Amazon Musicが4ヶ月0円!詳細はこちら>>

MacBookのLaunchpadをショートカットキーで簡単に呼び出す方法

iMac・MacBookで、サードパーティ製のキーボードやマウスを使っていると困ってしまうのが、Launchpadを呼び出すときです。

理由は、キーボードのショートカットキーがなくなり、マウスでもジェスチャーが使えなくなるからです。Launchpadは、多用するので使えなくなるのは不便なんですよね…

そんな困った状態を解決するために、どのキーボードでも使えるショートカットキーの設定方法を紹介していきます。

目次

Launchpadをショートカットキーに設定する方法

STEP
設定アプリを開く

iMac・MacBookの「設定」アプリを開き、赤枠の「キーボード」をクリックします。

STEP
ショートカットをクリック

キーボードの中に入ると「ショートカット」の項目があるので、「①LaunchpadとDo…」→「②Launchpadを表示」の順ににチェックマークを入れます。

「Launchpadを表示」の項目をクリックすると自分の好きなショートカットキーを設定することが出来ます。

私は、他のショートカットキーと被らないように、「⌘ + L」で登録しています。ちなみに、Lは、Launchpadの頭文字から取っています。

これで、ショートカットキーの設定は完了となります。

STEP
実際に使ってみる

「⌘ + L」の組み合せは、覚えやすくて使いやすかったです。

どのショートカットキーとも被ることもないし、タイピングしているタイミングで押せるのも、使いやすい理由の一つです。

Magic Keyboardだと、キーボードの一番上まで、指を伸ばす必要があったからこれは便利かも。

Magic Keyboardのショートカットキー

Magic KeyboardでのLaunchpadのショートカットキーは、赤枠で囲ってあるキーボードです。このキーを押せば、一発でLaunchpadを開くことが出来ます。

サードパーティ製のキーボードでも対応してくれたら嬉しいけど…対応してくれる日を楽しみに待っています。

まとめ

Launchpadをショートカットキーとして登録していると、サードパーティ製のキーボードやマウスを使っていてもスムーズにアクセスすることが出来ます。

多用する方は、ぜひ、登録してみて下さいね。

それでは、良いMacBookライフを!

愛用アイテム

関連記事

良質な中古スマホ取扱店

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

Launchpad ショートカットキー 設定方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

気になることがあればコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次