MacBook 12インチ(2017)が恋しくて再購入した3つの理由。やっぱり軽さは正義

2019年に、MacBook 12インチ(2017)を売却し、MacBook Pro 13インチ(2019)を購入したが、今年になって、中古のMacBook 12インチ(2017)を買い直しました。

仕事の関係で、外回りが多いので、コンパクトで軽いMacBook 12インチ(2017)が恋しくなってしまったのです。

買い直すまでに、iPad ProChromebookも試してみましたが、しっくりこなかったんですよね…

やっぱりコンパクトで激軽のMacBook 12(2017)インチは最高です。

この記事では、買い直した理由を書いていきます。

目次

まずは、再購入したMacBook 12インチ(2017)のスペック

スペック
  • 2017モデル
  • CPU:i7
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:256GB

以前、使っていたMacBook 12インチ‪(2017)は、低スペックでも良い。と、思っていたが、使っていくうちにストレスもあったので、今回は、ストレージ以外、フルスペックにしてみました。

残念なことに、MacBook 12インチ(2017)は、廃盤になっているので、中古でしか手に入らない。たまに、整備品として、出てくることもあるが、すぐになくなってしまうんですよね。

せっせと貯めていた楽天ポイントを使い、ラクマで購入しました。

約20,000円ぐらいポイントがあったので、フルスペックのMacBook 12インチ(2017)を105,000円で購入。ポイント分を差し引くと85,000円。

状態の良い中古で、しかもフルスペックだと考えると、比較的、安い方かな。

MacBook 12インチ(2017)

MacBook 12インチ(2017)を再購入した3つの理由

やっぱりコンパクトで920gの軽さを忘れることが出来なかった

MacBook 12インチ(2017)を手放してからは、

MacBook Pro 13インチ(2019)【1.037g】

‪iPad Pro‬ 11インチ(2020)+ Magic Keyboard【1,075g】

Lenovo Chromebook Ideapad Duet【942g】

MacBook 12インチ(2017)【920g】


とういう流れで使ってきました。

Chromebook以外は、サイズや重さもあり、外に持ち運ぶには、「よし!持っていくか!」と気合いが必要でした。我慢出来る範囲内ではあるが、毎日持ち運ぶには、結構、しんどい重さ。

その点、MacBook 12インチ(2017)は、コンパクトで920gという軽さ。やっぱり1kgを切っているというのは、精神的にもアドバンテージは大きいです。

MacBook 12インチ(2017)は片手で持てる

高スペックなMacBook Proは要らなかった

外出先での作業と言えば、

  • テキストベースで作業
  • Lightroomで写真編集
  • ネットサーフィン
  • 電子書籍を読む
  • たまに動画編集

こんな感じで使っていました。

正直なところ、高スペックなMacBook Pro 13インチでなくても出来てしまう。むしろ、MacBook 12インチでなくても出来てしまう作業内容。

当時は、MacBook Pro 13インチで動画編集とかもやっていましたが、‪iPad Pro‬の”LumaFusion”でやった方が早いことに気づき、MacBook Pro 13インチを使う頻度は激減しました。

MacBook Pro 13インチ(2019)

外出先で、快適に作業をするには、MacBook Pro 13インチだと重いし、‪iPad Pro‬だと‪アプリしか使えないし、Chromebookはインストールしたソフトは使えないし、と、悩んだ結果、MacBook 12インチが欲しくて堪らなくなりました。

ぼくの中で、中間的な存在がMacBook 12インチという結論に。

iPad ProとChromebookは、サブのパソコンにもなれなかった

上記と内容は被ってしまうが、‪iPad Pro‬はアプリがメイン、Chromebookはインストールしたソフトが使えない。という理由で、快適に作業をすることが出来ませんでした。

iPad Pro‬は、マルチウィンドが不便なうえに、アプリが落ちてしまうことも何度もあって、作業効率は悪かったです…

Chrome(ブラウザ)はSplit Viewに対応していないし、限られたアプリしかSplit Viewは対応していないのも使いにくい理由。マルチウィンドが多いぼくとしては、‪iPad Pro‬は鬼畜仕様。

Chromebookは、ブラウザで作業がメインになるので、ソフトはインストールすることが出来ません。

なので、画像編集するにも一手間かかるし、効率は悪い。

Chromebookと‪iPad Pro‬ 11インチ(2020)

Chromebook自体は、使い勝手は良かったが、コンパクトなモデルを探すとなると、ストレスを感じる低スペック仕様しかないのが悩みでした。

MacBook 12インチ(2017)なら、コンパクトで軽いし、macOSも搭載しているので、だいたいのことはこなしてしまう。

まさに、求めていたモバイルパソコン!手放してから気づく、MacBook 12インチの良さ。

実際に、持ち出して使うとやっぱり最高ですね!Apple製品を使っているだけで、書くモチベーションは違います。Appleマジック!

MacBook 12インチ(2017)

モノで仕事のモチベーションが上がるなら、迷わず揃えるべきだと思っています。何でもかんでも揃える訳ではないが、自分の生活に合ったモノを使いたいをモットーに選んでいます。

さいごに:自分に合ったパソコンを使っていきたい

かなり遠回りになってしまったが、MacBook 12インチ(2017)を買い直せて良かった。

外出先でも自宅のiMacのような環境で作業が出来るし、iCloudに保存してあるデータも触ることが出来るので、かなり作業効率はアップ出来ました。

なんといっても、MacBook 12インチのコンパクトさと軽さの魅力に取り憑かれてしまったのが1番大きい。

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になったらコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる