Amazonサービスがキャンペーン中!詳細はこちら>>

Instagramに白枠を付けるなら「PicFitter」がおすすめ!統一感が出て良い

Instagramを統一感やオシャレにしたい方もいると思います。ぼくもそのうちの一人で、写真はオシャレではないが、見た目だけは統一感を出すようにしています。

PicFitterは、ダウンロードすれば、誰でも簡単に白枠を付けることが出来るのでおすすめです。白枠だけでなく、好きな色にも変えることが出来るので、個性が出せるのも良いですよ。

この記事では、ダウンロードから白枠に付けるまでの手順を書いていきます。

目次

PicFitterで白枠を付けるまで手順

STEP
PicFitterをダウンロードする
アプリ

iPhoneやAndroidスマホでも基本的には一緒ですが、この記事では、Androidスマホで説明を進めていきます。

App StoreまたはGoogle Playでアプリをダウンロードします。

STEP
枠を選ぶ

ダウンロードしてアプリを起動すると、サイズ違いの枠の中から選ぶことが出来るので、自分の写真の被写体のの雰囲気に合わせて枠を選びましょう。

私は、適度な広さの真ん中の白枠を使っています。ちなみに、iPhoneとAndroidの白枠のサイズは、微妙に違うので注意しましょう。

さらに枠の色、種類、保存する画質も選択するこどかできます。

写真に合わせて枠の色が選べるほすごく良いし、ぼかした写真の上に写真が乗っているとオシャレに感じますね。

画質の選択は残念ながら有料プランです。

STEP
写真を保存する

枠が決まったら、右上の赤丸の保存をタップすると写真アプリに保存し、これで終了となります。誰でも手軽に出来るので便利ですね。

保存が終わると広告が流れるので、終わるまで次の編集が出来ません。回避するには、アプリを完全終了するか、有料プランに課金するしかありません。

こちらが私のInstagramのアカウト。枠があるだけで、1枚の写真の全容が分かりやすくなります。

有料プランもある

  • 250円/月
  • 1,950円/年間
  • 3,920円/年間

PicFitterには有料プランも用意されており、さらに便利に使うことが出来るようになります。有料プランで出来るようになることは以下の通りです。

  • 一括編集
  • 画質設定(無圧縮)
  • カラーコードの入力や外観モードの変更など
  • 広告オフ

有料プランにする大きなメリットは、複数枚の写真に一括で枠を付けることが出来ることと、広告がオフになることですね。

3日間の無料トライアル期間もあるので、自分に合っているサービスか試すことが出来ます。

まとめ

PicFitterは、手軽に白枠を付けることが出来ます。

Instagramだけでなく、Twitterや他のSNSにも使えるし、自分だけのオリジナリティの高い画像を作れるのが良いですね。

使い方次第では、便利なアプリなのでおすすめです。

アプリ

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

PicFitter 使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になることがあればコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる