Kindle

Kindle Paperwhiteは「ブルーライト」もカットしてくれて目にも優しい。シンプルな機能しかないのに優しさに満ち溢れた端末

投稿日:2017年5月25日 更新日:

Kindle Paperwhite ブルーライト

 

ねこさと
ブルーライトカットしてから目疲れがなくなった、ねこさと(@Nekosato333)です!

 

タブレットのkindleアプリから「Kindle Paperwhite」に乗り換えててからは目が疲れなくなりました。

 

目が疲れてしまう原因は、タブレットから出ているブルーライトが原因でした。

 

ブルーライトは身体に悪く、長時間浴びていると、寝付きが悪くなったり、疲れが取れない身体になってしまいます。

寝る前に、スマホで読書してから寝る習慣がある方は要注意。

 

寝る前に読書をしたいなら、「Kindle Paperwhite」なら、ブルーライトカットされているので、読書用にピッタリの端末です。

 

この記事では、Kindle Paperwhiteは身体にも良い端末だということを書いていきます。

 

 

Kindle Paperwhiteがブルーライトが少ない

Kindle Paperwhite

 

ブルーライトに関しての調査があるので、詳しくはこのページを参考にしてみてほしい。

▶ Kindle、kobo、7型タブレット…測ってわかった!電子書籍端末のブルーライト量に“大差”

 

このデータを見ると、Kindle Paperwhiteはブルーライトはかなり少ない。

完全にブルーライトが出ていない訳ではないけど、タブレットと比較すると格段に少ないのが分かります。

 

タブレットのブルーライトの量を見ると、かなり多くて、寝る前に使うと寝付きが悪くなり、疲れが取れなくなる理由が分かると思います。

 

ぼくは、パソコンやスマホとにらめこしている時間も長いので、ブルーライトカットメガネも購入して目を保護しています。

 

ブルーライトカットの眼鏡は良い仕事をしてくれて、長時間パソコンやスマホなどを見ていても、目疲れは格段に少なくなりました。

 

 

電子書籍を読むならブルーライトが少ないKindle Paperwhite一択

データでも分かる通り、目にも優しいのはKindle Paperwhite

 

特に、寝る前に電子書籍で本や漫画を読んでいる方には最適。

ぼくは、ベッドに寝転がりながら読書を楽しみたいので、Kindle Paperwhiteを使うようになってからは、すごく恩恵を受けています。

 

寝付きも良くなるので、翌日の疲労感や起きる瞬間の清々しさが全然違います。Kindle Paperwhiteを使って初めて分かるブルーライトの恐ろしさ。

 

スマホやパソコンを良く使う方は、読書する端末を変えるだけでも、全然違うので、健康に気を使いた伊方は、Kindle Paperwhiteを試してみる価値はあります。

 

 

さいごに:目に優しいのはKindle Paperwhite

スマホで長時間、読書をする習慣があってブルーライトで困っている方がいれば、Kindle Paperwhiteは目に優しいのでオススメ。

 

スマホはなくてはならない存在になり、常にブルーライトの危険にさらされているので、出来るだけ目は保護していきたい。

 

寝る前に、スマホ触らない方がいいんだけど、どうしても電子書籍とかを読みたいならブルーライトの少ないKindle Paperwhiteを選択すると目や身体の健康を守ることが出来ます。

 

ねこさと
自分の目は自分で守っていきましょう!

 

【8GB】

【32GB】

 

kindle関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

約18万PVのレビューブログ。 ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。常に物欲高め。 質問等がありましたらお気軽に「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

-Kindle
-

Copyright© NekosatoLog , 2019 All Rights Reserved.