランになってしまい、オーバースペック。

 

LINEモバイル」だと、3GBでずっと1,680円だから、通信量も料金も自分に合っていて満足しています。

 

Ymobileは、通信料金が高いかわりに通信速度や繋がりやすさは安定している

Ymobileはこんな方におすすめ

  • 大手キャリアより通信料金をちょっとだけ下げたい
  • 電波の繋がり安い方が良い
  • 通信速度は速い方が良い

 

Ymobileは、格安SIMのポジションではないので、快適に使えます。

大手キャリアのプランは、複雑で分かりにくいし高いから、ちょっとでも通信料金を安くしたい方はYmobileを選ぶ方が多いです。

 

ぼくもauから乗り換えたときは、ちょっとでも安くしたい!という気持ちで乗り換えていました。

 

しかし、安いのは1年だけなので、通信料金を出来るだけ安く済ませたい方は、Ymobileはオススメ出来ません。

 

動画を観たり、混雑する時間帯も快適に使いたい方は、Ymobileはすごく良いキャリアになります。

 

安定した通信速度で楽しむ

Ymobileに今すぐ申し込む

※iPhone SEも購入出来る!

 

LINEモバイルはシンプルな料金プランが魅力

LINEモバイル

LINEモバイル料金表(コミュニケーションフリープラン)

データSIM音声通話SIM
3GB1,100円/月1,690円/月
5GB1,640円/月2,220円/月
7GB2,300円/月2,880円/月
10GB2,640円/月3,220円/月

 

ねこさと
LINEモバイルの良いところは、プランがシンプル!ずっと格安で使うことが出来る!>>LINEモバイルへの申し込みはコチラ

 

今回ぼくが、契約したプランは、「音声通話SIM」の3GBの1,680円。

2,000円支払ったらお釣りがくる料金で、Ymobileと比較しても格安なのが分かります。

 

LINEモバイルの通信回線は、「docomo」「Softbank」、「au」の3つの回線を持っているので、自分が好きな回線を選ぶことが出来るのもメリット。

 

ぼくは、docomo回線を使っていますが、電波も繋がりやすく、通信速度もストレスなく使えています。(通信が混む時間帯以外)

 

3GBあればこれだけ使える!



  1. テキストメール(300文字):約198,000回
  2. ホームページ(300KB):約9,900回
  3. YouTube(360P)約4MB:約12時間

 

\SNSをデータフリーで楽しむ/

LINEモバイルの詳細をみる

※月々の料金500円から選べる

 

LINEモバイルのメリット・デメリット

メリット

  • ずっと月々の料金が安く抑えられる
  • 最大10GBまで選べるプラン
  • 自社Wi-Fiスポットがある
  • オプションで「10分間かけ放題」もある

デメリット

  • 12ヶ月以内に解約すると違約金が発生(音声SIM)
  • 混雑する時間帯は通信速度が遅くなる

 

これだけ安いと、安かろう悪かろうと不安になってしまうが、通信速度も速度や電波の繋がりやすいので、満足しています。

 

格安SIMの宿命である、混雑する時間帯(12時頃、20時頃)は、通信速度が遅くなるので、それだけ我慢できれば問題ありません。

この時間帯は、Wi-Fiに繋げることが出来るなら、Wi-Fiに避難するのもいいでしょう。

 

しかも、Ymobileのように1年だけ安いプランではなく、ずっと同じ格安プランで使えるのは最大のメリット!

 

LINEモバイルの音声通話SIMは違約金がある(1年縛り)

LINEモバイルの音声SIMの契約期間は1年縛りがありますが、これはデメリットでもあるけど、メリットでもあります。

 

LINEモバイルの音声通話SIMを契約すると、12ヶ月未満で解約すると違約金が9,800円かかってしまいます。

 

しかし、LINEモバイルの良いところは、自動更新もないし、12ヶ月間さえ使えば、その後はいつ解約しても解約手数料はかからないのが良い。

 

格安SIMのLINEモバイルを選ぶメリットとしては、短期間使ってみて、気に入らなければ他社へ乗り換えることが出来ることが良いよね。

 

ココに注意

2019年10月からは解約手数料が1,000円になりました。

 

\SNSをデータフリーで楽しむ/

LINEモバイルの詳細をみる

※月々の料金500円から選べる

 

LINEモバイルはデータフリーでSNSはが無料で使える

LINEモバイル Chromebook

 

LINEモバイルは「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」が、データフリーで通信量がかかりません。

 

もちろん、LINEアプリ同士なら、無料通話もデーターフリーなので、通信量がかからずに無料で通話することが出来る。かかるのはバッテリーの消費だけ。

 

このサービスはすごく便利なので、良くLINEの無料通話を重宝しています。

両親もスマホを持つようになって、LINEアプリをインストールしているので、長電話しても通話料金を気にすることもなくなりました。

両親との電話は、なにかと長電話になりがちがだから助かっています。

 

友人は当たり前のようにLINEアプリはインストールしているので、無料通話が大活躍中。LINEモバイルにしてからは、ほんとに電話料金が激減しました。

 

なので、電話をすることは、ごくたまにしかないので、オプションの「10分間かけ放題」は追加しませんでした。

 

一般電話にかかるときも、LINEモバイル専用の「いつでも電話」のアプリを使えば、10円/30秒 でかけることが出来るので、安く電話することが出来るのも嬉しい。

 

頻繁に電話をかける方(44分以上)は、月額880円の「10分間かけ放題」がおすすめ。

 

いつでも電話 - LINEモバイルの通話料がお得に -

いつでも電話 - LINEモバイルの通話料がお得に -
開発元:LINE MOBILE Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

LINEモバイルの通信速度は思った以上に速い

実際に、Googleスピードテストで、朝昼晩に通信速度を調べてみました。

 

思った以上に、快適な速度を測定することが出来たのでビックリしています。これぐらい速度が出れば快適に使えているのも納得がいきます。

 

朝の時間帯

ダウンロード(下り)12Mbpsも出ているので、かなりいい速度です!これぐらい出ると動画や画像が多いサイトを閲覧していてもストレスを感じることはなかった。

LINEモバイル 速度

8時頃の通信速度

 

お昼の時間帯

約1Mbpsしか出ていないから、ちょっと画像が多いサイトだと読み込みに時間がかかってしまうかもしれない。といっても、数秒程度なので、ストレスが感じるかは個人差になるかもしれない。

LINEモバイル 速度

12時頃の通信速度

 

夜の時間帯

20時頃になると、約2Mbpsとなるので、12時と比べてちょっとだけ速くなる。恐らく自宅に帰ってWi-Fiに繋げる方が多くなるので、お昼時より速度は速いのかもしれない。

これぐらい出ていれば、テキストベースのサイトや標準画質の動画がなら観ることが出来ました。

ぼくのLINEモバイルの使い方としては、外出先では動画を観ることありません。主にテキストベースのサイトの読み込みが多いし、ネットサーフィンも30分もしません。

 

変わりにLINEやTwitter、InstagramといったSNSをたくさん使っているけど、データフリー対象なので、混雑する時間帯でも読み込みが遅くなったりしないのが嬉しい。

LINEモバイル 速度

20時頃の通信速度

 

最低限の通信速度

  • 30Mpbs:とても快適に使える
  • 10〜30Mpbs:快適に使える
  • 5〜10Mbps:快適に使うことは出来るが、使い方によっては満足出来ないかもしれない
  • 1〜5Mbps:テキストページの読み込みは問題なし、動画は止まってしまうことあり
  • 1Mbps:動画の視聴は困難。低画質になってしまう

 

LINEモバイルのテザリングでMacBookを使ってみた

LINEモバイルは、追加オプションなしでテザリングが使えます。

 

下記の記事では、MacBookを使うために、LINEモバイルでテザリングをしての感想をまとめているので、読んで頂けると嬉しいです。

 

【関連記事】

LINEモバイルのテザリングを使って通信量をどれだけ使うのか計測してみました。思った以上に使わなかったのでビックリしています。

LINEモバイルのテザリングを使い1週間の通信量を計測してみた【MacBook】

LINEモバイルのテザリングを使い1週間の通信量を計測してみた【MacBook】

続きを見る

 

さいごに:Y!mobileからLINEモバイルに乗り換えて満足!

LINEモバイルはこんな方におすすめ

  • ずっと月々の料金を安くしたい
  • 通信量を気にしないでSNSをたくさん使いたい
  • 通話料金も安くしたい(いつでも電話アプリ)
  • LINEモバイルでもテザリングが使いたい

 

値段的にみると、断然LINEモバイルの方が魅力的。

 

LINEモバイルにしてからは、月々1,690円になったので節約することにも成功しています。一般電話にはあまり電話しないので、電話をしたとしても2,000円ちょっとで収まっています。

 

LINEモバイルを使うまでは、電波の繋がりやすさや通信速度が心配になっていたけど、問題なく使うことが出来ています。

 

Ymobileと同じようにとまではいかないけど、Ymobileより値段は安いのに速度も快適に使えるのは、いい意味で誤算でした。

通信が混みやすくなる時間帯を除けば、かなり快適に使うことが出来ています。

 

LINEモバイルを仕事用として使うのは、ストレスを感じるかもしれないが、プライベート用で連絡が取れれば良いと思っている方は恩恵を感じること間違いなし。

 

\SNSをデータフリーで楽しむ/

LINEモバイルの詳細をみる

※月々の料金500円から選べる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

約18万PVのレビューブログ。 ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。常に物欲高め。 質問等がありましたらお気軽に「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

-LINEモバイル, Ymobile
-

Copyright© NekosatoLog , 2019 All Rights Reserved.