Rakuten Handが1円!詳細はこちら>>

文字書きに最適なモバイルPC!「ASUS Chromebook Flip C100PA」レビュー

本記事は広告・アフィリエイトプログラムにより収益を得ています。情報発信の励みになるのでよろしくお願いします。
Chromebook flip

「ASUS Chromebook Flip C100PA」を購入してから、ネットサーフィンが捗っています。

ちょっとした調べ物ならタブレットより使いやすいです。

Chromebookは、ブログを書いたりネットサーフィンをするためのパソコンと割り切れば、いいモバイルPCです!

今回購入した、10.1インチなので、持ち運びにはほんと便利です!

「ASUS Chromebook Flip C100PA」を購入したので、良かった点や残念だった点を踏まえながらレビューしていこうと思います。

少しでも参考になればと思います。

良かった点
  • 軽量(889g)
  • 持ち運びに便利!
  • タブレットとしても使える
  • タッチパッドジェスチャーが快適!
残念な点
  • 専用の充電器
  • アスペクト比が狭い
  • ネットに繋がっていないとポテンシャル完全発揮しない
目次

Chromebook Flip C100PAについて

スペック

スクロールできます
スペック
OSChrome OS
CPURockchip Quad-Core RK3288C プロセッサー
ディスプレイ1,280×800
画面サイズ10.1 インチ
RAM2GB(4GB海外版)
電源AC電源
バッテリー9時間
サイズ幅262.8 mm×奥行き182.4 mm×高さ15.6 mm
重さ889g

このスペックは、モバイルPCとして見ると十分!

高スペックではないけど、Chrome OSを軽快に動かせるのがChromebookの特徴です。

このChromebook Flipの画面はタッチパネル式なので、タブレットのようにも使えます。

日本のAmazonの並行輸入でRAM 4GBのASUS Chromebook Flip C100PAを取り扱っていますので、気になる方はそっちを購入することをオススメします。

ぼくは、日本製のRAM 2GBの方を購入したんだけど、2GBだとちょっと貧弱でした。

これは、大切なことなので、後述します。

インターフェイス

  • 外部ディスプレイ出力 : microHDMI × 1
  • USBポート : USB2.0 × 2
  • カードリーダー :microSDメモリーカード
  • オーディオ : マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック × 1

USBポートとメモリーカードがあるのは嬉しい!ネット環境に繋がっていないときは便利なんですよねぇ。

今ではデータとかは、クラウドで全部管理できるのでChromebook でデータのやり取りはそこまで必要性は感じていませんが、いざというときに重宝します。

ASUS Chromebook Flip C100PAの特徴的なところ

  • 360度ヒンジ付きモバイルPC
  • タッチスクリーン
  • コンパクトで軽量!持ち運びに便利(889g)
  • アルミボディで高級感がある

360度回転するヒンジ付きだから、いろいろな用途に合わせて使えるのは便利です。

持ち運びできるパソコンを探していたので、コンパクトで軽量ってのが嬉しいポイント

開封の義と使用感!

パッケージ内容

  1. 本体
  2. 説明書
  3. 充電器

シンプルなパッケージ内容でした。

各アングルから見ていきます

外観は、アルミ削り出しなので、安っぽい感じは見受けられません。

Chromebook flip

Chromeのロゴがワンポイントとしてあるので、目を引きます。

MacBookシリーズにも負けず劣らず?w

Chromebook flip

前方と側面からのアングル。

厚さも15.6mmとなっているので、薄いです。

比較対象は「ZenFone 3」より若干大きいだけで、持ち運びには、十分すぎるほどコンパクトです。

Chromebook flip

画面を開くとこんな感じ。

電源をオンにしてから立ち上がるまでに10秒もかからないですし、電源OFFにするにも爆速でシャットダウンします。

何十万もする良いパソコンやSSD積んでいるパソコンだと動作が速いのは頷けますが、Chromebookはそこまで値段もスペックも高くないパソコンだのに動作が速いのが特徴。

フルHDではないけど、発色もそれなりにいい感じです。

お世辞にも画質がいいとは言えないので、そこは割切る必要があります。

Chromebook flip

キーボードは打ちやすい

国内版は2GBとなっており、キーボードも日本語となっています。

海外製品だと、USキーボードになっています。

USキーボードだからといって、使い勝手がそこまで変わるわけがないので見た目の問題です。

日本語キーボードだと、ひらがなが振ってあるので、スッキリ感はないので、スッキリみせたいならUSキーボードが搭載されている輸入品を買いましょう。

Chromebookはお手軽パソコンみたいな感じの位置づけだけど、キーボードは思った以上にしっかりしています。

ちょっとガチャガチャしてるけど、叩いているなって感じはするので満足感はあります。

Chromebook flip

360度回転ヒンジがいい仕事をする

360度回転出来るので、いろいろな角度に設定できます。

動画観るときやネットサーフィンしている時にTabletモードで使うときに重宝します。

Tabletモードで使ってみたけど、キーボードが指に当たるのでゴツゴツ感が気になってしまいました。

集中して使いたいときには、Tabletモードはオススメできません。

Chromebook flip

ちょっとクセのある充電器

「ASUS Chromebook Flip C100PA」は専用のACアダプターを採用しています。

自宅で充電する分にはいいんだけど、出先で気軽に充電ができないんですよねぇ…(TдT)

しかし、バッテリー駆動時間は9時間と長いので、外出先でも安心して使うことが出来ます。

今のところ外出先でバッテリー切れを起こしたことはありません。

Chromebook flip

豊富なショートカットキー

ChromebookにはWindowsやMacBookシリーズにもある、ショートカットキーも対応しています。

結構多いので使い慣れるまで大変かもしれません。

使いこなせるようになる頃には、メインで使うショートカットキーは決まってくるので、全部は使うことはないですが…

Chromebook flip

タッチパットジェスチャーが快適!

ショートカットキーも豊富で便利だけど、タッチパットジェスチャーも便利ですよ!

マウスが要らないと思えるぐらい、タッチパットジェスチャーが最高です!

このサイトにまとめられてあるので参考にしてみてください。
▶ マウス不要!便利すぎるChromebookのタッチパッドジェスチャー

Androidアプリにも対応!

「ASUS Chromebook Flip C100PA」はAndroidアプリにも対応しています。

Android端末にもあるPlay Storeからアプリをダウンロードができます。

全部が全部対応しているわけではないので、ASUS Chromebook Flip C100PAに対応しているアプリが使うことができます。

動画ならもっとイメージしやすくなる

触っている感じやレスポンスなどを見るには動画が最適なので参考までに(^^)

実際に使ってみて残念なところ

動画なども思った以上にストレスなく観ることはできます。

ただRAM 2GBなので、動画を併用しながらネットサーフィンや文章を書いているとモタつくこともあります。

タブをたくさん出しているとモタつきます。

それでも10〜12個ぐらいまでなら作業はできるので、重たいページを見ない限りは気になることはないでが…

他にも画面が10.1とコンパクトなので、マルチタスクしようとなると、画面の狭さを感じてしまうかもしれません。

ウィンドーを2つぐらいならの作業は出来るけど、それ以上になるとツラいものがあります。

あくまでも、お手軽にネットサーフィンやブログの記事を書く向けのモバイルPCです。

さいごに:ASUS Chromebook Flip C100PAはモバイルPCとして最高!

初めてChromebookを購入したけど、思った以上に使い勝手がいいモバイルPCです。

ネットサーフィンやブログの記事を書いたりするには、最適です。

キーボードなどは、小さい配列なので慣れるまでにちょっと時間はかかりそうですが、個人的には不満はないです。

低スペックでも快適にChrome OSが動いてくれるので、WindowsPCやMacbookシリーズと違った体験ができると思います。

日本のAmazonでも並行輸入として、4GBモデルは販売しているので、気になった方はぜひ試してみてはどうでしょう。

購入するなら値段もたいして変わらないし、並行輸入品のRAM4GBが余裕を持って作業に集中できると思うので、そちらを購入することをオススメします!

関連記事

良質な中古スマホ取扱店

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

Chromebook flip

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次