Amazonで漫画7000冊以上半額!(タップして確認)

Kindle Paperwhiteは「ブルーライト」もカットしてくれて目にも優しい。シンプルな機能しかないのに優しさに満ち溢れた端末

Kindle Paperwhite ブルーライト

タブレットのkindleアプリから「Kindle Paperwhite」に乗り換えててからは目が疲れなくなりました。

目が疲れてしまう原因は、タブレットから出ているブルーライトが原因でした。

ブルーライトは身体に悪く、長時間浴びていると、寝付きが悪くなったり、疲れが取れない身体になってしまいます。

寝る前に、スマホで読書してから寝る習慣がある方は要注意。

寝る前に読書をしたいなら、「Kindle Paperwhite」なら、ブルーライトカットされているので、読書用にピッタリの端末です。

この記事では、Kindle Paperwhiteが他のタブレットよりも、身体にも良い端末だということを書いていきます。

Kindle Paperwhiteのレビュー記事もあるので、参考にしてみてください。

もっと快適に読書がしたくて、Kindle Oasisに乗り換えました。レビュー記事はこちらです。

目次

Kindle Paperwhiteがブルーライトが少ない

Kindle Paperwhite

ブルーライトに関しての調査があるので、詳しくはこのページを参考にしてみてほしい。

▶ Kindle、kobo、7型タブレット…測ってわかった!電子書籍端末のブルーライト量に“大差”

上記のデータを見ると、Kindle Paperwhiteはブルーライトはかなり少ない。

完全にブルーライトが出ていない訳ではないけど、タブレットと比較すると格段に少ないですね。

タブレットのブルーライトの量を見ると、かなり多くて、寝る前に使うと寝付きが悪くなり、疲れが取れなくなる理由が分かると思います。

ぼくは、パソコンやスマホとにらめこしている時間も長いので、ブルーライトカットメガネも購入して目を保護しています。

ブルーライトカットの眼鏡は良い仕事をしてくれて、長時間パソコンやスマホなどを見ていても、目疲れは格段に少なくなりました。

電子書籍を読むならブルーライトが少ないKindle Paperwhite一択

Kindle Oasis レビュー
‪iPad Pro‬は強い光(左)Kindleは柔らかい光(右)

上記のデータでも分かる通り、目にも優しいのはKindle Paperwhite

特に、寝る前に電子書籍で本や漫画を読んでいる方には最適。

ぼくは、ベッドに寝転がりながら読書を楽しみたいので、Kindle Paperwhiteを使うようになってからは、すごく恩恵を受けています。

寝付きも良くなるので、翌日の疲労感や起きる瞬間の清々しさが全然違います。Kindle Paperwhiteを使って初めて分かるブルーライトの恐ろしさ。

スマホやパソコンを良く使う方は、読書する端末を変えるだけでも、全然違うので、健康に気を使いた伊方は、Kindle Paperwhiteを試してみる価値はあります。

さいごに:目に優しいのはKindle Paperwhite

スマホで長時間、読書をする習慣があってブルーライトで困っている方がいれば、Kindle Paperwhiteは目に優しいのでおすすめ。

スマホはなくてはならない存在になり、常にブルーライトの危険にさらされているので、出来るだけ目は保護していきたい。

できれば寝る前にはスマホ触らない方がいいんだけど、どうしても電子書籍とかを読みたいならブルーライトの少ないKindle Paperwhiteを選択すると目や身体の健康を守ることが出来ます。

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になったらコメントお願いします!

コメント一覧 (2件)

  • 気になったので英語のGoogleでサーチしこのような記事を見つけました。
    Booksummaryclub.comです。
    Does the Kindle Emit Blue Light?

    Many hand-held mobile devices such as smartphones and tablets use blue light spectrums for their backlighting.

    Although many newer devices utilize better filtering methods for the blue light, some tablets such as the Kindle emit blue light at all times.

    And although the Kindle Paperwhite does emit a meager amount of blue light compared to other e-readers on the market, it does still emit some of it.

    カット filteringと同じ意味だと思いますが、それでもブルーライトは出されています。
    どっちを信じれば?

    • >>蝦名直美さん
      コメントありがとうございます。記事のタイトルと文中にカットと書いてしまい、混乱させたこと申し訳ありません。
      しかし、当記事の段落には、”Kindle Paperwhiteがブルーライトが少ない”と書いてあります。そこの段落の文中にもブルーライトは少ないと意味合いの文章を書いてあります。
      参考にしていただけたら助かります。
      混乱させた単語などは、修正致します。

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる