Kindle

「Kindle Paperwhite」を1年以上使ってみて分かったことは、本との出会いを大切にしてくれる端末だった【レビュー】

投稿日:2016年12月26日 更新日:

ねこさと
Kindle Paperwhiteを愛用している、ねこさと(@Nekosato333)です。

 

今までは紙の本を好んで読んでいたけど、ついにKindle Paperwhiteを購入。

 

1年以上使ってみた感じたことは、「この本を読みたいな」と思った瞬間を大事にしてくれる優しい端末だということ。

電子書籍は、読んでみたいと思った瞬間に、家にいながらでも買うこと出来ます。

 

Kindle Paperwhiteは、バッテリーの持ちもいいし、紙の本みたいに目にも優しくて、読みやすいので気に入っている。

 

 

Twitterでもツイートしたけど、どんなに厚さや重さがある本でも「Kindle Paperwhite」に何冊でも収まってしまいます。

しかも、Kindle Paperwhite端末は軽いので、いつでも持ち出して好きな本を読んだり、購入出来るのが最大のメリット。

 

この記事では、Kindle Paperwhiteを実際に使って良かった点と残念だった点を踏まえながら書いていきます。

購入を考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

良い点

  • 持ち運びに便利
  • どこでも本や漫画が読める
  • この本読みたいなって思った「瞬間」を大事に出来る
  • ブルーライトカットで目に優しい
  • 電子書籍だから場所を取らない

残念な点

  • Wi-Fiモデルだとネット回線が繋がっていないと本は買えない
  • 白黒なので、雑誌を読むには向かない

 

新型Kindle Paperwhite(2018)が発売

新型Kindle Paperwhite(2018)

お知らせ!

この記事の商品のリンクは、新しいKindle Paperwhite NEWモデルです。

 

2018年11月7日に、『Kindle Paperwhite』のNEWモデルが発売されました。

 

Kindle Paperwhiteは何年かおきに新機種が出るので、ワクワクします。

新型のKindle Paperwhiteと旧型の違いを書いていきます。

 

追加スペック

  1. 防水機能搭載(IPX8等級)
  2. ストレージが8GBと32GBが選べる
  3. セルラーモデルが3Gから4Gへ変更
  4. 内蔵ライトのLEDが4個から5個へ増えた
  5. サイズがよりコンパクトに!

 

上記に挙げた4つのポイントが、追加されたスペック。

防水になったことで、お風呂でゆっくり浸かりながら読書が出来るようになりました。Amazon公式発表では、深さ2mに60分間沈めても読書出来ると記載されてあります。

 

沈めることはないと思うが、防水機能はバッチリということですね。外出時に急な雨でも故障する心配もありません。

 

ストレージ(容量)は、今までは標準モデルが4GBだったのが、8GB32GBが選べるようになりました。

新型Kindle Paperwhite(2018)では、たくさんの本をダウンロード出来るようになったので、読みたい本をより多く持ち運べるようになった。

 

セルラーモデルの通信方式が、3Gから4Gへ変更されているので、さらにダウンロードの速度が速くなります。これでいつでもどこでも読みたい本やマンガをダウンロードすることが出来るのは嬉しい。

 

フロントライトのLEDが4個から5個に増えているので、暗い部屋でも自然の明るさで読書を楽しむことが出来るようになりました。

サイズもよりコンパクトになっていますが、旧Kindle Paperwhiteと対して変わりはありません。

 

新旧サイズ比較

  • 新サイズ:167 x 116 x 8.18 mm
  • 旧サイズ:169 x 117 x 9.1mm

 

新型Kindle Paperwhite(2018)が発売されることにより、今後の端末の展開は『Kindle』『Kindle Paperwhite(NEWモデル)』『Kindle Oasis』の3つになります。

今までは、Kindle Paperwhiteとマンガモデルの2種類で展開していましたが、新型Kindle Paperwhite(2018)からは32GBも選べるようになったので、『Kindle Paperwhite(NEWモデル)』として名前が統合されています。

今までの、旧Kindle Paperwhiteと比較しても、スペックがちょっとだけアップしただけで、使い勝手はそこまで変わりはない。

お風呂などで水回りがあるところで、読書したい方には、より使い方の幅が広がりました。

 

最新版のKindleを手に入れよう!

 

まずはKindle Paperwhiteを選んだ理由

  1. Kindle
  2. Kindle Paperwhite
  3. Kindle Oasis

 

Kindleシリーズには、3つの種類があり、Kindle Paperwhiteと似た端末に「マンガモデル」がありました。

今は、新しく出た「Kindle Paperwhite(2018)」に統合されています。

 

マンガモデルと通常のKindle Paperwhiteとの違いは、マンガモデルは容量が32GBとなっており、たくさん漫画をダウンロードする方には嬉しい端末。

 

今までのkindleシリーズ容量は4GBだったので、8倍の増量。

容量を気にせず、たくさん漫画をダウンロードしたい方は、マンガモデルの方が幸せになれます。

現在は、「Kindle Paperwhite(2018)」です。

 

kindleシリーズの比較

kindleKindle Paperwhite(NEWモデル)Kindle Oasis
価格¥7,980〜¥13,980〜¥29,980〜
フロントライトLED3個LED 5個LED 12個
解像度167ppi300ppi300ppi
接続Wi-FiWi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料4G
Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料3G
ページ送りタッチスクリーンタッチスクリーンタッチスクリーン
ページめくりボタン付き
防水-
容量4GB8GB/32GB8GB/32GB

 

シリーズを通してディスプレイのサイズは全て6インチ。Oasisだけ7インチになります。

上記の表は、上位モデルと比較して、主に差別化されているところだけをピックアップしてみた。

 

シリーズを見ても一番の違いは値段。キャンペーン情報あり(広告)かどうかで値段の差が出ています。

上位モデルに近づくほど値段が上がっていきます。

 

Kindle Paperwhite(2018)は、防水機能が追加されているので、選びやすくなりました。

 

Kindleを購入するならプライム会員になると、さらに幸せになります。特典の詳細をまとめたので読んでみてください。

【関連記事】

Amazonプライムを無料期間で使い倒そう!退会方法やメリット・デメリットを解説!

オススメ!
Amazonプライム会員
Amazonプライムを無料期間で使い倒そう!退会方法やメリット・デメリットを解説!

続きを見る

 

Kindle Paperwhiteを購入するなら「フロントライト」有りのモデルを購入しよう

個人的に注目したのは、フロントライトの有無。

 

フロントライトがないと、電気を消したときや、暗いところで読めなくなってしまう。寝る前にちょっと読書したいなって思うときに、読めないのは不便。

 

Kindle(NEW)モデルに、フロントライトが追加されてました!これで全部のKindle端末にフロントライトが付いたので、さらに、購入しやすくなりましたね。

【関連記事】

Kindle(NEW モデル)とKindle Paperwhite買うならどっち?容量が多い方が安心

Kindle Paperwhite フロントライト
Kindle(NEW モデル)とKindle Paperwhite買うならどっち?容量が多い方が安心

 

続きを見る

 

Kindle Paperwhiteとマンガモデルを比較

  • 通常モデルが4GB、マンガモデルは32GBなので約8倍の容量
  • マンガモデルは「快速ページターン」でページめくりが33%スピードアップ
  • マンガモデルはWi-Fiのみで3Gが使えない
  • ピンチ&ズームで小さな吹き出しや細かな描写も簡単に拡大
  • 小さな文字もくっきりキレイ。300ppiの高解像度

 

上記に挙げたのが、マンガモデルの新機能。8GBとなっているので、約700冊のマンガをダウンロードすることが出来ます。

 

快適ページターンは、Kindle Paperwhiteとの比較動画があったので、動画を見た方がイメージが膨らみます。

左の白いKindle Paperwhiteがマンガモデル。

 

実際に使ってみると誤差範囲ないかなと感じるので、速読命!速く読みたいんだ!という方意外は気にならないと思う。

 

Kindle Paperwhiteも最新版にアップデートされており、ページ送るレスポンスは速くなっています。最新版にアップデート出来るのもKindle端末のいいところです。

 

容量は4GBあれば十分

Kindle Paperwhite は4GBあれば十分。

 

その理由は、データはクラウドに保存できるから。クラウドの便利なところは、ネット上に保存できること。

 

例えば、Amazonで購入した電子書籍やマンガは、まずAmazonが管理しているクラウドに保存されています。

 

それから任意でkindle端末にダウンロードします。(ここで初めて端末の容量を使う)Amazonコンテンツは、クラウドに無料・容量無制限に保存できることが強みなので、気にするのは端末の容量だけ。

 

端末にダウンロードした電子書籍を削除しても、クラウドにデータがあるので何度でも再ダウンロード出来るので安心。

 

いやいや、「好きな本やマンガを常に端末に入れておきたいんだ」という方は4GBだと物足りないかもしれない。

 

容量を気にせず使いたい方は、32GBのKindle Paperwhite マンガモデルを購入することをオススメします。

 

Kindle Paperwhiteとマンガモデルの違いは搭載されている容量ぐらいで、その他の機能は同じ。

因みにマンガモデルは3Gでのネット通信機能はなく、Wi-Fiのみになっているので、購入するときは注意が必要。

 

 

Kindle Paperwhiteを購入したので、フォトレビュー

Kindle Paperwhite ブラックの「キャンペーン情報なし(広告)」を購入。

キャンペーン情報なしの端末だと、使う度に広告が出ないので精神的にストレスがなくなります。

 

本体のサイズは169 x 117 x 9.1mmで、ケースを着用してもこの薄さ。

ケースを付けても全然厚さを感じないので、カバンにもスッポリ入れることが出来る。

 

この薄さに何十冊の本が入っているなんて、信じられない。好きな本を持ち運べていつでも読める嬉しさ。

 

ココがポイント

読みたい本を何冊も持って回るはすごく大変だったけど、Kindleで電子書籍を読むようになってからは、「この本にこういうこと書いてあったな!読み直してみよう!」と思ったときに読めるのはすごく便利。

 

 

ケースを外すと後ろの面はこんな感じ。

本体のボディーは、マットな仕上がりになっているので、傷がついても目立たない仕様。さり気ないAmazonのロゴもある。

 

マンガの表示もキレイ

表示しているのは、マンガは「東京喰種」。

マンガの絵もキレイに表示されているので、紙のマンガを読んでいるように感じることが出来る。

 

セリフも綺麗に表示されるので、問題なく読むことが出来る。

紙のマンガでもよくあることだけど、細かいセリフがあって読みにくいときがあるけど、Kindleなら拡大して読むことも出来るので読みやすい。

 

ブルーライトで目も疲れない

スマホのkindleのアプリを使って本を読んでいたけど、ブルーライトのせいで目が疲れてしまっていました。

本を読むのは好きだけど、長時間は読めませんでした。

 

Kindle Paperwhiteで読むようになってからは、目が疲れることもなく読書に集中ができるようになった。

 

これは、紙の本を読んでいるのと変わりない感覚で、読書に集中できるのはすごく嬉しいポイント。

解像度も300ppiなので、文字もくっきり表示されるので読みやすい。

 

長い時間、読書を楽しみたいなら、Kindle端末がオススメ。

 

 

本を読むときの便利な機能

文字サイズとフォント、行間の変更ができる

好みの文字のフォントやサイズ変更が出来たり、ページタブでは、行間の広さや余白の調整、画面の向きも設定できます。

 

ぼくは、明朝が読みやすいので、明朝のままで行間もちょっとだけ空けています。個人で読みやすいフォントや文字のサイズもあるので好みで変更できるのは便利。

 

用語を調べる

本を読んでいるときって、分からない言葉が出てきたときって調べたりします。

調べたい文字を黒く表示されるまで軽く触ると、自動的にkindleが調べてくれるのは、集中が途切れないから嬉しい。

 

ねこさと
ほんとこれは便利だなって感じた!

 

因みにkindleに内蔵されている辞書は、国語辞典(大辞泉)、和英辞典(プログレッシブ和英中辞典)、英和辞典(プログレッシブ英和中辞典)、英英辞典(The New Oxford American Dictionary)。

 

wikipediaも対応しているのですが、3GやWi-Fiに接続していないと表示されません。

 

他にも、kindleには単語帳もあります。

読書中に調べた単語は、自動的に単語帳に登録されるので、調べた単語を見直したときは活用できます。

 

気になる箇所に線を引いたり、メモを取ったり、SNSでシェアしたり

本の中で気になる文に線を引いたりも出来る。

画面を軽く触ると辞書のときみたいに、黒く表示されて「ハイライト」という選択肢がでるのでそこをタップします。

 

線を引いた箇所は、kindleがまとめてくれているので、まとめて見ることもできます。

これは書評を書いたりするときには、便利な機能!

ぼくもたまに、本を読んだ感想を書いたりするので重宝している。

 

たまちゃん
TwitterやFacebookといったSNSでも気になった文をシェアできるのもイイね!
ねこさと
本好きな方と交流するのにも使えそうだ。

 

気になるバッテリーの持ち具合

Amazonの公式ホームページには、明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合で数週間使えると記載されている。

 

ぼくのKindle Paperwhiteの設定環境は、書籍やマンガをダウンロードする以外は機内モードで、1年以上使っていますが、2ヶ月に1回しか充電はしていません。

 

kindleはMicroUSBを採用しているので、出先でのバッテーリー切れでもモバイルバッテーリーがあれば充電できるのも便利なポイント!

 

ねこさと
思った以上にバッテーリーの持ちはいい!

 

やっぱりkindleは持ち運びやすい

Kindle Paperwhiteの重さは、Wi-Fiのみの端末が205g、Wi-Fi + 無料3Gの端末が217gとなっている。

200g程度ならそこまで重さは感じないので、ベッドで横になって片手持ちして読むにも気になりません。

 

本1冊と同等の重さで、この端末1台に何冊も入れることも出来るのだから、200g程度で重たいって言えない。笑

 

カバンの中に忍ばさせておいて、いつでも好きな本やマンガを読めるのは幸せ。

 

Kindle Paperwhite
Kindleは断捨離という「無駄な時間」から開放してくれる便利な端末

「Kindle Paperwhite」を使うようになってから、本の断捨離から解放されました。 紙の本や漫画は実態がある分、増えてくると、どうしてもスペースをとってしまう。 特に引っ越しのときには、漫画 ...

続きを見る

 

Kindle Paperwhiteのここがイマイチ

ページをめくるときにチラつく

これは仕方のないことですが、普段使っているスマホと比較するとやっぱり動作は「サクサク」とはいきません。

動作を行う場合に、一瞬間があり画面がチラついたりします。

 

分かりやすい動画があったので、参考にしてみてください。

 

使い慣れたら気にはならない程度なんだけど、購入前に確認できたら安心ですよね。

人間は慣れる動物なので、1週間も使えば自然と慣れてしまいます。

 

全部の書籍やマンガが電子化されているわけではない

Kindle Paperwhiteを使うようになってから、全ての書籍やマンガを電子化して欲しいと願うようになりました。

 

新刊などは電子書籍化されていないのも多いので、そこは注意が必要。

 

昔の本でも電子化されていない本もあったりするので、電子化して欲しい本があればリクエストを送ることも出来ます。

 

ねこさと
最近は、新刊でもすぐに電子書籍化されて手に入れやすくなりました!

 

カラーではないから雑誌などは読みにくい

Kindleシリーズは、画面の表示が白黒なので、カラーの雑誌などは読みにくいです。

 

カラーの雑誌も読みたい方は、同じAmazonが販売している「Fire HD タブレット」があります。このタブレットなら、カラーで雑誌も楽しめるし本やマンガも楽しむことが出来ます。

 

書籍だけでなく、インターネットも出来るので、ゴロゴロしながら映画み観たり出来ます。

ぼくはiPad Proを持っているので、雑誌だけは、iPad Proで読んでいます。

 

Kindle Unlimited」と相性が良いので、楽しめています。

 

初月キャンセル可能!

Kindle Unlimitedを無料で試してみる

※初回30日間無料体験(月額980円)

 

 

追加 Kindle Paperwhite マンガモデルを購入しました!

上記で、通常版Kindle Paperwhiteの4GBで十分だと記載しましたが、1年以上使ってみて、やっぱり4GBだと物足りないなって感じてしまったので、マンガモデルを購入をした。

 

理由としては、手持ちの本は本格的に電子書籍に移行しているからです。いつでも好きな本やマンガを読みたいと思いマンガモデルを購入。

 

購入してからは、容量のことを気にしないで安心して楽しめるようになりました。

 

 

ココに注意

現在は、「Kindle Paperwhite(2018)」に統合されているので、マンガモデルは廃盤となっています。

 

さいごに:Kindleは本をもっと身近な存在にしてくれる、最高の端末。

1年以上Kindle Paperwhiteを使ってみて分かったことは、この本読みたいなって思った瞬間に買えることだと思います。

 

本は巡り合わせ。読みたいと思った「瞬間」を大切にしてくれるのが「Kindle Paperwhite」だった。でも詳しく書いてありますが、本は一期一会だと思っています。

 

時間があるときに気軽に読めるのが、Kindle Paperwhite。

 

ネットに繋がってさえいれば、読みたいなって思った本やマンガが気軽に手に入るのもいいところで、忙しくて本屋さんに寄る時間がない方にはオススメの端末。

 

ねこさと
本は読みたいと思った「瞬間」を大切にしたい。

 

新しいKindle Paperwhite

 

Amazonサービスの関連記事

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nekosato

ねこさと

約11万PVのレビューブログ。 ガジェットとロードバイクが好きな「理学療法士」。実際に使った便利なモノを紹介しています。特にApple製品が好き。 質問等がありましたら「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

-Kindle
-,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.