イヤホン・ヘッドホン

【1万以下】厳選5選!実際に試聴して感じたコスパの良い完全ワイヤレスイヤホン

投稿日:

完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンを探しているけど、初めて購入するには高いし、何を買ったらいいのか悩んでしまいまう。

ぼくも、Anker ZOLO Libertyを購入するまでは、かなり悩んでいました。

良いイヤホンは2万円以上するイヤホンもあるけど、最近は1万円以下でも良いイヤホンもあるので、侮れないです。しかも1万円出して、収納ケースでイヤホン本体を充電出来るのはポイントが高い。

有線から解放感は計り知れないものがあります。一度、体感すると有線には戻ることは出来ません。

いろいろ試聴した中で、1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンを厳選して5つ紹介していきます。

 

GLIDiC Sound Air TW-5000

GLIDiC Sound Air TW-5000

VGP2018で金賞&コスパ賞受賞した、人気商品。

デザインもコンパクトなので、ちょっとしたポーチにも入るので女性にも人気となっている。

音質の方は高音領域は比較的クリアに聴けます。低音の方は、ちょっとこもっている感じは否めませんでしたが、遮音性は良かった。音途切れも比較的少ないので、安心して聴けるのも良いです。

ポイント

  • コーディック: AAC、SBC
  • Bluetooth: 4.2
  • 連続再生: 本体3時間、受電ケース10時間
  • 防水:なし
  • 音声操作: あり

 

SOUL ST-XS SL-2001

SOUL ST-XS

本体の重さも49gとなっており、フィット感も良いイヤホン。

HIPHOPアーティストのリュダクリスの監修のもと作らているので、低音領域もしっかりしており、深みのある低音を楽しむことが出来る。

カラーバリエーションも豊富なので、明るい色が使いたい方も選びやすいイヤホン。

ちょっと残念なのは、連続再生が2.5時間しかないということだけ。

ポイント

  • コーディック: SBC
  • Bluetooth: 4.2
  • 連続再生: 本体2,5時間、受電ケース10時間
  • 防水:あり(IPX4)
  • 音声操作: あり

 

MEES FIT1C

スタイリッシュなケースが特徴的な完全ワイヤレスイヤホン。

音質の方は、中音域から高音域にかけての音質が得意で、丸みを帯びた柔らかい印象。音圧が低めなので、聴く音楽によっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。

コーディックはACCに対応、Bluetoothも4.2に対応しているので、途切れることも少ない。本体での曲などの早送りなどの操作も出来るも便利。

このイヤホンもカラーバリエーションが豊富なので、自分の好みの色を選べるのがGood!

ポイント

  • コーディック: AAC、SBC
  • Bluetooth: 4.2
  • 連続再生: 本体2,5時間、受電ケース8時間
  • 防水:あり(IP55)
  • 音声操作: あり

 

M-SOUNDS MS-TW1

デザインもかなりシンプルになっていて、イヤホン本体にもロゴも印字されていないのが特徴。ケースもシンプル。

音質の方は、高音から中音域を聴いてもスカスカする感じもなく、ボーカルもしっかりと聴くことが出来る。低音領域は、ちょっと物足りなさを感じましたが、値段のことを考慮するとそれなり。

この記事で、紹介したイヤホンの中では格安になっているので、とりあえず、完全ワイヤレスイヤホンを試したい!という方にオススメしたい商品。

ポイント

  • コーディック: SBC
  • Bluetooth: 4.2
  • 連続再生: 本体2,5時間、受電ケース8時間
  • 防水:なし
  • 音声操作: あり

 

Anker ZOLO Liberty

Zolo Liberty

いろいろなイヤホンを試聴して購入したのが、Anker ZOLO Liberty。

ぼくが重視したのは、低音領域を拾ってくれることを重視した。理由は、良く聴く音楽がRockやPunk Rock、VOCALOID、アニソンを好んで聴くからです。

1万円以内で購入出来る完全ワイヤレス型イヤホンの中では、ダントツにコストパフォマンスは良い。

防水仕様になっているので、運動しているときにも汗かいても安心。音の途切れもないのでストレスなく音楽を楽しめます。

ポイント

  • コーディック: AAC、SBC
  • Bluetooth: 4.2
  • 連続再生: 本体3.5時間、受電ケース24時間
  • 防水:あり(IPX5)
  • 音声操作: あり

 

さいごに:1万以内でもコスパの良い完全ワイヤレスイヤホンはある

1万円だして、おつりが出るのは最大のポイント。

バッテリーの持ちもかなり良いので、通勤通学する分には、問題なく使えます。

完全ワイヤレスイヤホンは、煩わしい線もないので、電車に乗っていても引っかかることもなく使えるし、カバンの中でも絡まることもない。

冒頭でも書きましたが、有線から解放感は計り知れないものがあります。一度、体感すると有線には戻ることは出来ません。

ぜひ、完全ワイヤレスイヤホンを試して欲しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

おすすめ記事

購入して良かったモノ 1

    今年ももうすぐで終わりですが、NekosatoLogが、2017年に買って良かったモノを紹介してみたいと思います。 上半期出来なかったので、下半期にまとめてやります。

Zolo Liberty 2

完全ワイヤレスイヤホンは、音が途切れたりと賛否両論あるイヤホン。その中でも、評価の良いAnkerの「Zolo Liberty」を購入した。 約8,000円内で購入出来る、完全ワイヤレスイヤホンの中では ...

Chromebook flip 3

こんにちは、Chromebook大好きな、ねこさと(@ynbr333)です!   「ASUS Chromebook Flip C100PA」を購入してから、ネットサーフィンが捗っています。 ...

4

今までは紙の本を好んで読んでいたのですが、ついにKindle Paperwhiteを購入した。

5

これまで5年間、理学療法士をやってきて、セミナーにもたくさん行きました! それと同じぐらい参考書も購入したり、勤務先にある本も読み漁りました。 何度も何度も読んで、確かめたことか。 その中でも、何度も ...

-イヤホン・ヘッドホン

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.