Kindle Unlimitedが3ヶ月199円!詳細はこちら>>

【レビュー Baseus USBハブ 8-in-1 ハブ】MacBookや‪iPadにおすすめのハブ!デザインもかっこいい

MacBookや‪iPad Pro‬にSDカードリーダーなどを差し込んでいると、 USB-Cポートが足りない!と思うこともあると思います。

‪iPad Pro‬を使う頻度が多くなってきて、充電しながらSDカードリーダーも使いたいなって思うこともあり、解決策としてはハブを探していました。

Baseus USBハブ 8-in-1 ハブ」なら、8つのポートがあるので、充電しながらでもSDカードのデータを快適に転送が出来るし、ストレスなく使えるのでおすすめです。

この記事は、Baseus様からサンプル商品を提供してもらったので、実際に使って、良かった点と残念だった点をレビューしていきます。

良かった点
  • デザインがシンプルでかっこいい
  • 充電しながらでもデータ転送が出来る
  • ケーブルが収納出来る
残念な点
  • PD(USB-C)は給電しか出来ない
目次

Baseus USBハブ 8-in-1 フォトレビュー

特徴

  • USB-C(PD3.0充電用100w)
  • USB-A × 3(データ転送用・充電用)
  • HDML(4K出力)
  • microSDスロット
  • SDカードスロット
  • LANポート(1Gbpsイーサネット)
  • MacBookやWindows PCにも使える

Baseus USBハブ 8-in-1 ハブ」の最大の特徴は、8つのポートを搭載していることです。

USB-Cは、最大100wまでの給電が出来るようになっているので、MacBook Proも余裕で充電が出来ます。

個人的には、‪iPad Pro‬‬を使うことが多いので、SDカードスロットとUSB-Aが同時に使うことが出来るのは嬉しいです。

パッケージ内容とデザイン

  1. ハブ本体
  2. 説明書
  3. シール

パッケージ内容には、ハブや説明書の他に、メーカー独自のシールが同封されていました。なんだか可愛い。

Baseus USBハブ 8-in-1 ハブ」のカラーは、MacBookに似たスペースグレイになっていて、Apple製品との相性が良いです。

質感もマットな感じになっているので、指紋汚れなども付きにくい仕様となっています。

メーカーのロゴも控えめになっているのも嬉しいポイント。

裏面は、こんな感じになっています。

どことなく、ロボコップやGalaxy S10のカメラ部分を彷彿させてくれます。

左からUSB-C、HDML、SDカード、microSDカードスロットと4つのポートが配置されています。

右側には、USB-Aポートが3つ搭載されています。

下の部分には、LANポートがあり、1Gbpsイーサネットに対応しています。

最近のパソコンは、LANポートを搭載していない端末も増えているので、直接、接続してパソコンを使っている方には嬉しいですね。

ぼくは、Wi-Fi接続で使うことが多いので、使う頻度は少なさそう。

上に空いている穴に、USB-C端子を入れると収納することが出来るので、ケーブルをぶらぶらと邪魔になることもありません。

さらにコンパクトに出来るのが良いですね。

‪iPadでも使える

‪iPad Pro‬で写真を取り込み、Lightroomでレタッチをしたり、画像編集をすることが多いので、「Baseus USBハブ 8-in-1 ハブ」はかなり便利です。

‪iPad Pro‬は、USB-Cポートが一つしかないし、充電しながら作業をするとなると、SDカードが挿すことが出来ません。

Baseus USBハブ 8-in-1 ハブ」なら、SDカードやUSBメモリーを同時に差した状態でも読 み込んでくれるので、作業効率はかなり良いです。

データの読み込みスピードもそれなりに速いので、待つストレスはありません。

ちなみに、iPadやMacBookに差し込むと、LEDインジケーターが薄らと青く光ります。

こういう遊び心あるギミック感に惹かれてしまいますね。

青く光るのがかっこいい

MacBookでも使える

M1 MacBook Airでも使うことが出来ました。SDカードとメモリーカードの同時読み込みも問題なく行うことが出来ます。

データの読み込みスピードもそれなりに速いので、iPadと同様にストレスは感じません。

最近のSDカードを使っていれば、読み込みスピードで悩まされることはありませんね。

外部モニターへ出力もで出来る

M1 MacBook AirをHDMLケーブルを使って「EVICIV モバイルモニター EVC-1506」に出力しましたが、チラつきもなく、問題なく外部モニターにも出力することが出来ました。

M1 MacBook Airには、HDMLポートがないので、HDMLケーブルを使って出力したい方には嬉しいですね。

EVICIV モバイルモニター EVC-1506」は、USB – Cケーブル1本で繋げることが出来るので、必ずしもHDMLケーブルを使う必要はないが、「Baseus USBハブ 8-in-1 ハブ」に搭載しているUSB-Cは給電のみなので、試してみました。

Baseus USBハブ 8-in-1の残念なところ

PD(USB-C)は給電しか出来ない

M1 MacBook Airに限らず、MacBookシリーズは、USB-Cポートが少ないので、USB-Aポートを3つ搭載するよりも、USB-Cポートを増やして欲しかったです。

搭載しているUSB-Cは、給電することしか出来ないので、外部モニターへの出力やデータ入力が出来ないのはすごく不便でした。

なので、外部出力が多い方は、簡易的なハブよりもドッキングステーションを使った方が幸せになれるかもしれません。

愛用している「CalDigit TS3 Plus」は15ポートもあるのでおすすめです。

さいごに:こんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • iPadやMacBookのポートを拡張したい方
  • コンパクトなハブを探している方
  • デザインの良いハブを探している方

Baseus USBハブ 8-in-1 ハブ」は、コンパクトで8つのポートが付いている優れもの。

デザインもかっこよく、ケーブルも収納することが出来るし、持ち運びもしやすいので、出来るだけ荷物をコンパクトにまとめたい方におすすめです。

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になったらコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる