レビュー:ahamoは快適は繋がりやすく快速!契約方法とメリット・デメリットを解説していく

ahamoLINEMOPovo楽天モバイルの大手キャリアから格安のプランが発表されましたね。正直なところ各社とも大きな違いはなく、料金だけを見ると、むしろahamoが242円高い料金となっています。

それでもahamoを選んだ理由は、自宅のネット回線がドコモ光なのと、以前からdocomoを使っていたので、乗り換えがスムーズだったからです。ドコモ光と併用しても割引はないのですが…

ahamoもdocomo回線を使っているので、繋がりやすさや通信速度も快適に使うことが出来ています。もちろん5Gエリアなら5G回線も使うことが出来ます。

ahamoへ乗り換えを検討している方もいると思うので、この記事では、実際にメリットとデメリットを踏まえながら通信速度などをレビューしていきます。

乗り換える際の参考になれば嬉しいです。

良かった点
  • 混み合った時間帯でも快適にネットが楽しめる
  • 月々の固定費が安くなった
  • dカードGOLDで5GB増量してくれる
残念な点
  • 余ったデータ容量を持ち越せない
目次

ahamoの特徴とプラン

スクロールできます
特徴
回線docomo
ネットワーク4G/5G
データ容量(dカードゴールド増量)20GB(25GB)
データ超過後1Mbps
追加データ1GBあたり550円
通話国内通話5分無料
超過後22円/30秒
海外82の国と地域で別料金不要
SIMnanoSiM/eSIM
キャリアメール×
かけ放題国内通話5分無料
超過後22円/30秒
割引×
申し込みオンラインのみ
料金2,970円(税込)

ahamoの最大の特徴は、2,970円で20GBのデータ容量が使えることです。5Gエリア内であれば5G通信も追加料金なしで使えちゃいます。

残念ながら、どのキャリアも5Gエリアはまだまだ発展途上なので、4Gがメインとなってしまいます。これは、ahamoや格安SIMに限らず、全体的な問題だから仕方ないこと。

あと、オンラインのみでしか、契約をすることが出来ないので、ショップでしか契約したことない方には、ハードルが高く感じてしまうかもしれないが、この記事で分かりやすく説明していきます。

docomoユーザーの方は、プランを変更するだけなので、手持ちのSIMを使い、スムーズに変更することが出来ます。

ahamoの契約方法と注意点

端末の持ち込みも可能(docomoバンドの確認)

ahamoは、手持ちのスマホがSIMロック解除されていれば問題なく使うことが出来ます。あとは、スマホがdocomoの周波数(バンド)に対応しているかを確認するともっと安心して使うことが出来ます。

docomoの周波数(バンド)は、以下の表を参考にしてみてくださいね。手持ちのスマホにもdocomoの周波数が記載されていれば使うことが出来ます。

一応、ahamoに対応している機種は、公式ホームページに掲載しているので、そこで確認する方が手っ取り早いかもしれません。

ちなみに、docomoのオンラインストアで、端末を購入し、回線はahamoを契約することも出来るので、端末も欲しい方はチェックしてみてくださいね。

docomo周波数(バンド)
  • 1(au、docomo、Softbankも使っている国内メインのバンド)
  • 3(主に、東京・名古屋・大阪エリアで使われているバンド。1.7MHz)
  • 6(FOMAプラスとして使用されたバンド。800MHz)
  • 19(プラチナバンド。800MHz)
  • 21(1.5MHz)
  • 28(プラチナバンド。700MHz)
  • 42(通信高速が高速になったバンド。3.5GHz)
docomoの5G周波数(バンド)
  • Sub-6:n77(n78)国際的に主要となる周波数帯
  • Sub-6:n79 ドコモだけ対応している周波数帯
  • ミリ波:n257 5Gの真価を発揮する周波数帯、対応エリアは希少

ahamoに対応しているSIMの確認

ahamoが提供しているSIMは、nanoSIMとeSIMです。

最近、購入したスマホであれば、だいたいのスマホは、nanoSIMに対応しているので問題なく使うことが出来るが、念のため確認しておきましょう。

nanoSIM

契約の進め方

STEP
dアカウントの作成

docomoユーザーではない方、dアカウントを持っていない方は、dアカウントを作ります。メールアドレスやパスワード、名前などの入力をすれば、アカウントの作成が完了です。

