グッズ

度付きサングラスなんて要らなかった!メガネユーザーは必須「AXE オーバーサングラス SG605P-BK-GRN」レビュー

投稿日:2017年5月9日 更新日:

AXE(アックス) オーバーサングラス

 

ねこさと
オーバーグラスは紫外線やホコリ、虫から目を守ってくれるからオススメ!

 

ロードバイクに乗るときはメガネとサングラス2つをかけて乗っています。

 

ぼくは普段メガネをかけているので、度付きサングラスの購入を考えたのですが、意外とお高いんですよね。

いろいろ調べてみると、「オーバーグラス」という便利なサングラスがあるので、購入してみました。

 

結果から言うと、オーバーグラスは、安いし、メガネの上からでもかけることが出来るのですごく便利な代物。度付きサングラスでなくても、十分に太陽の紫外線やホコリ、虫から目を保護してくれる。

 

使用してみてすごく便利だったので、紹介します。冬の時期も問題なく使うことが出来るのでオススメ。

 

サングラスの効果

太陽の紫外線やホコリ、虫から目を保護してくれる。ロードバイクはスピードが出やすい乗り物なので、目に異物が入ると転ぶ危険性もあるのでサングラスで目を守りましょう。

 

AXE(アックス) オーバーサングラス SG605P-BK-GRNの特徴

 

今回はグリーンスモークを購入。

 

AXEは、サングラスやゴーグルで有名なメーカーさん。スポーツをやっている方なら知っている方も多いかもしれません。

お値段もリーズナブルだし、気軽に手に取りやすいのも魅力のひとつ。

 

フォトレビュー

オーバーグラスだけあって、普通のサングラスより一回りぐらいサイズは大きくなっている。

 

メガネの上からかけるから、これぐらいの大きさは仕方がない。かけてし走ってしまえば、この大きさが視界の広さを感じることが出来ます。

AXE(アックス) オーバーサングラス

AXE(アックス) オーバーサングラス

 

サイドからのアングル。

サイドまでグラスが広がっているので、、フレームに邪魔されることなく180度まで視界を確保できる。横の障害物も確認しやすいから安心。

 

意外とサイドのデザインはかっこよくて気に入っている。

AXE(アックス) オーバーサングラス

 

サングラスの内側の方は、メガネを二重にかけるために、深めの仕様になっている。この深さがあるから2つメガネをかけても圧迫感がなくて、気持ち良くかけることが出来ます。

AXE(アックス) オーバーサングラス

 

実際に二重にした状態だとこんな感じになる。サングラスの方が結構、大きいのが分かると思います。

普段かけているメガネは、横幅が約14cm縦幅が約4cm

それより大きいサイズのオーバーグラスなので、余裕でカバーしてくれる。

AXE(アックス) オーバーサングラス

 

前からまじまじ見ると、2つかけているんだなって分かりますね。

AXE(アックス) オーバーサングラス

 

実際に使ってみての感想

メガネとサングラスを2つかけても、特に1つかけているときと変わりません。

つるが頭を強く締め付けることもないし、走行中にサングラスやメガネがズレたりすることもありません。

 

ピッタリフィットしてくれるので、ホコリや虫も目に入ることもなく、安心して走ることが出来ます。風が直接、目に当たってドライアイになることもないのは嬉しい。

 

外では太陽光線をカットしてくれるので、暗くなもいし眩しくもなく視界は良好。

 

道路の照り返しや車のギラツキもカットしてくれるので、ロングライドでも目が疲れることはなかったです。

自宅の中での写真だけど、グラスをかけたときの見た感じ。参考になれま嬉しい。

AXE(アックス) オーバーサングラス

 

サイドまでグラスが広がっているので、180度近く視界が確保できます。フレームが邪魔しないから、後方を確認するときにすごく恩恵を感じる。

 

過度に頭を動かくこともないので、安定した自転車操作を行うことができるのもメリット。

 

見た目のことを妻に感想を聞くと、「メガネも二重にかけてるとは分からないね」と言ってました。

見た目はそこまで変わらないので、見た目を気にする方にも安心。

 

ここがちょっと不満

2つメガネをかけているので、汗を拭き取るときがめんどくさい。全部外さないと拭けないのが、ちょっとめんどくささを感じてしまう。

 

これ意外では不満はないので、目を保護出来ると思えば割り切れます。

 

トンネルを走るときは「Br'Guras オーバーグラス 跳ね上げ式」が便利

オーバーグラス

ロードバイクに乗っているとトンネルに入ることも多いです。

トンネルの中をサングラスをかけた状態での走行は危ないので、レンズの部分だけ跳ね上げ出来るサングラスがあります。

 

このサングラスも眼鏡をかけた状態で、かけれるオーバーグラスなので便利。

 

 

ロードバイク乗りは日焼け対策は必須

日焼けについて調べてみたら面白い記事があったので一文を抜粋しながら紹介しますね。

 

目に紫外線が入ると、外に露出していない部分の肌まで日焼け肌になります。そもそも紫外線は、人にとって、細胞のDNAを書き換えてしまう大敵。目に紫外線が入ることで、角膜が紫外線を察知し、活性酸素を大量に発生させます。すると、脳は紫外線から細胞を守るため、全身のメラノサイト(色素細胞) を活性化させて、日焼けやシミの元となるメラニン色素を作らせます。その結果、目に紫外線が入るだけで、紫外線を浴びていない部分の肌まで日焼け状態 になってしまうのです。

毎日が発見ネット

 

目からも日焼けすることが分かっています。目に紫外線が入ると疲れやすくもなるので、気持ちよくロードバイクに乗りたいならサングラスは必須ですね。

 

 

さいごに:度付きサングラスはいらない!

前に度付きサングラスを車の運転用に買ったんだけど、このサングラスを購入してから買わなければよかったなと後悔。

ロードバイクだけじゃなく、車の運転やランニング、釣りなどにも幅広く使えるから便利。

 

度付きサングラスを作るとなると1万超えとかするし、格安で抑えたい方にはピッタリの商品でした。

 

これで快適なロードバイクライフが送れそうです。

 

ねこさと
思った以上に、多様性のあるサングラスでした!

 

 

ロードバイクグッズ関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

約11万PVのレビューブログ。 ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。特にApple製品が好き。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

-グッズ
-,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.