Apple Watch

Apple Watch Series 4はぼくの秘書。7つの便利なこと【レビュー】

投稿日:2018年10月30日 更新日:

 

ねこさと
Apple Watch Series 4を思い切って買ってみら、生活が変わった!変わったは言い過ぎだけど、Apple Watchが生活をサポートしてくれる

 

ついにApple Watch Series 4(以下 Apple Watch)を購入しました!

iPhone 8、iPad Pro、MacBook 12インチ、iMacとApple製品を使っていますが、Apple Watchだけ使ったことがなかったので、Apple Watch Series 4を購入することに決めました。

購入する動機は、「使ってみたい!」という単純な動機だったけど、実際に使ってみるとかなり便利。

イメージとしては、Apple Watchは、秘書的なポジションで使うことが出来ています。

iPhoneでも良いんだけど、Apple Watchは取りやすさや手軽に使いやすさが段違いに違います。

この記事では、Apple Watch Series 4のフォトレビューを踏まえながら、使って生活が変わったことを書いていきます。

 

Apple Watch Series 4 フォトレビュー

パッケージ内容

  • 本体
  • スポーツバンド
  • 充電ケーブル
  • 説明書

 

パッケージ内容は、至ってシンプルで、電源を入れてiPhoneとペアリングしたら使えるようになっています。

今回、購入したのは、GPSモデルの40mmで、スペースグレイアルミニウムケースです。バンドはスポーツバンド。

 

Apple Watch Series 4本体も専用のカバーに入っているのもドキドキ・ワクワクが止まらない。

 

Apple Watch Series 4は、曲線美がすごく美しい

何度見ても、Apple製品 曲線美がすごく美しい。

Apple製品が好きすぎるということもあるかもしれないが、他社にはない美しさを感じることが出来る。

ステンレススチールだと、もっと高級感があるので、また違った満足感があったに違いない。

 

サイドには、デジタルクラウンとボリュームボタン、マイクが設置している。このデジタルクラウンがあるから、時計なんだと感じることが出来る。

デジタルクラウンを動かすと、振動が伝わってくるので、触覚でも楽しめる。これは、普通の時計だと味わえない感覚。

 

こちらのサイドはスピーカーが設置されている。

Series 3よりスピーカーも大きくなっているみたい。Series 3は使ったことないから比較は出来ないが、聞き取りにくい感じはなかった。

音量を最大にすると、思った以上に大きくて驚いたほど。人前では、目立ってしまうので、自宅で使う意外では、消音にしています。

 

Apple Watch Series 4は、ペアリングも簡単に出来る

Apple Watchに限らず、最近のiPhoneなどは、Apple独自の特殊な画像を読み込むことで、簡単に端末のペアリングが出来ます。

Apple Watchにも対応しているアプリがあれば、簡単にインストールや同期出来るので、もうペアリングで情報の移行で悩むことはなくなりました。

 

Apple Watch Series 4を使ってみて分かった!7つの便利なところ

① Apple Payでスムーズに支払い!現金要らず

もう言わずと有名な機能、Apple Pay!

iPhone 7からApple Payが使えるようになったので、使っている方は多いと思う。

ぼくも、このApple Payの恩恵はすごく受けていて、買い物や電車に乗るときには使っています。Apple Payが使いたいがためにApple Watchも使ってみたかった理由のひとつ。

Apple WatchでもApple Payが使うようになってからは、iPhone 8を出すことが少なくなりました。

だって、腕に付けているApple Watchをサッとかざすだけで、支払いが出来るんですよ。

スマホをカバンやポケットから出す手間なく、スムーズに支払いが出来る感覚を味わってしまうと、財布から現金で支払うのには戻ることは出来ません。

ただ、ちょっと不満を言えば、QUICPayを使っているんだけど、QUICPayに対応している店舗が少ないのが不満。

もう少しQUICPayが対応してくれている店舗が増えてくれると嬉しいんだけど…

iD対応の店舗は多いので、対応しているクレジットカードも検討中。

 

② Apple Watchに通知が届くからiPhoneを見なくなった

Apple Watchのメイン機能でもある「通知」。

使うまでは、Apple Watchのポジションは、「通知がくるだけでしょう?iPhoneを見れば済むんじゃない?」と思っていたけど、使ってみたら便利なことに驚く。

メールやLINEといったアプリの通知、もちろん着信の通知もくるから、大事な連絡にはすぐに対応が出来る。

メールやLINEなどは、内容も確認出来るし、Apple Watchでも簡単な単語で返信が出来るからすごく便利。

ぼくは、妻とのやり取りが主なので、帰宅するときには、「🐸!」と一言メッセージを入れています。

好きなように言葉を変更出来るのがGood

Twitterのツイートも確認出来る

こういったことも、Apple Watchで出来るので、iPhone使わずに気軽に出来るのは、画期的だなと感じた。

もちろん音声でも返信することも出来ます。意外とマイクの機能も良いので、滑舌が悪いぼくでもきちんと聞き取ってくれます。笑

 

ロードバイクに乗っているときにも便利!

他にも恩恵を感じるところは、ロードバイクに乗っているとき。

今までは、ロードバイクに乗っているときには、iPhoneで確認していました。

Apple Watchをするようになってからは、見たい通知もApple Watchで確認することが出来る。

通勤にもロードバイクを使っているので、帰宅時に妻からお使いを頼まれても、見忘れることはない。

自宅に着いてから、iPhoneで通知を確認するということが多々あったけど、これからは見逃すこともなくなったので、喧嘩の種が減ったと感じています。笑

 

③ Apple Watchなら急な天気の崩れも教えてくれる

上記でもちょっと触れたが、ロートバイクで通勤しているので、天気は毎日欠かさずチェックしています。

朝起きると、Siriに「今日の天気は?」と質問するだけで、天気を教えてくれる。

Apple Watchは、WatchOS 5になってからは、「Hey!Siri!」と言わなくても、起動することが出来るみたいだけど、なぜか反応しない。

調べてみると、反応しない方は多いみたいなので、デジタルクラウンを長押ししてSiriを起動させています。

天気アプリを併用すれば、急な雨の通知も知らせてくれるし、ロードバイク乗りには嬉しい機能。

 

④ Apple Watchなら音声メモでアイディアを保存出来る

アイディアは、急に舞い降りてくるもの。

手が離せない状況だったり、歩いているときだとメモが取れないことがあります。

そういったときに便利なのが、Apple Watch。

ぼくは、Bearを重宝していて、アイディアが浮かべばすぐに、Bearでメモしています。

Bearは便利なアプリで、課金させすれば、Appleの全てのデバイスで自動で同期してくれるので、どこからでも確認することが出来ます。

Bearは、記事の執筆にも使ってりいるアプリで、アイディアをメモ → Appleデバイスで編集 → WordPressで細かく編集。という流れで書いています。

Apple Watchでも、Bearを介して、音声で記事を書けるが、間違えるとそのまま入力されてしまい消すことが出来ないので、ちょっと難易度が高いです。

 

⑤ リマインダーで予定を管理

これも急に思い出したり、やらないことがあるときに、音声でリマインダーを設定することが出来る。

たとえば、【リマイダー 3時 おやつ】と言うだけで設定すること出来る。

リマインダーは、iPhoneでも設定出来るけど、「あ、リマインダーに登録しておきたいな!」と思った瞬間に、腕に付けているApple Watchに手を伸ばして、Siriを起動し、リマインダーに登録することが出来る。

このスムーズな動作が出来るのは、Apple Watchだけ。

予定の時間になったら、Apple Watchが教えてくれるので、まるで秘書のような感じです。

 

⑥ Apple Watchは交換のバンドが豊富で気分転換が出来る

Apple Watchは、選ぶのに困ってしまうぐらいに、交換のバンドが豊富。

何より、普段の生活からビジネスシーン、冠婚葬祭になどのイベントによって、カジュアルからシックなバンドにも変えることが出来るのが嬉しい。

 

たくさんある中でも、「ミラネーゼループ」のバンドはお気に入り。

スポーツバンドでも、気持ち良く付けることが出来たんだけど、蒸れてしまうのが悩みの種…

ミラネーゼループなら、蒸れることもないし、サイズもミリ単位で合わせることが出来るから、装着感はバツグン。

 

ねこさと
シーンによって使い分けが出来るから、気分転換も出来るからApple Watchは長く使うことが出来るね

⑦ Apple Watchの文字盤が豊富だから状況によって使い分けが出来る

Apple Watchには、たくさんの文字盤があります。

上記の画像は、ぼくがメインで使っている文字盤ですが、写っている文字盤以外にもたくさんあります。

文字盤の種類が豊富なのも魅力のひとつだけど、1番の目玉は、コンプリケーションといって、脈拍やリマインダー、Siriなどを一つの画面に設置することが出来ます。

この機能は、仕事のときや自宅にいるとき、ランニングをしているときとか環境や状況によって、変更することが出来ます。

ぼくは4つの文字盤を作っておいて、状況によって使い分けています。

この文字盤は横にスワイプするだけで、簡単に変えることが出来るので、すごく便利。

 

Apple Watchの残念なところ

今までは、Fitbit Charge 2を使っていたので、バッテリーの持ちが気になってしまう。

Apple Watch Series 4のバッテリーは、Appleの公式では、18時間と記載されている。

上手く使えば2日は持つだろうとは思うが、Fitbit Charge 2と比較すると、どうしてもバッテリーの持ちは悪く感じてしまう。

Fitbit Charge 2は7日は使えるので、ほぼ、バッテリー切れの心配はありません。

バッテリーの件は、モバイルバッテリー持ちあるいているので、それで対応するしかない。

充電の忘れもしないように気をつけていきたい。

 

さいごに:Apple Watchはぼくの秘書

使ってみると、いつでもどこでも、サポートをしてくれるので、Apple Watchは秘書的な存在なんだなと感じる。

Apple Watchは、「ウォッチ」と名前が着いてますが、SiriというAIが搭載されている、ガジェットだと感じています。

Siriは、まだまだ出来ることは限らているが、連絡関係では、ほぼやってくれているので、満足している。

これからはAIが普及する時代がやってくると思うので、Siriの進化に期待していきたいです。

ねこさと
Apple Watchはちょっと敬遠していたけど、購入して正解!思った以上に良い!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。特にApple製品が好き。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

おすすめ記事

購入して良かったモノ 1

    今年ももうすぐで終わりですが、NekosatoLogが、2017年に買って良かったモノを紹介してみたいと思います。 上半期出来なかったので、下半期にまとめてやります。

Zolo Liberty 2

完全ワイヤレスイヤホンは、音が途切れたりと賛否両論あるイヤホン。その中でも、評価の良いAnkerの「Zolo Liberty」を購入した。 約8,000円内で購入出来る、完全ワイヤレスイヤホンの中では ...

Chromebook flip 3

こんにちは、Chromebook大好きな、ねこさと(@ynbr333)です!   「ASUS Chromebook Flip C100PA」を購入してから、ネットサーフィンが捗っています。 ...

4

2018年11月7日に、『Kindle Paperwhite』のNEWモデルが発売されました!   Kindleを愛用している、ねこさと(@Nekosato333)です。 今までは紙の本を好 ...

5

これまで6年間、理学療法士をやってきて、セミナーにもたくさん行きました! それと同じぐらい参考書も購入したり、勤務先にある本も読み漁りました。 何度も何度も読んで、確かめたことか。 その中でも、何度も ...

-Apple Watch
-,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.