格安SIM

MacBook 12インチでポケットWiFiとテザリングどっちが快適か?

投稿日:2018年9月27日 更新日:

LINEモバイル テザリング速度

MacBook 12インチ(以下MacBook)でネットを楽しむためには、Wi-Fiで繋げないといけません。

MacBookを購入してから外出先でもネットを快適に使いたくて、「ポケット WiFi」を契約するか「iPhone」でテザリング機能を使うかで迷っています。

記事の下書きを書くだけならオフラインでも使えるアプリはあるけど、ネットで調べながら書くときも多いので、気軽にネットに繋げたいなという気持ちが強くなりました。

この記事では、外出先でも快適なネット環境を手に入れるためには、「ポケット WiFi」か「テザリング」のどっちがいいのかを検討していきます。

結果からお伝えすると、1日に3、4時間程度ならテザリングの方快適に使えて通信料金も節約することが出来ます。

 

MacBookでネットに繋げる頻度

LINEモバイル テザリング速度

まずは、外出先でMacBookにネットを繋げる頻度を確認してみます。

頻度を確認しないとポケット WiFiがいいのか、テザリングで事足りるのか分からないので、考えてみましょう。

  • 仕事のお昼休みにブログの下書き(30〜45分程度)
  • カフェで記事の下書き、ネットサーフィン(3、4時間)

 

ぼくが、MacBookにネットを繋げる頻度としては上記のような感じ。改めて挙げてみると、MacBookをネットに繋げる頻度としては少ない。

仕事のお昼休みは週5回出勤、カフェなどでネットに繋げる機会は月1、2回程度なので、頻度としても時間的にもそこまで多くはないみたいです。

自宅では、自宅用に引いてあるネットのWi-Fiに繋げるので、ポケット WiFiもテザリングも必要ありません。

この事を踏まえながら、ポケット WiFiかテザリングのメリット・デメリットを検討していきます。

 

ポケット WiFiのメリット

  • いつでもネットに繋ぐことが出来る
  • 速度がそれなりに出る
  • セキュリティー面で安全

 

ポケット WiFiがあると、通信エリア内であれば、高速通信を楽しめるのが最大のメリット。

通信速度もストレスを感じないほど出るので、ポケット WiFiを持っているだけで、快適なネット生活を送ることが出来るのは間違いない。

しかも、セキュリティ面もしっかりしているので、Free Wi-Fiに繋げるより安全にネットに繋げます。

テザリングもセキュリティ面で安全ではあるけど、テザリングだと通信制限やスマホのバッテリーの消費が気になって気持ちよくは楽しめないですね。

 

ポケット WiFiのデメリット

  • 通信料金(月々)が発生する
  • 場所によって繋がりにくい
  • 持ち歩かないといけない
  • バッテリーを気にしないといけない

 

メリットもあればデメリットもあるのが世の常。

ポケット WiFiを持つということは、月々の通信料金がかかってしまいます。

料金が高いといっても「UQ WiMAX」なら使いたい放題で、月々4,263円(税抜)で快適なネット環境が手に入ります。

いろいろ調べましたが、UQ WiMAXがダントツで安いです。

とくとくBBのUQ WiMAXなら、最大42,000円のキャッシュバックもあるので、キャッシュバックを月々の通信料金に当てれば、もっと月々の支払いは安くなりますね。

しかし、場所によっては繋がりにくいところもあるので、注意が必要。

 

テザリングのメリット

  • 手持ちのスマホで出来る
  • 繋がりやすい
  • Pocket WiFiより金額は抑えられる
  • 荷物がが増えない

 

テザリングの最大のメリットは、荷物が増えないこと。

ポケット WiFiのようにルーターを持ち歩かなくてもいので、忘れてしまってネットが出来なくなってしまうこともない。

テザリングを使うなら、手持ちのスマホでテザリング機能を使ってネットに繋げることが出来るし、メインで契約しているプランの月々の金額だけですみます。

必要に応じて、テザリングを使うために追加料金を契約しないと使えない通信会社もあるので注意が必要。

ぼくは「LINEモバイル」を使っているので、テザリングを使うための追加料金を支払うことなく、テザリングを使うことが出来ます。

iPhone 8にもテザリングは対応しているので、MacBookをネットに繋げたいと思ったときに、繋げれるのは嬉しい。

 

テザリングのデメリット

  • スマホのバッテリー消費が早い
  • 通信制限の恐れもアリ
  • 通信速度はイマイチ
  • 通信会社によってテザリング料金がかかる

 

便利なテザリングだけど、メリットもあればデメリットもあります。

 

バッテリー消費は速い

LINEモバイル テザリング速度

テザリングを使っていて最大のデメリットは、バッテリー消費が早いこと。

当たり前だけど、テザリングをやるとiPhoneがルーターの役割になるからバッテリーを消費します。

とはいっても、20分ぐらいテザリングをして2〜3%ぐらいだけど。長時間テザリングをするとなると、バッテリーの消耗は必須。

ちなみに、テザリングする方法によってバッテリーの消費具合が変わってきます。

ぼくが使っているテザリング方式は、3つあるうちの「Wi-Fiデザリング」でやっているので、バッテリーの消耗が早い。

3つのテザリング方式

  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

 

上記の3つの中では、USBテザリングで接続するとスピードも速いし同時にスマホの充電もしながら使うことが出来ます。

しかし、MacBookは、USB Type-Cしか搭載されていないので、USBでテザリングをするためには、変換機器を購入しないといけません。

変換機器は高いものでもないので、揃えてしまえば、快適に使えるだろうけど、MacBookからスマホへバッテリー供給をしながらテザリングをするとなると、MacBookのバッテリーの消費具合が気になってしまう。

MacBookで作業がしたいのに、バッテリー消費を加速させながら、ネットをするのは本末転倒のような気もする…

 

通信制限になるかもしれない

通信速度の制限をかけられてしまう可能性があるのでもデメリットの一つ。

多くの通信会社は、3日で○GB使うと、通信制限をかけれれてしまい、通信速度が遅くなってしまうこともあります。

パソコンで作業をしていると、ついつい重たい作業や動画を観たりしてしまうので、通信制限されないか心配になる。

いろいろ調べてみると、現在使っているLINEモバイルは3日で○GB使うと通信制限をかけられることはありません。

ただ、契約しているプランの通信量を超えると通信速度は遅くなる。

たとえば、3GBで契約しているのに、3GBを超える通信量だと通信制限はかけられてしまう。

これだけ気をつけていれば、テザリングを使ってパソコンで作業するのは問題なさそうなんだけど、通信速度はイマイチなんですよね。

 

通信速度はイマイチ

快適に通信できる目安(下り)

速度 できること
1Mbps メール、LINEといったSNS、サイトの表示
1〜3Mbps 画像が多めのサイト表示、動画視聴
3〜5Mbps  高画質の動画視聴

インターネットをするのに、最低3Mbps(下り)あるとストレスを感じないとされています。

このことを踏まえながら、実際にGoogleスピードテストで、LINEモバイルのテザリングのダウンロード(下り)を朝、昼、夜の時間で計測してみたので見ていきましょう。

8:00頃のLINEモバイルでのテザリング速度

LINEモバイル テザリング速度

8時頃の速度

 

12:00頃のLINEモバイルでのテザリング速度

LINEモバイル テザリング速度

12頃の速度

 

20:00頃のLINEモバイルでのテザリング速度

LINEモバイル テザリング速度

20時頃の速度

 

やはり回線が混んでいない朝の時間帯だと、快適に使える速度を保っています。実際に使ってみても、特にウェブを読み込むときにもストレスなく閲覧することが出来ました。

もちろん、画像の多いサイトや動画を読み込んでもストレスなく観ることも出来ます。

回線が混みやすいと言われている、12:00頃や20:00頃はやはり通信速度は遅い。

テキストベースのサイトなら、そこまで遅さは感じないけど、画像が多いサイトだったり、動画を観たりするとカクカク引っかかりは多少あった。

この速度も時間帯によって左右されるので、混む時間帯(12:00〜、20:00〜)はテザリングを使うのは避けるか、重たい作業も控えた方が良さそう。

 

テザリングを上手く活用するためにテザリング用のスマホを持つ

LINEモバイル テザリング速度

テザリングを上手く活用出来ないかと調べていると良さそうな方法がありました。

それは、テザリング用のスマホを持つこと。イメージとしては、ポケットWi-Fiのルーターみたいな感じ。

わざわざ端末を買うことはありません。古い端末を持っているなら格安SIMを運用して安くテザリングを使うことも出来る。

docomoやau、Softbank系の端末を使っていても格安SIMに対応している端末も増えてきたので、使いやすくなっています。SIMフリーの端末ならなお良い。

 

個人的には、LINEモバイルは結構使い勝手はいいなと感じている。

理由は、SIMのみだけでも契約出来るし、データフリーで「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」も通信量を消費しないで使えるから。

テザリングを使っていても、上記のSNSを使うときはデータフリーが適応されるので、通信量の節約になります。

しかもデータSIMのみで10GB使っても2,640円と格安。

上記で紹介した、UQ WiMAXより1,623円も安いので、通信料金も節約することが出来る。

 

さいごに:LINEモバイルでテザリングを上手く使えば幸せになれるのでは?

ぼくは外出先でMacBookを使ってネットをするのは、3、4時間なので、テザリングを上手く使えば幸せになれるかもしれない。

スマホのバッテリー切れには、常に怯えながら過ごさなければならないけど、モバイルバッテリーでどうにか対応すれば問題ないなさそう。

LINEモバイルの現在のプランは3GBなので、オーバーするようであれば、容量を増やすのも検討していきたいと思います。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

約11万PVのレビューブログ。 ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。特にApple製品が好き。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

おすすめ記事

2018 Best Buy 1
Zolo Liberty 2

完全ワイヤレスイヤホンは、音が途切れたりと賛否両論あるイヤホン。その中でも、評価の良いAnkerの「Zolo Liberty」を購入した。 約8,000円内で購入出来る、完全ワイヤレスイヤホンの中では ...

Chromebook flip 3

こんにちは、Chromebook大好きな、ねこさと(@ynbr333)です!   「ASUS Chromebook Flip C100PA」を購入してから、ネットサーフィンが捗っています。 ...

4

2018年11月7日に、『Kindle Paperwhite』のNEWモデルが発売されました!   Kindleを愛用している、ねこさと(@Nekosato333)です。 今までは紙の本を好 ...

5

これまで6年間、理学療法士をやってきて、セミナーにもたくさん行きました! それと同じぐらい参考書も購入したり、勤務先にある本も読み漁りました。 何度も何度も読んで、確かめたことか。 その中でも、何度も ...

-格安SIM
-,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.