STEP
ahamoへアクセス

ahamoへアクセスして必要な項目を入力していきます。ネットで契約が初めての方でも簡単に出来るようになっているので、最後まで安心して進めることが出来ます。

STEP
SIMの種類を決めていく

スマホセットかSIMのみかを決めていきます。ahamoは、nanoSIMeSIMに対応しているので、SIMの種類も決めます。

STEP
契約形態オプションを決める

ここでは、他社から乗り換え(MNP)か新規契約を選択します。他社から乗り換えを選択する方は、MNPの番号を現在契約している通信会社で予約します。

オプションは、かけ放題(+1,100円)は、あとで追加することも出来るので、契約時には追加しなくても大丈夫です。

STEP
スマホがahamoに対応しているか確認

契約を進めていく中で、現在使っているスマホがahamoに対応しているかどうか確認することが出来ます。事前に対応している端末を知りたい方は、ahamoの公式ページを確認しましょう。

公式ページには、対応している端末がズラーっと記載されています。表示されなくてもdocomoの周波数(バンド)に対応してるスマホなら問題なく使うことが出来ます。

STEP
申し込みの準備

SIMロック解除していなければ、SIMロック解除をしましょう。SIMロック解除の方法は以下のリンクで確認することが出来ます。

docomoのスマホを使っている方は、そのまま乗り換えることが出来ます。楽天モバイルのスマホは、SIMフリーのスマホなので、ロック解除する必要はありません。

本人確認は、以下の書類のどれか一つが必要になるので、前もって揃えておきましょう。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳

すぐに本人確認が出来るように、ahamoが委任している会社のページに移り、本人確認が始まりますので、書類は全部揃えてから、契約は進めることをおすすめします。

途中で中断すると、最初からやり直しになってしまいます。

STEP
契約完了

画面に表示される通りに、本人確認手続きを進めていけば、契約はあっという間に完了します。

docomoからahamoへ乗り換えの方は、契約完了後すぐにネットが繋がります。他社から乗り換え、新規契約の方は、新しいSIMが届くまで待ち、SIMを入れ替えれば、難しい設定もなく使うことが出来ます。

eSIMの手続きの方法

eSIMの開通方法は、以下の通りで簡単に出来ます。

テキストだけで分かりにくい方は、ahamoの公式ホームページに画像付きで分かりやすく説明されているので、参考にしてみてくださいね。

  1. ahamoにログインする(お手続きサイトまたはahamoアプリを起動し、dアカウントログインページを開く)
  2. dアカウントでログインする(必要な情報を入力してログインする)
  3. メニューから「その他の手続き」をクリックする
  4. 「eSIM発行・再発行のお手続き」をクリックする
  5. eSIM情報を入力する
  6. 入力内容を確認する
  7. 注文完了
  8. 端末に、eSIMプロファイルのダウンロードする
  9. 再起動する
  10. 発信テスト(発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認する)

使ってみての感想(メリット)

混雑時も繋がりやすさ通信速度は快適

ahamoは、docomo回線だから、繋がりやすいし混雑する12時や20時頃でも通信速度は速く、快適にネットサーフィンや動画を楽しむことが出来ます。

ダウンロード(下り)の平均的な通信速度も50〜90Mbps出ているので、数値だけを見ても快適なのが分かりますね。

ただ、アップロード(上り)は、10Mbpsいくかいかないかの数値になってしまっており、YouTubeなどに高画質な動画をアップロードするには、時間がかかってしまいます。

スクロールできます
6時頃12時頃20時頃
アップロード(上り)8.94Mbps10.9Mbps6.40Mbps
ダウンロード(下り)89.5Mbps59.1Mbps82.3Mbps
スピードテストにて計測

通信エリアは、docomoと全く一緒なので、全国どこでも繋がることが出来ます。楽天モバイルは、繋がりにくいところもあるが、docomo、SoftBank、auの回線は安心して使うことが出来ます。

参考までに、ahamoの公式ページから自分のdocomo回線エリアを確認してみてくださいね。我がホームタウンの埼玉は問題なく使うことが出来ています。早く、5Gも繋がりやすくなって欲しいところ。

docomoは繋がりやすい

docomoからならプラン変更もスムーズ(当月無料)

docomoユーザーならdアカウントを持っているので、ログインして表示されている通りに進めていくとあっという間に契約が終わります。

本人確認もdocomoの回線を契約しているときに、終わっているので、必要事項の書類などをアップロードすれば、終了となります。本当にこれで良いのか?と思うぐらいあっさり終わってしまうので、安心して進めることが出来ます。

docomoからahamoへ乗り換える方は、docomoで契約していたプランの料金は無料になり、ahamoの料金が適応されるので、お得に乗り換えることが出来ますよ。

低利用期間や解約料金もかからない

大手キャリアから格安SIMまで、最低利用期間や解約料金は廃止されたので、ahamoも例に漏れずに最低利用期間と解約料金は発生しません。

なので、自分の生活や予算に合わなければ、気軽に解約することが出来ます。

海外で利用する方にも優しい

私は海外にいくことは少ないが、ahamoは、20GBのデータ容量を追加料金なしで、海外でも使うことが出来ます。

  • 海外82の国・地域でデータ通信が使える(追加料金なし)
  • 200以上の国・地域で電話、SNSが使える(追加料金なし)
  • 日本から海外へ国際電話・国際SMSでメッセージが送れる(追加料金なし)

ひと昔前までは、海外での連絡や海外への連絡するには、追加料金を支払っていが、ahamoでは、追加料金なしで使えるのは嬉しいですね。

ahamoの良いところは、一度、契約してしまえば、料金の変更手続きなどの手間がなく気持ち良く使えるところですね。

dカードゴールドユーザーはデータ増量

スクロールできます
データ増量
dカードGOLD25GB/月
dカード21GB/月
上記以外20GB/月

dカードGOLDユーザーなので、毎月のデータ容量を20GBから25GBに増量されています。dカードGOLDは、年会費11,000円(税込)がかかってしまうが、以下の特典が美味しくてメインで使っています。

  • 100円で1ポイントたまる
  • ドコモ光の利用料金で100ポイント/1,000円たまる
  • カード特約店の利用でポイントがたまる
  • dカードケータイ補償(最大10万円)
  • iD決済でも100円で1ポイントたまる
  • ahamoのデータ容量が増量(1〜5GB)
  • たまったポイントはメルカリでも使える

個人的には、dカードGOLDでahamoのデータ増量が美味しいと思っています。

理由は、ahamoで5GBを追加すると2,750円(1GB/550円)かかってしまい、1年間(12ヶ月)で計算すると33,000円となります。これだけも、dカードGOLDの年会費分は十分にバッグ出るし、月に25GBあると安心してネット生活を楽しめるからです。

dカードGOLD特典 + 5GB

Amazon Musicで音楽を聴くことが多く、意外とデータ容量を使っているし、漫画とかもダウンロードすることも多いから25GBあると助かるんですよね。

動画や写真が多いページを見たりするミドルユーザーにも嬉しい特典。特典は、上記に挙げたもの以外にもたくさんあるので、ahamoの公式HPで確認してみてくださいね。

テザリングも無料で使える

嬉しいことに、テザリングも無料で使うことが出来ます。

LINEMOやPovo、楽天モバイルでも無料で使えるので、ahamoが特別ではないが、外出先でMacBookなどを無料でテザリング出来るのは嬉しい。

データ容量が超過しても速い(1Mbps)

大手キャリアの中で、データ容量(20GB)を超過しても1Mbpsの通信速度で使うことが出来るのは、ahamoだけです。LINEMOはスマホプランにすれば、1Mbpsを維持出来るが、ミニプランだと300kbpsに制限されてしまいます。

Povoは、128kbpsとなるので、肌感でもストレスを感じてしまうレベルです。

ちなみに、楽天モバイルは、楽天回線であれば、通信速度の制限なしで使うことが出来ます。ヘビーユーザーには嬉しい仕様となっているので、通信制限を気にしたくない方は、楽天モバイルがおすすめ。

最低限の通信速度
  • 30Mpbs:とても快適に使える
  • 10〜30Mpbs:快適に使える
  • 5〜10Mbps:快適に使うことは出来るが、使い方によっては満足出来ないかもしれない
  • 1〜5Mbps:テキストページの読み込みは問題なし、動画は止まってしまうことあり
  • 1Mbps:動画の視聴は困難。低画質になってしまう

さすがに、動画を視聴するとなると1Mbpsでもストレスを感じてしまうが、テキストベースのLINEやメール、ウェブ閲覧なら、問題なく通信することが出来ます。

実際の通信速度に関しては、下記の動画があったので、そちらを確認すると、よりイメージがしやすいと思います。

1GBの追加データも安い

  • ahamo:1GB(550円)
  • LINMO:1GB(550円)
  • Povo:1GB(355円/7日間)

もし、データ容量を使い切っても1GBを550円で追加することが出来ます。

追加しなくても1Mbpsで通信することが出来るが、快適にネットがしたい方には、ありがたいサービスですね。

ahamoの残念なところ(デメリット)

余ったデータ容量は繰越し出来ない

ahamoに限らず、LINEMOやPovoも使い切れなかったデータ容量を翌月へ繰り越すことは出来ません。せっかくお金を支払っているから、繰り越してくれたらありがたいのだが…

もし、20GBは使い切れないけど、データ容量を繰り越しでどうにかなりそうなら、UQモバイルY!mobileがおすすめです。

ドコモ光との割引はなし

docomoのギガプランを契約していたときは、1,000円も割引があったが、残念なことに、ドコモ光と併用しても割引がされることはありません。

とは言っても、20GBで2,970円(税込)の格安プランだから贅沢は言ってられないです。割引がなくて十分に安いプランなので、満足しております。

家族割引がなし

もちろん、家族割もありません。

docomoのギガホを契約していたときは、一人で7,315円(税込)を支払っており、ahamoに乗り換えると、一人2,970円、二人で契約しても合計5,940円(税込)の格安料金だから割引がなくても問題ありません。

キャリアメールは使えない

docomoの”@docomo.ne.jp”がつく、キャリアメールはahamoでは使うことが出来ません。

なので、ahamoに乗り換える前に、フリーメールのYahooメールかGmailなどに移行してから乗り換えることをおすすめします。

今時、LINEなどで連絡手段が確立してしまっているので、キャリアメールを使う方は少ないと思うが、使えないのは残念ですよね。

オンラインでしか契約が出来ない

基本的にahamoの契約は、オンラインです。

ネットでの契約自体は、画面に表示される通りに進めていけば、簡単に出来るが、ネットを使うことが少ない方からするとハードルが高くて、しっかりと契約出来るか不安ですよね。

なので、docomoショップで、3,300円(税込)の手数料を支払うことでサポートが受けれるようになりました。ネットで契約すれば、無料で出来るので、出来るだけ初期費用を抑えたい方は、ネットで契約がおすすめ。

ちなみに、ネットに疎い妻も一人で契約することが出来たので、簡単に契約することが出来ますよ。

留守番電話サービスが使えない

個人的には、LINEでの通話が多くなっているので、困ることはないが、留守番電話サービスを良く使っていた方からすると、これは残念な仕様。

タブレットのシェアプランなし

20GBもあるし、タブレットとシェアしたい!と思ったらahamoでもシェアプランはなし。

なので、使ったら使った分だけを支払うことの出来る楽天モバイルを契約し、iPad mini 6に使っています。

Apple Watchのセルラー機能が使えない

docomoやSoftBank、auの回線でセルラーモデルのApple Watchを使っていた方には残念ではあるが、ahamoではセルラーモデルの機能を使うことが出来ません。

Apple Watch単体で使うことが出来ないだけで、iPhoneと連携しておけば、普通に使うことが出来ます。

さいごに:ahamoはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • 20GB以内で収まる方
  • 追加料金なしで5Gを楽しみたい方
  • 出来るだけ月々の料金を安くしたい方
  • docomo回線で快適にネットを楽しみたい方
  • dカードと併用しデータ容量を増やしたい方

ahamoに乗り換えてから、快適にネットライフを送ることが出来ています。月々の固定費も安いし、繋がりやすさや通信速度も快適だし、使っていて特に不満点はありません。

強いて言うなら、早く5Gエリアを拡大して欲しい。

最低利用期間や解約料金もかからないので、気になっている方は、ぜひ試して見てくださいね。

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になったらコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる