スマホ・パソコン周辺機器

iMacのサブディスプレイを購入!目にも優しい「LG モニター 4K 27UL650-W 27インチ」【レビュー】

投稿日:2019年4月12日 更新日:

 

ねこさと
4Kモニター最高!LG 27UK650-Wを購入して満足している、ねこさとです!

 

試行錯誤して、拘った結果、iMac用のサブディスプレイに「LG モニター ディスプレイ  4K 27UL650-W 27インチ」を購入しました。

 

4K対応で、モニターの高さも調整が出来る部類にしては、お値段も安いし、画質も綺麗なのですごく満足しています。

 

購入した動機は、「テレビのサブディスプレイは画質悪い。4Kモニターの購入を検討中!」でも書いたが、4K未対応のテレビをサブディスプレイしていたので、画質が気になって作業になりませんでした。

しかも、目が疲れてしまっていたので、長時間作業したりゲームも楽しめない…

テレビのサブディスプレイは画質悪い。4Kモニターの購入を検討中!

 

続きを見る

 

この記事では、「LG モニター ディスプレイ  4K 27UL650-W 27インチ」の良かった点と残念だった点も踏まえながらレビューしていきたいと思います。

 

 

LG モニター ディスプレイ 27UL650-W 27インチ フォトレビュー

27UL650-Wのスペックと特徴

サブディスプレイを購入するにあたり、絶対に外せないスペックがありました。

 

外せない機能

  1. 画面サイズ:27インチ(16:9)
  2. 解像度:3840×2160(4K)
  3. パネルタイプ:ノングレア(IPS)
  4. 高さ調整とピボット機能

 

ぼくが絶対に外せない機能は、上記に挙げた4つの機能。

iMacのRetinaディスプレイを使っているので、どうしても4Kは外せないのと、モニターの高さ調整は必須でした。

 

LG 27UK650-W スペック
画面サイズ27インチ(16:9)
解像度3840×2160(4K)
パネルタイプノングレア(IPS)
視野角(水平/垂直)178° / 178°(CR≧10)
輝度(標準値)350cd/㎡
コントラスト比最大5,000,000:1 (通常1,000:1)
応答時間(ms)5ms(GTG High)
入出力端子HDMI ×2、DisplayPort ×1、ヘッドホン(ステレオミニジャック) ×1
スピーカーなし
幅×高さ×奥行き613mm×567-677mm×230mm(スタンドあり)
重量6.2kg(スタンドあり)
高さ調整あり(ピボットあり)

 

LG 27UK650-Wの特徴

  • フリッカーセーフ:チラツキを抑える
  • ブルーライト低減モード:眼精疲労を抑える
  • DASモード:ゲームのタイムラグを抑える
  • SUPER Resolution+:低解像度の映像も鮮明に映る

 

特徴はもっとたくさんあるが、上記に挙げた特徴だけでも、LG 27UK650-Wは良いモニターだと実感しています。

 

 

LG 27UK650-Wのパッケージ内容

  • モニター
  • HDMIケーブル × 1
  • DisplayPortケーブル × 1
  • 取扱説明書
  • 保証書(3年保証)

 

同封されているのは至ってシンプル。

ケーブルさえパソコンと繋げれば、簡単に映像が映し出されます。

 

ぼくは、Thunderbolt 3とDisplayPortを繋げたかったので、別で「USB Type-C Displayport (MacLab.) 変換 ケーブル」を購入しました。

 

LG 27UK650-Wの入力端子

  1. HDMI  × 2
  2. DisplayPort × 1(1.4まで対応)
  3. ヘッドホンジャック
  4. 電源コード

 

最低限の入力・出力端子しか付いてないけど、iMacのサブディスプレイとゲーミングモニターとしてしか使わないから十分。

個人的には、HDMIの入力端子が2つ付いているのが嬉しいです。

 

VESA規格だからモニターアームも使うことが出来る

LG モニター ディスプレイ  4K 27UL650-W 27インチは、VESA規格になっているので、モニターアームを使うことも出来ます。

 

ぼくは、部屋の都合上、モニターアームを使うことは出来ないけど、デスクを広く使いたい方にとっては、すごく便利な機能。

スタンド部分

 

ねこさと
モニターアームが使える部屋に憧れる!

 

 

LG 27UK650-Wのスタンドのサイズ

  • 横幅:約45cm
  • 奥行き:約25cm

 

スタンドのサイズもそこまで大きくないので、場所がないところでも置くことが出来ます。

ぼくは、スペースの問題でカラーボックスの上に置いています。

横幅:約45cm

奥行き:約25cm

 

LG 27UK650-Wは高さと角度の調整が出来る

調整出来る高さ

  • 低値:約9cm
  • 高値:約20cm

 

テレビをサブディスプレイにしていた時は、頭痛や姿勢が悪いことに悩んでいたので、高さ調整が出来るモニターは必須でした。

スタンドを付けた状態で、モニターの1番低い位置は、約9cmとなっています。

床からの最低値は約9cm

 

モニターをマックス上げた状態だと、20cmまで上げることが出来るの、自分の視線に合わせて調整が出来ます。

モニターを自分の視線に合わせることで、姿勢も良くなり、余計な筋肉の緊張も落ちるので、頭痛も防ぐことが出来ました。

床から最高値は約20cm

 

ピポッドも対応しているから、縦置きも出来ちゃいます。

ぼくは、縦の状態で、使うことは少ないと思うが、Twitterなどをみたりするには便利そう。

 

27UL650-Wは、-5〜15°調整出来るチルト機能も付いています。

画面の角度がフラットな状態だと、見にくいので、見やすい角度にすることで作業効率やゲームが捗ります。

 

光の反射具合によって、ちょっと角度調整したいな、と思うときに助かっています。

フラットの状態(0°)

15°チルトしてみた

 

 

LG 27UK650-Wはノングレア(IPS)だから目が疲れにくい

LG 27UK650-Wの特徴

  • フリッカーセーフ:チラツキを抑える
  • ブルーライト低減モード:眼精疲労を抑える
  • DASモード:ゲームのタイムラグを抑える
  • SUPER Resolution+:低解像度の映像も鮮明に映る

 

ノングレア(IPS)だから、反射・テカリが少ない仕様になっています。

ノングレアだと、発色の方がイマイチになってしまうが、カーテンを開けて光が入ってきても反射が、少ないので視認性はバツグン。

 

意外と光の反射で目が疲れてしまうことが多いので、これは重要な機能。

 

もちろん映り込みも少ないので、作業や動画にも集中することが出来ています。

 

その他にも、LG 27UK650-Wの特徴であるフリッカーセーフで、チラツキも抑えられているから、長時間作業したりゲームをしたりしても、目へのストレスはかなり減ったと実感しています。

光の反射もかなり少ない

 

LG 27UK650-Wはベゼルが薄いから画面が広く感じる

ベゼルは、約8mm激薄で惚れ惚れします。

ベゼルの薄さは約8mm

 

ベゼルが薄いのは3辺(上、左右横)だけですが、作業領域がすごく広がりました。画面領域のギリギリまで使えるのってすごく良いですね。

4K対応だから動画が綺麗なのは当たり前だけど、ベゼルが薄いからより綺麗さが際立ちます。

 

LG 27UK650-Wは4Kだからすごく綺麗

LG 27UK650-Wの特徴

  • フリッカーセーフ:チラツキを抑える
  • ブルーライト低減モード:眼精疲労を抑える
  • DASモード:ゲームのタイムラグを抑える
  • SUPER Resolution+:低解像度の映像も鮮明に映る

 

4K画面を写真にして記事にアップしても、画質は劣化してしまっているけど、雰囲気だけでも感じて貰えたら嬉しいです。

 

早速、YouTubeで4K動画を観てみました。

初めて4K動画を観たけど、圧巻のひと言。

 

LG製のモニターは、ブラックの深みがすごく良く感じます。有機ELまでの深みはないが、全体的に発色のバランスは良いです。

Amazonのレビューに書いてある、ドット抜けなどもありません。

 

動物の毛並みや動き、水しぶきまで鮮明に映し出されているし、さすが4K綺麗だ。

 

風景だって負けていない。

深いブラック、鮮明なグラデーションも楽しむことが出来ました。

 

日本三代花火大会の1つの「長岡花火大会」も4Kモニターなら、ゆっくり自宅で鑑賞することが出来る。

生で見たいことはないけど、日本三大花火大会ともなると、迫力が違いますね。

 

ねこさと
発色も柔らかくて目に負担がかかりにくいので、すごく気に入ってます!

 

 

LG 27UK650-Wは、4Kだから写真の編集も気持ちよく出来る

テレビをサブディスプレイにしていた時は、ドットが粗くて発色もイマイチで、画像や動画編集は出来ませんでした。

 

LG 27UK650-Wは、4K対応でき発色も綺麗なので、画像や動画編集も出来るようになりました。

やっと本格的に作業モニターとしても使うことが出来ます。

 

LG 27UK650-WはNintendo Switchにも使える(ゲーミングモニター)

LG 27UK650-Wの特徴

  • フリッカーセーフ:チラツキを抑える
  • ブルーライト低減モード:眼精疲労を抑える
  • DASモード:ゲームのタイムラグを抑える
  • SUPER Resolution+:低解像度の映像も鮮明に映る

 

LG 27UK650-Wは、ゲーミングモニターとしても使うことが出来ます。

 

チラツキや遅延したり、カクカクしたりすることもないので、ストレスなくシューティングゲームのスプラトゥーン2を楽しんでいます。

 

LG 27UK650-Wをゲーミングモニターとして、使うようになってからは、目へのストレスはかなり少なくなりました。

 

 

4Kモニターを購入するときの注意点

  • DisplayPort 1.2に対応したモニターを選ぶ
  • 60Hzに対応したDisplayPortケーブルを使う

 

たまに4K対応と記載されているモニターでも、DisplayPortが1.2に対応していないことがあるので注意が必要。

iMacは、Thunderbolt 3(USB-C)なので、DisplayPortに変換するケーブルも60Hzに対応したケーブルを揃えることが絶対条件になります。

 

60Hzに対応していないと、遅延したりするので、対応しているケーブルも用意しましょう。

 

 

4Kモニターを楽しむために揃えたモノ(必要なモノ)

4K対応のDisplayPort変換ケーブル

LG 27UK650-Wで、4Kを楽しむためには、4K対応のケーブルを揃えないといけいないので、「USB Type-C Displayport (MacLab.) 変換 ケーブル」を購入。

 

このケーブルは、3840×2160(4K 60Hz まで)対応しているので、LG 27UK650-Wにピッタリ。

お値段は安いけど、特に問題もなく使うことが出来ています。

 

 

3840×2160(4K 60Hz まで)に、対応しているか確認する方法

ここでは、LG 27UK650-Wのモニターで説明していきます。

 

「モニター本体のジョイスティックを押す」→「設定」→「全般」→「表示情報」で確認することが出来ます。

赤枠のように、解像度が表示されていれば、4K(60Hz)に対応しています。

 

 

オーディオケーブル

LG 27UK650-Wは、スピーカーが内蔵されていないため、モニター単体では音声が出ません。

 

BOSE Companion 20は便利なスピーカーで、2台までモニターの音声を出すことが出来ます。

もちろん同時には出来ないけど、2台までならケーブルを繋げることが出来るのです。

 

BOSE Companion 20に繋げるために、オーディオケーブルを購入しました。

良い音質で、ゲームが出来る喜びは計り知れないです。(贅沢)

 

 

 

さいごに:LG 27UK650-Wは4Kモニターとしてコスパが良い

4K対応で、高さ調整が出来るモニターとなると、値段が高くなりがち。

 

LG 27UK650-Wなら、4K対応で高さ調整も出来るし、お値段も安いのでコスパは良いと感じています。

iMacのサブディスプレイとして、ゲーミングモニターとして使うことが出来ているので、すごく満足しています。

 

ねこさと
たくさんのモニターと比較検討したけど、LG 27UK650-Wにして大正解でした!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

約11万PVのレビューブログ。 ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。特にApple製品が好き。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

-スマホ・パソコン周辺機器
-, ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.