【レビュー BUSCH&MULLER リアライト】BROMPTONを折り畳んんでも干渉しない!光量も十分

BROMPTONのリア反射板だけでは、不安だったので、点灯する「BUSCH&MULLER フロントライト」を購入しました。

「BUSCH&MULLER フロントライト」は、純正のリア反射板のデザインも似ているし、BROMPTONの雰囲気を壊すこともないので、気に入っています。

しっかりと止めることが出来るし、走行中にも落下することもありませんん。

この記事では、実際に使って良かった点と残念だった点をレビューしていきます。

良かった点
  • 折り畳んでも干渉しない
  • USBで充電が出来る
  • 光量も十分
残念な点
  • 防水ではない
  • 点滅しない
目次

BUSCH&MULLER フロントライト フォトレビュー

特徴

  • リアライト
  • 常時点灯のみ
  • 取り付け穴ピッチあり(50/80mm)
  • サドルレールにも取り付け可能
  • microUSB充電式
  • カラー:ブラック
  • サイズ:10.6 x 17.3 x 5.6 cm
  • 重さ:0.3g

USBで充電式が出来るので、バッテリーが切れても何度でも充電することが出来ます。

別売りのブラケットを購入すれば、サドルレールにも取り付けることが出来ます。

重さも0.3gしかないので、BROMPTONの総重量の負担にはなりません。

パッケージ内容と外観デザイン

  1. リアライト本体
  2. microUSBケーブル

パッケージ内容は至ってシンプル。

リアライト本体と充電するためのUSBケーブルのみとなっています。

説明書は、取り付けられていた紙に書いてあります。

裏面には、50mmと80mmの2つのサイズがあり、取り付ける自転車によって使い分けが出来るようになっています。

BROMPTONは、50mmのサイズで丁度良い感じに取り付けることが出来ます。

取り付け板からリアライト本体を取り外すとこんな感じ。

しっかりと取り付けられているので、ちょっと強めの力が必要になります。

裏面は、充電ポートがあります。剥き出しになっているから雨の日はちょっと心配ですね。

とは言っても、取り付け板がしっかりとカバーしてくれているから、きっと大丈夫でしょう。

上の方には、ライトを点灯するための白いボタンがあります。

ちょっと長めに押すことで、オン・オフ操作が出来ます。

BROMPTONにピッタリ

取り付け方法

BROMPTON M6Rのリアキャリアの方に取り付けをしていきます。

3mmの六角レンチを使って、純正の反射板を取り外していきます。

取り外した器具を「BUSCH&MULLER フロントライト」を取り付けていきます。

器具を取り付けることが出来たら、リアキャリア部分に取り付けていきます。プラスドライバーで着脱が出来ます。

取り付け板にリアライト本体を取り付けるとこんな感じ。

純正の反射板よりもスリムだから、見た目もすっきりしましたね。これは良い。

ちなみに、上が「BUSCH&MULLER フロントライト」で下が純正の反射板です。

好みが分かれるところですが、個人的には、「BUSCH&MULLER フロントライト」の方がスリムで好き。

視認性もバツグン

しっかりと点灯してくれるので、明るさも申し分ないです。

撮影した時間が、ちょっと明るい時間帯でしたので、まだ明るさは薄く感じてしまうが、視認性は問題ありませんでした。

走行中も安定している

試しにちょっと走行してみたが、ガタつくこともないし、落下することもありませんでした。

Amazonのレビューでは、落下してしまったといったレビューもありましたが、個体差があるのかもしれませんね。

折り畳んでも干渉しない

純正の反射板と同じ場所に取り付けているし、純正の反射板よりもサイズも小さいし、折り畳んでも、地面に干渉してしまうこともありません。

BUSCH&MULLER フロントライトの残念なところ

防水ではない

公式には防水などの記載がないので、恐らく防水ではないと思います。

通勤やロングライドしていて急な雨には心配ではあるが、取り付け板が充電ポート部分をカバーしてくれているので、きっと大丈夫でしょう。

点滅しない

BUSCH&MULLER フロントライト」は、残念ながら点滅させることが出来ないので、バッテリー消費が早いです。

なので、長時間ロングライドする方は、注意が必要です。

通勤や街乗りなら問題はありません。

さいごに:こんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • 点灯するリアライトが欲しい方
  • 折り畳んでも干渉しないリアライトが欲しい方
  • 充電して何度も使いたい方

BROMPTONの純正の反射板は、点灯しないので、夕方や夜の時間帯にライドするには不安でしたが、「BUSCH&MULLER フロントライト」に交換して安心して走れています。

コンパクトなので、折り畳んでも干渉しないので、おすすめのリアライトです。

デザインも純正と似ているので、BROMPTONの雰囲気を壊さないのも良いですよ。

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になったらコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる