MENU

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

TPU保護フィルムは指紋汚れが酷くて操作性もダメだったって話

ガラスフィルムが、バキバキに割れる頻度が多いので、保護フィルムに張り替えました。

TPU保護フィルムは、張り付けるのスムーズで良かったが、使っているうちに、指紋汚れや操作性などが気になってきました。

TPU素材なので仕方ないが、TPU素材の保護フィルムは合わなかった理由などを書いていきます。

保護フィルムに拘りがある人は、TPU素材の保護フィルムを使うのはしんどいです。

目次

TPU素材の保護フィルムとは

・TPU素材(熱可塑性ポリウレタン樹脂)

TPU素材は、非常に薄く、触るとぐにゃぐにゃと柔らかいゴムのような素材となっており、衝撃吸収の役割も持っています。

なので、湾曲したスマホのディスプレイに適してはいるが、貼り付けるときに普通の保護フィルムより、気泡が入ったりと貼り付けにくさはあります。

TPU素材の保護フィルムが合わなかった理由

指紋汚れが酷い

TPU保護フィルムを使っていると、指紋汚れが気になってしまうようになりました。

それもそのはず、樹脂性のゴムのような素材なので、汚れやすい素材なのです。気づいたらホコリも付いたり…

拭けば問題ないでしょう?思うかもしれないが、汚れを取るどころか、汚れを引き伸ばしてしまうようになってしまい、ガラスフィルムみたいに汚れを綺麗に拭き取ることが出来ません。

TPU素材の保護フィルムを使っていて、1番気になった点が指紋汚れです。

スマホは、毎日使うものだから綺麗に使いたいのに、綺麗に出来ない保護フィルムだったのに精神的に良くありませんでした。

手汗が多い方は地獄です。

クリーニングのしやすさは、やっぱりガラスフィルムの方が良いかな。

滑りが悪くスワイプが引っかかる

TPU保護フィルムは樹脂性の柔らかいゴムのような素材となっているので、スワイプをするときに引っかかってしまい操作性が悪いです。手汗をかいていると、さらに操作性は悪くなる…

私は記事を作成するためにテキスト入力が多いので、スワイプで引っかかってしまうのは死活問題に等しい。

TPU素材の保護フィルムは、滑りが悪いので、スワイプのスムーズさを求める方には適していません。

なので、スワイプにスムーズさを求めるなら、やっぱりガラスフィルムの方が良いですね。それか、スマホを裸で使うしかありません。

フィルムに傷が付きやすい

TPU素材の保護フィルムは、ゴムのような柔らかくて衝撃吸収に強いのが災いして、傷つきやすいです。

普通の保護フィルムも長く使っていくと、擦り傷などが付いてしまうが、TPU素材の保護フィルムは、より傷つきやすいです。

ズボンのポケットに入れるときに、ズボンの素材に引っかかってしまったり、爪が強く当たってしまったりと、色々なシチュエーションで傷付きやすいです。ズレてくると気泡が入ったりも…

傷が気にならない方は良いが、私みたいに潔癖症の方は、気になってしまい何回も張り替えてしまうでしょう。

その点、ガラスフィルムは、傷が付きにくいし強度は高めで良かったです。

傷が入ると破れやすく気泡が入ったりする

使っていくうちに伸びてくる

過去に数回、TPU 素材の保護フィルムを使ったことがあるが、使う期間が長くなるにつれ、ディスプレイのエッジの部分が伸びてしまい、ペロペロに剥がれてしまう。

特に、ディスプレイがラウンドしたいるディスプレイだと、より張力が働いてしまうから伸びてしまうんだろうと。

TPU 素材の保護フィルムに限らず、普通の保護フィルムでも起きる可能性のある現象ではあるが、TPU 素材の保護フィルムは伸びてしまうことが多い印象です。

実際に、手で伸ばすとゴムのように伸びるので、余っている保護フィルムがあれば試してみるのも面白いかもしれません。

伸ばすと結構伸びる

まとめ

TPU 素材の保護フィルムは、使う人を選ぶと思う。

私みたいに、記事を作成したりとテキスト入力が多い方は、普通の保護フィルムかガラスフィルムを選ぶと幸せになれるでしょう。

なので、これからは、大人しく、普通の保護フィルムかガラスフィルムを使おうと考えています。

それでは、良いスマホライフを!

愛用アイテム

関連記事

良質な中古スマホ取扱店

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

TPU保護フィルム 操作性

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

気になることがあればコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次