GARMIN EDGE820J

ついに高級サイコン買ってしまいました!「GARMIN EDGE820J」の取り付け方法や設定などを紹介【レビュー・インプレ】

投稿日:2017年9月14日 更新日:

GARMIN EDGE820J

悩みに悩んでいた「GARMIN EDGE 820J」を購入しました。

前回の記事、「サイクルコンピューター頂上決戦!「GARMIN」と「LEZYNE」どっちがいいのか?購入迷ってます」でも書いたけど、やっぱりロードバイク乗りの憧れであるGARMINのサイコンに決めました。

お高い買い物でしたが、購入して満足しています。

満足している理由は、GPSの電波もちゃんと受信してくれて、マップのナビゲーションも思った以上に良いし、ケイデンスもしっかりと計測してくれるからです。

しかも、液晶はカラーなので、マップを見るときにも視認性が良くて分かりやすい。

「GARMIN EDGE 820J」を購入してからは、毎回ロードバイクに乗るのが楽しいです。

そんな、「GARMIN EDGE 820J」を紹介していきます。

「GARMIN EDGE820Jセット」の特徴

  • 防水対応(IPX7)
  • グローブや濡れた手でも操作出来る
  • 自転車道が搭載されている
  • Wi-Fi、Bluetooth対応
  • バッテリー15時間駆動が可能
  • タッチパネルで操作性が良い

「GARMIN EDGE 820J」は多機能なので、個人的に気にいている機能をピックアップしてみた。

今までは、非タッチパネルのサイコンを使っていたので、タッチパネルのサイコンに憧れていました。

「GARMIN EDGE 820J」はマップ機能も評判が良いので、安心して購入することが出来た。

しかも、本体は67.7gと軽量なので、持ち運びにもしやすいし、重量を気にする方にも嬉しい重さではないでしょうか?

「GARMIN EDGE 820J」は単品でも販売しています。単品でも良い方は単品 の方がお安く購入することが出来ます。

【単品はコチラ】

 

GARMIN EDGE820J フォトレビュー

化粧箱はGARMINらしい黒ベースの箱に入っています。

GARMIN EDGE820J GARMIN EDGE820J

 

パッケージ内容

GARMIN EDGE820J

  1. 本体
  2. プレミアムHRセンサー&ストラップ
  3. スピードセンサー
  4. ケイデンスセンサー
  5. アウトフロントマウント
  6. ハンドルステムマウント
  7. USBケーブル
  8. ストラップ
  9. 説明書

説明書は写っていないけど、説明書もあるので、安心して設置、設定をすることが出来ます。

 

本体はコンパクト

手のひらに収まるぐらいの大きさ。

着脱も簡単に出来るので、サイクルウェアのスッポリ入ってしまうコンパクトサイズです。

コンビニなどに行くときにも、簡単に着脱が出来るので、盗難防止のために持ち運びするのも楽ちん。

GARMIN EDGE820J

 

裏面には、データのやり取り・充電するためのマイクロUSBのコネクターとマウントに設置するための器具が付いています。

GARMIN EDGE820J

 

生活防水の機種なだけあって、コネクター部分もしっかりカバーしてくれます。ちょっとした雨程度ならカバーしてくれます。

 

手持ちのMicro USBで充電が出来るし、モバイルバッテリーでも充電出来る

因みに、マイクロUSBで充電するので、Android端末を持っている方は、手持ちのUSBケーブルで充電することが出来ます。

PCソフトのGarmin Expressに接続すると、バージョンのアップデートも出来ます。

モバイルバッテリーでも充電出来るので、急なバッテリー切れにも安心。

GARMIN EDGE820J

 

各アングルから見た本体

上部には「GARMIN」のロゴが入ってます。

シルバーとブラックは高級感もあってかっこいい。

GARMIN EDGE820J

上部

 

下部には左から「ラップボタン」右は「スタート/ストップボタン」が付いてます。

ラップボタンでは、設定でスクリーンショットも割当てることが出来ます。

画面のスクリーンショットを撮って、パソコンなどで見ることも出来る便利な機能。

GARMIN EDGE820J

下部

 

左サイドには「電源ボタン」があります。

起動も早く20秒程度あれば立ち上がります。立ち上がりが早いのはストレスも少なくて嬉しい!

衛生を受信するために多少誤差はあります。

GARMIN EDGE820J

左サイド

 

GARMIN EDGE820J

右サイド

 

「GARMIN EDGE 820J」なら簡単に取り付けられる

GARMIN EDGE820J

  1. ゴム製ディスク ×3
  2. 六角レンチ
  3. スピードセンサー
  4. ケイデンスセンサー
  5. スペーサー ×2
  6. アウトフロントマウント

マニュアル本を読んでいて面白く感じたのは、スピードセンサーやケイデンスセンサーの設置方法は書いてありませんでした(;´Д`)

記載なくても取り付けは問題なくできます。

 

スピードセンサー取り付け

スピードセンサーは、後輪のハブに付けるだけです。

ゴム状に、ビヨーンって伸びるので、しっかりハブに付けることが出来ます。

「GARMIN EDGE 820J」は、スポークに磁石を付けなくてもいいので、取り付けはすごく簡単。しっかり固定されているので、走行中に落ちる心配もない。

一度取り付けたらたまに掃除するときにしか外すことはありません。

GARMIN EDGE820J

 

ケイデンスセンサー取り付け

ロードバイクのクランクによって、大きさが違うので、クランクに合った、ゴム製ディスクを選びます。

ぼくのクランクは、太さがちょっと大きかったので、ゴム製ディスクも大きめのヤツで取り付けます。

GARMIN EDGE820J

 

クランクの末端の方に取り付けます。

ペダルと干渉しないように注意(^^)

GARMIN EDGE820J

 

アウトフロントマウント取り付け

アウトフロントマウントは、ハンドルバーに設置しました。

マウントは、ハンドルバーの太さに丁度良かったので、スペーサーは付けなくても大丈夫でした。

GARMIN EDGE820J

 

今までは、ハンドル周りがゴチャゴチャしているのが、気になっていたけど、GARMINを取り付けてからはスッキリした。

 

GARMIN EDGE820J

Before

GARMIN EDGE820J

After

ねこさと
見た目も、良くなったから満足!

GARMINのサイコンは取り付けは簡単なので、5分もかかりません。

以前使っていた、suaokiのサイコンは取り付けに20分ぐらいかかっていたので、簡単でビックリ。

 

「GARMIN EDGE 820J」本体の設定

本体の設定

本体を起動すると、言語の設定から自分の性別、身長、体重と設定項目が出てくるので、表示される順に入力します。

スピードセンサーやケイデンスセンサーは、既にペアリングされてあったので、すぐにでも使える状態でした。

GARMIN EDGE820J

 

タイヤ長の設定

忘れてはならないのが、タイヤ長の設定です。

GARMINは、タイヤ長も設定していないと、きちんと測定してくれないので設定しておきましょう

本体の設定は、マニュアル本を読んでも良くわからないことが多かったので、YouTubeを観ながら設定しました。

分かりやすく説明していたので、メインで使うところは、あっという間に設定が出来るので、ぜひ動画を参考にしてみてください。

 

インプレ!「GARMIN EDGE820J」のGPS機能(ナビ)を試すために、走ってきました

GARMIN EDGE820Jは3つの衛生に対応しているから安心

重要

GARMIN EDGE820Jは、「GPS・Glonass・みちびき」の3つの衛生に対応。対応している衛生の数が多いほど、位置情報を見失う確率は低くなるので、より精度が向上します。

GARMIN以外のサイクルコンピューターは、GPSは1つか2つしか対応していないのに対して、Garminは3つも対応しています。

3つの衛生が対応しているので、ナビゲート中に道を外れてもすぐに修正してくれるので、道に迷うことはありませんでした。

マップ機能は、思った以上によくて、スマホのマップ機能と変わりなく使うことが出来ています。

 

おまかせコースがお気に入り

「GARMIN EDGE820J」でのお気に入りの機能は、好みの距離を設定することで、おまかせコースを選択してくれることです。

例えば、50kmと設定したら、50km内でのコースを自動で検出して、ナビゲートしてくれます。

あてもなく、GARMIN EDGE820Jに任せてロードバイクに乗るのも楽しいです。

ただ、Garminのおまかせ機能で設定して走ると、「ここ走れるの?」と、思ってしまうこともあるけど、なんだかワクワクさせてくれます。

どんなマップ機能も完璧ではないので、これはご愛嬌と割り切ってます。

 

気になるタッチパネル

スマホほどではないですが、思ってた以上に感度は良い。

汗をかいた指で触ってもちゃんと反応してくれるし、冬場でのグローブを着けた指でも反応してくれるのはすごくありがたい。

いちいち、グローブを外して操作して、また着けてを繰り返しているとめんどくさいのでグローブで操作出来るのはメリットのひとつ。

感度の良いタッチスパネルのサイコンを探している方は、「GARMIN 820J」はオススメ。

【セットはコチラ】

【単品はコチラ】

 

シリコンケースを付けよう

GARMINは、精密機器だと考えた方がいいです。お高いガジェット。

ロードバイクに、むき出しで取り付けていると、落下してしまったときに本体に直接傷が付いてしまう可能性があります。

トイレなどで、ロードバイクから離れるときに、盗難防止のために、サイコンは取り外す場合が多いんだけど、その着脱するときに落下する可能性が高いんですよね。

画面が傷つくと、見えにくくなってしまうので、注意したいところ。

なので、GARMIN公式のシリコンケースが出ていたので、一緒に買いました。

しっかりしているので、安心です。

公式だけあって、本体と同様のところに「GARMIN」のロゴが印字されている。

GARMIN シリコンケース EDGE 820シリーズ用

上部

 

本体のボタンと合わせて出っ張りもあります。

ボタンを押すことも出来たので、本体にしっかりフィットします。

GARMIN シリコンケース EDGE 820シリーズ用

下部

 

装着した本体。

隙間なくフィットしているので、ズレることもなく、しっかりと保護してくれます。

GARMIN シリコンケース EDGE 820シリーズ用

 

GARMINは日々進化している(アップデート)

Amazonなどのレビューを見ると、不具合などが書かれているけど、すでに改善されています。

公式ホームページのアップデートって欄を参考にしてみてください。

ユーザーからの声も届きやすいので、GARMINはアップデートをすぐにしてくれます。

パソコンに繋げると最新のバージョンにもアップデートできるので安心。

実際に使ってみたけど、レビューにかかれていた不具合を感じることはありませんでした。

こういった対応に、迅速に対応してくれるのは、GARMINのいいところ。

 

「GARMIN EDGE 820J」はこんな人にオススメ

おすすめ

  • 安いサイコンを使っていて物足りなさを感じている。
  • データを取ってトレーニングしたい(モチベーション上がる)
  • スマホでマップ検索をやめたい
  • 自分で作ったコース(地図)を走りたい
  • 自転車道を走りたい

GARMINを付けて走るだけでも、かなりモチベーションは違います。

今までは、安いサイコンを使っていたので、走ったデータを取ることは出来ませんでした。

「GARMIN EDGE820J」を購入してからは、走った分の距離などのデータを取ることが出来るので、トレーニングするときにも役に立ちます。

ルートラボで、自分が作ったコースをインストールして、走ることが出来るのも嬉しいポイント。

「GARMIN EDGE820J」なら、各都道府県の自転車道も搭載されているので、自転車専用の道路を楽しんで走ることが出来ます。

車にカーナビが必要、ポケモンの旅にはポケモン図鑑が必要なように、ロードバイクに乗っているなら「サイクルコンピューター」は必須。

ねこさと
サイコンは、ロードバイクを更に楽しくするアイテム!

 

さいごに:GARMINはロードバイクの楽しさを広げてくれる

ロードバイクに乗っていると「GARMIN」は憧れますよね。GARMINのサイコンは高いけど、高いだけあって物は良いです。

スマホでのマップ検索でもいいけど、「GARMIN EDGE820J」のマップ機能もなかなかいいですよ。

自分が走ったデータを蓄積出来るもで、GARMINで走ったデータ、記念をとっていくのも楽しみのひとつになりました。

【セットはコチラ】

【単品はコチラ】

関連記事

crops(クロップス) EZ400MU ブラック テールライト USB充電 自動点滅

グッズ

2017/11/24

スイッチ操作から解放!自動点灯してくれる「Crops(クロップス) EZ400MU」が便利!【レビュー】

  自転車に乗るならテールランプの装備は必須。 道路交通法に定められているし、装備しないと違反になってしまいます。

ReadMore

イントロ スティンガー2

グッズ

2018/4/24

真の疲れにくいグローブは「intro STINGER 2」だった!低反発パッドと滑り止め付き【レビュー】

今まで使っていた、SHIMANOのグローブは、ロングライドやちょっと長めのポタリングに行くと、手が痛くなっていたので、新しいグローブを購入しました。

ReadMore

ロードバイク モバイルバッテリー

グッズ

2018/4/20

ロードバイク乗りに必需品なモバイルバッテリーを厳選ピックアップ。車体に取り付け方も紹介

サイクリングやロングライドで活躍するのは、スマホやサイクルコンピューター。長い距離を走っているとバッテリー切れが心配になってくる。

ReadMore

Millet ドライナミック メッシュ ノースリーブ クルー

グッズ

2017/9/9

ロードバイク快適!オールシーズン使えるインナー!「Millet ドライナミック メッシュ 」【レビュー】

オールシーズン使えるロードバイクのインナーを購入しました。 いろいろと探してみたけど、「Millet ドライナミック メッシュ ノースリーブ クルー 」にしました。

ReadMore

R×L SOCKS

グッズ

2017/8/25

快適にロードバイクに乗りたいなら靴下から!「R×L SOCKS TBK-300R」が思った以上に良かった(アールエル ソックス)【レビュー】

  ロードバイクに乗っていると不思議なもので、パーツはもちろんだけど、快適に乗りたいがために、いろいろなアクセサリーを試したくなります。 その試してみたいアクセサリーのひとつに、靴下があったので購入してみました!

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

おすすめ記事

購入して良かったモノ 1

    今年ももうすぐで終わりですが、NekosatoLogが、2017年に買って良かったモノを紹介してみたいと思います。 上半期出来なかったので、下半期にまとめてやります。

Zolo Liberty 2

完全ワイヤレスイヤホンは、音が途切れたりと賛否両論あるイヤホン。その中でも、評価の良いAnkerの「Zolo Liberty」を購入した。 約8,000円内で購入出来る、完全ワイヤレスイヤホンの中では ...

Chromebook flip 3

こんにちは、Chromebook大好きな、ねこさと(@ynbr333)です!   「ASUS Chromebook Flip C100PA」を購入してから、ネットサーフィンが捗っています。 ...

4

今までは紙の本を好んで読んでいたけど、ついにKindle Paperwhiteを購入。

5

これまで5年間、理学療法士をやってきて、セミナーにもたくさん行きました! それと同じぐらい参考書も購入したり、勤務先にある本も読み漁りました。 何度も何度も読んで、確かめたことか。 その中でも、何度も ...

-GARMIN EDGE820J
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.