キーボード

「HHKB BT」の打鍵感がやみつきなる!他のキーボードは使えない【レビュー】

投稿日:2017年12月4日 更新日:

Happy Hacking Keyboard Professional BT

「Happy Hacking Keyboard Professional BT」を購入してからは、タイピングの全てが変わりました。

購入の理由は、iMacに付属している、マジックキーボードを約6年も使っていたけど、長時間のタイピングに疲れてしまうのが悩みでした。

その悩みを解決したくて、評判の良い「Happy Hacking Keyboard Professional BT(以下 HHKB)」を購入。

 

HHKBのお値段は高いけど、毎日キーボードを触っているので、満足しています。思い切って購入して正解でした。

この記事では、HHKBの魅力を書いていきます。

  • ワイヤレスでデスク周りがスッキリ
  • 打ちやすいキーストローク
  • シックな黒でデザインがいい
  • 手に馴染むキー
  • iPad Proにも使うことが出来る

残念な点

  • 530gと携帯するには重め
  • HHKBな使い始めは慣れが必要

FILCO Majestouch2 91と迷っていた

HHKBを購入するにあたって、比較検討していたキーボードが、「FILCO Majestouch2 91」。

このキーボードも評判もよくて、キー軸を自分の好みにカスタマイズ出来たり、打ち心地も変えることが出来るのが良い。

ただ、HHKBと比較したときに、FILCO Majestouch2 91はデザインが好みではなかった。長く使っていきたいので、デザインは重要なポイントでした。

 

Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨の特徴

  • ワイヤレスモデル(Bluetooth対応)
  • マルチデバイス対応
  • 三形アルカリ乾電池2本で約3ヵ月動作
  • 給電用のUSB micro Bコネクターあり
  • タイピングがしやすい

日本語配列のキーボードを購入。

3万もするキーボードを購入する決め手にもなった言葉が、HHKBの公式HPにも記載されてあるこの言葉。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。 馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。 いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

東京大学 名誉教授 和田英一 氏の談話より

悩んでいる人を後押しするようなセリフにグッときました。

安いキーボードを何回も買い換えるより、多少高くても使い勝手の良いキーボードを選んだ方が、コスパ的に見てもいいだろう。と、考え購入に至りました。

持論である、「毎日使うモノは限りなくストレスがなく使えること」と、似ていたので激しく共感してしまいました。

 

Happy Hacking Keyboard Professional BT フォトレビュー

パッケージ内容

  1. HHKB本体
  2. 乾電池(単3)
  3. 説明書

キーボードのカラーが墨だけあって、化粧箱もBTの部分は書道体で味が出ています。

今回は、ブラックを購入。

レトロ感漂う、ホワイトもあるけど、パソコン周辺機器の色がブラックが多いので統一感を出すために、ブラックを選びました。

HHKBは、マイクロUSBで電源供給することが出来るが、マイクロUSBは付属していませんので注意。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

 

シックなブラックに惹かれる

何かと黒系の色に惹かれる傾向があるのか、使っているモノは黒系が多い。

長く使っても飽きのこないのがブラック。

黒 × 黒なので、スッキリしてみえるのが特徴的だけど、印字されてある文字も黒になっているので、文字を確認するときにちょっとだけ見づらいかもしれない。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

 

横からみると代用となる文字も印字されている。

ボタンも指の形に湾曲しているので、柔らかいタイピングが出来る。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

 

USB micro Bコネクターは付いているが充電用ではない

この出っ張っているところに単3の電池を入れてます。

電源ボタンを2秒程度押すことで、電源がオンになりペアリングが始まります。

5分ほど使わないで放置していると、スタンバイモードになり、更に30分ほど放置すると電源がオフになる。

これを煩わしいと思うかは個人差が出てくるが、自動でオフになりバッテリーの節約になると考えれば便利な機能なのかもしれない。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

 

USB micro Bコネクターが付いているが、パソコンと接続しても充電はしません。大切なことなので、2度書きました。

給電用なので、乾電池の変わりに給電しながら使うことが出来ます。

出先で急な電池切れになっても、モバイルバッテーリーで使えるのは嬉しいポイント。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

ねこさと
ワイヤレスだからデスク周りはスッキリ!

 

自分の好みの高さに調整できるスタンド

裏には高さを調整出来るスタンドが付いている。

三段階に調整出来るので、疲れにくいポジションでタイピングが出来る。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

 

二段階のみでの比較。

Happy Hacking Keyboard Professional BT Happy Hacking Keyboard Professional BT

 

サイズはマジックキーボードと変わらない

マジックキーボードと比較してもサイズは、同じぐらいの大きさ。

大きさ的には違和感はないが、HHKBはキーのキーストロークが深い(4.0mm)ので、マジックキーボードと比較すると最初は違和感を感じるかもしれない。

マジックキーボードは、キーストロークも浅いので、横移動のタイピングもスムーズにできていましたが、HHKBはキーに引っかかったりしたので慣れは必要。

元々キーストロークが深いキーボードを使っていた方には、問題ないと思います。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

 

DIPスイッチで各OSに対応できる

裏面にはDIPスイッチが付いているので、Macモード、Windowsモードに変更することが出来る。

対応OSはWindows Vista SP1以降、Mac OS X v10.5以降、iOS 7.1以降、Android 4.0以降となっている。

ぼくは、Macモードの1番しかオンにしていないので、今まで使っていたマジックキーボードと同じ感じで使うことが出来ている。

キーの機能も変更していないので、使い慣れたマジックキーボード。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

Happy Hacking Keyboard Professional BT

 

HHKBを実際に使ってみての感想

打鍵感がやみつきになる。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

半年以上使っていると、慣れてしまって、特にストレスを感じることもないし、長文を打っていても疲れることはなくなった。

元々、マジックキーボードでも日本語配列を使っていたので、HHKBは自然と馴染むことが出来ました。

特に配列が変わっていることもないし、スムーズにタイピングは出来ている。

キーピッチも19.05mmと幅広でフルキーボードになっているので、タイピングしているときの窮屈感はない。タイピング中の肩が張ってしまって、疲れることもありません。

キーストロークは4.0mmとなっていて、キーを押したときの指への反発感が柔らかいから、疲れにくくなっている。

柔らかいからといっても打鍵感がない訳ではないので、タイピングしている!という実感はかなりあります。

このHHKBを使っていると打鍵感がやみつきになってしまって、他のキーボードを使うと逆に違和感を感じてしまうほど。

 

HHKBはiPad Pro 10.5インチでも使える

HHKBはBluetooth対応なので、iPad Proにも使えます。文字打ちに集中したいと思ったときには、外出するときにもHHKBを持っていきます。

iPad Proを持ち運ぶことが多いので、自宅で使っているHHKBでタイピング出来るのはすごく嬉しい。

 

デバイスが変わってもキーボードを統一して使えるのは最大のメリット。

 

他のタブレットやスマホにもマルチペアリング出来るので気に入ってます。

ねこさと
タイピングする度にもっと打ちたいと思えるキーボードに出会えた

 

HHKBの残念なところ

  • 重い(530g 電池含まず)
  • 厚みがある

本体は294(幅)×120(奥行)×40(高さ)

これは持ち運びを前提として考えたらこの2点は、ネックになってくる。

持ち運びをせずに、自宅用として使うなら気にすることはありませんが、持ち運び出来ないサイズではないので、重いのは覚悟の上です。

ねこさと
重いけど、それ以上にタイピングが快適なので、他のキーボードを使うことが出来ない

 

HHKBを更に便利にするアイテム

低反発ウレタンリストレスト

HHKBはちょっと高さがあるので、手首が浮いた状態になってしまって、肩に余計な緊張が入ってしまいます。

長時間のタイピングは疲れてしまう。

そんな状態を解決してくれるのが、リストクッション。

リストクッションがあると、余計な緊張も入らずにすむので、疲れにくく、更にHHKBが使いやすくなります。

サンワサプライ キーボード用低反発リストレスト
HHKBでタイピングするのに疲れたら低反発リストレストが便利!【レビュー】

Happy Hacking Keyboard Professional BT(以下HHKB)のキーボードは、高さがちょっとだけ高いので、長時間タイピングをしていると疲れてしまうことがありました。

続きを見る

 

さいごに:毎日使っているモノだから良いモノを!

こんな方におすすめ

  • タイピングに疲れたくない
  • ワイヤレスでデスク周りをスッキリさせたい
  • 打ちやすいキーストロークを味わいたい

これはぼくの持論だけど、「毎日使っているモノだからこそ、ストレスを限りなく少なくし、使っていきたい」と思っている。

モノを選ぶ基準も、ストレスなく使えるのか、自分のライフスタイルに合っているのか。と、考えながら選んでいます。

ブログを書くようになってからは、パソコンの前に1日5〜6時間座っていることも多く、キーボードにも触れている時間も多いです。

これだけ長いと、ストレス感じてしまうと記事を書くのが楽しくなくなってしまうので、楽しんで書くためには、自分に合ったモノを選ぶことです。

気になった方は、やみつきになるキーボードを試してみて欲しい。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。 馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。 いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

東京大学 名誉教授 和田英一 氏の談話より

この言葉を思い出して頂きたいと思います。

購入して良かったモノ
【2017年ベスト・バイ】NekosatoLogが選ぶ!ほんとに買って良かったモノ10選

    今年ももうすぐで終わりですが、NekosatoLogが、2017年に買って良かったモノを紹介してみたいと思います。 上半期出来なかったので、下半期にまとめてやります。

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

約11万PVのレビューブログ。 ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。特にApple製品が好き。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

-キーボード
-, ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.