LINEモバイル

LINEモバイルを1ヶ月以上使ってみて分かった。乗り換えた方がいい人、乗り換えない方がいい人を徹底解説

投稿日:2018年1月25日 更新日:

LINEモバイル 乗り換え

たまちゃん
LINEモバイルって通信速度や電波の繋がりやすさとか大丈夫なの?格安SIMって何かと心配なんだよね…

こんな疑問に答えていきます。

 

YmobileからLINEモバイルに乗り換えてから、スマホ代を安くすることに成功しました。

月々の支払いが1,690円なので、2,000円払ってもお釣りがくるのが嬉しい。

 

節約をしたいなら固定費を抑えるしかないので、月々のスマホ代を節約するのもポイントの一つ。

 

この記事では、LINEモバイルを約1年以上使ってみて、LINEモバイルに乗り換えた方がいい人、乗り換えたら損する人が分かったので書いていきます。

 

結果的からお伝えすると、電話を頻繁にしない方、SNSをたくさんしたい方はLINEモバイルに乗り換えることで、幸せになることが出来ます。

LINEモバイルに乗り換えて良かった5つのメリット

  1. スマホ代が1,680円で抑えられる
  2. 通信料金が安いのに通信速度は速い
  3. 余った通信量は繰越し出来るから安心して使える
  4. LINEモバイルのテザリングでMacBookが使える
  5. 節約出来たお金で自己投資出来るようになった

LINEモバイルを愛用しているので、実際に使って良かった点を挙げていきます。

 

月々のスマホ代の料金が安い!1,680円で抑えられる

格安SIMを考えている方は、スマホ代を抑えたい方が多い。

これは最大の理由。

 

大手キャリアの通信料金が高くなければ、わざわざ格安SIMには乗り換えなんて考えないので、どうか大手キャリアはもう少し安くしてください。

LINEモバイルは、安かろう悪かろうではなく、通信速度も安定しているので、満足して使えています。

 

LINEモバイルは通信速度が速い

Softbank回線

docomo回線

LINEモバイルは、Softbank回線とdocomo回線のどちらかを選ぶことが出来ます。

 

実際に、LINEモバイルを使ってみると、安さの割にはいい感じに通信速度も速い。

通信が混み合う時間帯の12:00頃〜、20:00頃〜はさすがに速いとは言い切れないが、テキストベースのページを読み込むには、特に問題ないと感じます。

 

画像が多いページや動画を観るときには、ちょっと読み込みが遅くかんじました。混み合う時間帯を避ければ問題なく使えます。

 

遅くならないように対策としては、Wi-Fiに繋げて使うことでストレスを少なくしています。

 

web閲覧を快適に見る通信速度

Webサイトの閲覧も読み込み速度が1.5Mbps〜2Mbpsがあればストレスなく読み込むことが出来る。

動画を快適に観る通信速度

  • 480px(低画質) ⇒ 1.5Mbps
  • 1080px (高画質)⇒ 5Mbps

 

Webのテキストベースでネットサーフィンしたり動画をストレスなく観るためには、最低でも上記に挙げた数字が必要になってきます。

LINEモバイルは、時間帯にもよるけど、ストレスなく使えるスピード。

 

お昼時や夕方ときは、ネットを使う利用者が増えるから、ちょっと遅くなってしまうぐらいです。

 

余った通信量は繰越し出来るから安心して使える

LINEモバイルの最大の魅力は、SNS使い放題の「カウントフリー」。

このカウントフリーがあるから、契約した3GBを使い切ることは、まずありません。

ぼくは、Twitterが好きで、頻繁に開いているんだけど、いくら使ったもLINEモバイルなら無料で使い放題。通信量は一切かからないのがすごく嬉しい。

カウントフリーは、SNS好きにはたまらないサービス。

この余った通信料金は、来月へ繰越しして使うことが出来るので、平均で5GBは常にある状態。

常に余っている状態だから、ちょっともったいない気もするけど、余った通信量でテザリングしてMacBookを上手く使っています。

 

LINEモバイルのテザリングでMacBookが使える

MacBook 12インチ 選んだ理由

LINEモバイルは、テザリングが使えるのです。

ぼくは、繰越しされた通信量をテザリングして、MacBookを使っています。

MacBookでは、ブログの記事の作成や画像編集をやったりと、ネットサーフィンを楽しんでいます。

スマホでは出来ないことを、MacBookでやっているので、テザリングが使えるのはすごく助かってます。

しかも、多くの通信会社が有料で提供している中、LINEモバイルは無料で使えるのも嬉しいポイント。

 

節約出来たお金で自己投資出来るようになった

大手キャリアだと約7,000円支払っていたのが、LINEモバイル(1,680円)を使うことで月に約5,000円も節約することが出来る。年間だと約60,000円も節約出来る。

年間で見ていくと、かなり大きな金額になります。

ぼくは、節約出来たお金を参考書に買ったりと自己投資しています。家族もいるので、家族サービスに使ったりしています。

使えるお金が増えるので、有意義に使うことが出来ています。

 

LINEモバイルに乗り換えて残念だった点のデメリット

  1. 通信が混む時間帯は速度は遅い
  2. たまに電波が悪くなる

正直なとことろ、格安SIMの当たり前のデメリットしか挙がらないです。

LINEモバイルも格安SIMの部類なので、例外なく当てはまります。

上記でも少し触れたが、通信が混み合う時間帯の12:00頃〜、20:00頃〜は遅くなりがちです。

遅いといっても、ダウンロードが最低3Mbpsあれば、ストレスなく使えると言われています。

 

上記の表を見てもお昼ごろは、4.1Mbps出ているので、まぁまぁの速度を出しています。遅いと言われている夜の時間帯も8.3Mbpsは出せているので優秀です。

これも日によって違うので参考までにしたらいいでしょう。

ぼくは混み合う時間帯は、Wi-Fiに繋いで使っていることが多いので、ストレスを感じることが少ないです。

 

LINEモバイルに乗り換えた方がいい人

  • 月々のスマホ代を安くしたい
  • 自宅にWi-Fiがある
  • 通信速度を気にしない
  • SNSをたくさん使う

ぼくの使い方を踏まえて、LINEモバイルに乗り換えた方が良い方も紹介していきます。

約1年以上使ってみて、上記に挙げた項目に当てはまるようであれば、LINEモバイルの恩恵は受けれます。

\SNSをデータフリーで楽しむ/

LINEモバイルに今すぐ申し込む

※月々の料金500円から選べる

 

月々のスマホ代を安くしたい

LINEモバイル 乗り換え

LINEモバイルに限らず、格安SIMに乗り換えたいと考えている方は、月々のスマホ代を節約したいと考えている方が大半だと思う。ぼくもそのうちの1人でした。

LINEモバイルのプランは、シンプルで分かりやすい上に安くて通信速度も速いので人気の格安SIMです。

LINEモバイルは、難しいことは考えずに3つのプランの中から、あなたが1番優先したいプランを選ぶだけ。

使うのが少ない月があっても、あまったデータは翌月に繰り越せるので安心して使うことが出来ます。

ねこさと
ざっと、プランを説明してみるよ

① LINEフリープラン

  • データ(1GBのみ):月額500円
  • データ+SMS:月額620円
  • データ+SNS+音声通話:月額1,200円

※データフリー対象サービスは「LINE」のみ

このプランは、容量は1GBしか選択出来ないので、連絡用で使いたい方向けです。LINEをどんなに使っても無料なので、LINEを上手く使えば1GB以内で収めることが出来る魔法のプラン。

 

② コミュニケーションフリープラン

  • 3GB:月額1,110円(データSIM)月額1,690円(データ + 音声通話SIM)
  • 5GB:月額1,640円(データSIM)月額2,220円(データ + 音声通話SIM)
  • 7GB:月額2,300円(データSIM)月額2880円(データ + 音声通話SIM)
  • 10GB:月額2,640円(データSIM)月額3,220円(データ + 音声通話SIM)

※カウントフリー対象サービス「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」

このプランでは、本格的にSNS楽しみたい方向けのプラン。SNSの他にも調べ物や動画も楽しみたい方向けに10GBまで対応しています。

自分の使い方に合わせて容量を選べるのが嬉しい。

3GBあればこれだけ使える

  • テキストメール(300文字):約198,000回
  • ホームページ(300KB):約9,900回
  • YouTube(360P)約4MB:約12時間

③ MUSIC + プラン

  • 3GB:月額1,810円(データSIM)月額2,390円(データ + 音声通話SIM)
  • 5GB:月額2,140円(データSIM)月額2,720円(データ + 音声通話SIM)
  • 7GB:月額2,700円(データSIM)月額3,280円(データ + 音声通話SIM)
  • 10GB:月額2,940円(データSIM)月額3,520円(データ + 音声通話SIM)

※カウントフリー対象サービス「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」「LINE MUSIC」

このプランでは、音楽も楽しみたい方向け。LINE MUSICは月額750円でオプションで付けることが出来ます。

このプランでセットで契約すると50円安くなるので、年間600円も節約することが出来ます。

 

自宅にWi-Fiが使える環境がある

LINEモバイル 乗り換え

>>LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルを使ってみて感じたことは、自宅でWi-Fiがないとストレスが溜まってしまいます。

理由は、12〜13時、20〜22時の間は皆さんが使う時間が被ってしまうので、通信速度が遅くなってしまいます。

酷いときは1Mbps以下になってしまうので、ストレスを感じる方はイライラしてしまう。

だいたいの方は、自宅でネットを引いている方も多いので、Wi-Fiの環境は整っていると思います。LINEモバイルを契約してもWi-Fiで繋いで使うことをオススメします。

ねこさと
因みに、混雑する時間帯でもカウントフリー対応のSNSは混雑することはないので、ストレスは感じないよ

 

通信速度を気にしない

LINEモバイル 乗り換え

>>LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルだけでなく、これはどの格安SIM会社にも言えることなので仕方のないこと。

LINEモバイルは、docomoの回線を借りているので、本家のdocomoと同じような通信速度は出ません。期待してはいけません。

そして、上記でも書いたとおり、混雑している時間帯はストレスを感じるほどの遅さを感じてしまうこともあります。

なので、格安SIMに快適な通信速度を期待していると痛い目に合います。格安SIMはある程度割り切って使える方なら、LINEモバイルはオススメ。

 

SNSをたくさん使う

LINEモバイル 乗り換え

>>LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルは、データフリーというサービスがあります。このサービスは「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」といったSNSをどんだけ使っても通信量がかかりません。しかも通信制限がかかってしまっても、データフリーの対象のSNSの読み込みも遅くならないのが良い。

ぼくは、連絡手段にLINEを使っているし、LINEの無料通話をたくさん使うから通信量がカウントされないのは嬉しい。

情報収集もTwitterでやっているので、通信量がかからないのは助かっています。

今流行のインスタ映えの写真を撮って、Instagram投稿してももちろん無料。

ねこさと
Twitterアプリだけで、月に1〜2GBは使ってしまうので、カウントフリーの恩恵は計り知れない

 

LINEモバイルに乗り換えない方がいい人

  • ヘビーユーザー
  • 仕事用として使う
  • アクシデントのときに自分で対応できない

>>LINEモバイル公式サイトへ

乗り換えた方がいい方の反対のことですが、これもざっと書いていきたいと思います。

 

10GB以上使うヘビーユーザー

LINEモバイルのプランには、10GBまで対応しています。容量オーバーしてしまうと、通信速度が遅くなってなってしまうので、解除したければデータ量の追加をしなければなりません。

データ量の追加は、0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)から選択して追加することが出来ます。

Wi-Fiを併用して使っていれば、自分が設定したプランの容量をオーバーすることはないけど、繋がってない状態で、動画などを何十時間も観たりするとすぐにオーバーしてしまいます。ゲームなどをするのも容量が減ってしまう原因。

データ量を追加ばかりしてしまうと、割高になってしまうので、大手キャリアでのプランの方が安い場合があるので注意が必要。

 

LINEモバイルを仕事用として使う

LINEモバイル 乗り換え

>>LINEモバイル公式サイトへ

これもLINEモバイルだけでなく、格安SIMに全般に言えることだけど、仕事用として使うと後悔します。理由は、格安SIMだと混雑した時間帯があるので、通信速度が遅くなりがちで、仕事に支障をきたす可能性があります。

電波も仕事の道具として考えるなら、大手キャリアの方が安定した通信速度を確保出来ます。

特にフリーランスの方は、格安SIMをメインで使うと辛いかもしれません。

ねこさと
仕事は出来るだけストレスを感じないでしたい

 

アクシデントを自分で解決出来ない

LINEモバイル 乗り換え大半の方はアクシデントの心配や店舗がないというだけで、格安SIMを選ばない方多いです。

LINEモバイルも店舗がないので、アクシデントなどは自分で解決しなければなりません。アクシデントといってもだいたいはスマホ本体の操作などでのアクシデントが多いので「LINEモバイル」自体が問題でない場合が多い。

LINEモバイルには、カスタマーサービスが設けられているので、LINEモバイル全般のことを答えてくれます。時間帯によってはオペレーターとも直接会話することが出来るので、一人で解決出来ないときは安心。

ねこさと
LINEモバイル自体に不具合が起きることは少ないので、気にしなくてもいいレベル

 

「10分間かけ放題」が追加されて、さらに便利になった

LINEモバイル 乗り換え

>>LINEモバイル公式サイトへ

おまけとして、格安SIMの弱点でもあったんだけど、LINEモバイルには「10分電話かけ放題(月額880円)」でオプションが追加されました。

LINEモバイル専用アプリ「いつでも電話」を使うと半額の10円/30秒で使うことが出来ます。月に44分以上かける方にはオススメ。

ぼくは、月に44分もかけないので、使った分だ支払ってます。

このプランは、必要だと思ったときに追加出来るので、しばらく使ってみてから追加することをオススメします。

下手に追加して割高になってしまてっては、格安SIMに乗り換える意味がなくなってしまうので。

 

LINEモバイルもWi-Fiスポットがある

LINEモバイル専用の「Wi-Fiスポット」があります。

しかし、このWi-Fiを使うには、有料のWi-Fiオプションに入る必要があります。月額200円を払うことで、外出先でも通信量を気にしないでネットを使うことが出来る。

もちろんセキュリティ面もちゃんとしているので、安心して使える。

LINEモバイルにしたいけど、通信量も節約して使いたい方は、上手くWi-Fiスポットを利用するのもいいですね。

まだまだ、LINEモバイルのWi-Fiスポットは少ないけど、少しずつ増えていくと思うので、今後期待していきたいです。

ココがポイント

初めて加入する方は最大2ヶ月無料で使えます。

 

iPhone 8 SIMフリー版でもLINEモバイルは使える

iPhone8 選んだ理由

>>LINEモバイル公式サイトへ

SIMフリー版のiPhone 8でもLINEモバイルは使うことが出来ます。

人気機種を格安SIMのLINEモバイルで使えるのは嬉しいですね。

LINEモバイルでは、iPhoneは取り扱っていないので、Appleストアで一括か分割で購入する方法を選びます。

ぼくは、Appleストアで一括で購入してLINEモバイルで楽しんでいます。もちろんAmazonなどに売っているSIMフリー版でも使うことが出来ます。

 

さいごに:LINEモバイルは割り切ることで恩恵を受けることが出来る

格安SIMは安い変わりに、通信速度が遅くなってしまいます。これはどうしても仕方のないことなので、割り切る必要があります。

遅くなてしまう原因は、安かろう悪かろうではなく、システムの問題なのです。

使い慣れたら通信速度もこんなもんなんだな。と、慣れてしまうし、特にストレスを感じることはありません。

むしろLINEやTwitterなどのSNSがカウントフリーなのだけでも、十分に恩恵は受けているので、SNSのをたくさん使う方にはLINEモバイルはオススメ。

 

【登録はコチラ】

>>LINEモバイル公式サイトへ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

約11万PVのレビューブログ。 ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。特にApple製品が好き。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

-LINEモバイル
-, ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.