MENU

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

iMacを時間指定で自動起動(立ち上げ)・スリープ、システム終了する方法

毎日iMacを使っていると、自動で起動して欲しいなと思うことありませんか?

調べてみると、自動で起動する方法があったので、紹介していきます。

起動だけでなく、「スリープ」「再起動」「システム終了」も出来てしまう便利な機能。

iMacにデフォルトで付いている機能で、とても簡単に出来るので、毎日、同じ時間に起動している方にはオススメな設定です。

ねこさと

自動でiMacが起動してくれるから、スムーズに朝活を始めることが出来ています

目次

iMacを自動で「起動」または「スリープ解除」する方法(設定)

iMacを起動したら「システム環境設定」のアイコンをクリックし、「省エネルギー」をさらに、クリック。

省エネルギーをクリックすると、赤枠で囲んである「スケジュール…」をクリックします。

下記の画像のように表示されたら、起動時間またはスリープ時間の設定をすることが出来ます。

  • 平日
  • 週末
  • 毎日

上記の3つから選べて、好きな時間帯に設定できます。

予約時間は、1分刻みで細かく予約することが出来るので、起きる時間や会社に到着する時間帯に合わせることが出来ます。

ぼくは、起きる時間帯(4:30)に合わせて、iMacをスリープ解除するようにしています。

MacBookでは、電源アダプタが接続していないと、起動することは出来ないので、注意が必要です。

iMacを自動で「スリープ」「再起動」「システム終了」する方法

上記と同じパネルで、終了項目も下記の3つから選ぶことが出来ます。

  • スリープ
  • 最起動
  • システム終了

項目を選ぶことが出来たら、好きな時間帯を選びます。

自分が寝る時間帯や退社する時間帯に合わせて、設定することが出来ます。

指定した時間になると「スリープ」「再起動」「システム終了」することが出来ます。

ぼくは、スリープに設定して、仕事へ行く時間(7:30)に設定しています。

「スリープ」「再起動」「システム終了」の予約時間になっても、すぐに実行される訳ではないので、作業中でも安心して使うことが出来ます。

10分後に、プログラムが実行されるようになっています。

さいごに:iMacは自動起動が便利

iMacでは、自動でオンオフをすることが出来るので、この機能は、すごく気に入っています。

iMacやMacBookを毎日使っている方は、自動で「起動」「スリープ」「再起動」「システム終了」してくれる喜びを感じて欲しいです。

それでは、良いMacBookライフを!

愛用アイテム

関連記事

良質な中古スマホ取扱店

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

気になることがあればコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次