BROMPTON

【レビュー BUSCH&MULLER リアライト】BROMPTONを折り畳んんでも干渉しない!光量も十分


BROMPTONのリア反射板だけでは、不安だったので、点灯する「BUSCH&MULLER フロントライト」を購入しました。


「BUSCH&MULLER フロントライト」は、純正のリア反射板のデザインも似ているし、BROMPTONの雰囲気を壊すこともないので、気に入っています。


しっかりと止めることが出来るし、走行中にも落下することもありませんん。


この記事では、実際に使って良かった点と残念だった点をレビューしていきます。


良かった点

  • 折り畳んでも干渉しない
  • USBで充電が出来る
  • 光量も十分

残念だった点

  • 防水ではない
  • 点滅しない



BUSCH&MULLER フロントライト フォトレビュー

特徴

特徴

  • リアライト
  • 常時点灯のみ
  • 取り付け穴ピッチあり(50/80mm)
  • サドルレールにも取り付け可能
  • microUSB充電式
  • カラー:ブラック
  • サイズ:10.6 x 17.3 x 5.6 cm
  • 重さ:0.3g


USBで充電式が出来るので、バッテリーが切れても何度でも充電することが出来ます。


別売りのブラケットを購入すれば、サドルレールにも取り付けることが出来ます。


重さも0.3gしかないので、BROMPTONの総重量の負担にはなりません。



パッケージ内容と外観デザイン

特徴

  • リアライト本体
  • microUSBケーブル


パッケージ内容は至ってシンプル。


リアライト本体と充電するためのUSBケーブルのみとなっています。


説明書は、取り付けられていた紙に書いてあります。

裏面には、50mmと80mmの2つのサイズがあり、取り付ける自転車によって使い分けが出来るようになっています。


BROMPTONは、50mmのサイズで丁度良い感じに取り付けることが出来ます。


取り付け板からリアライト本体を取り外すとこんな感じ。


しっかりと取り付けられているので、ちょっと強めの力が必要になります。


裏面は、充電ポートがあります。剥き出しになっているから雨の日はちょっと心配ですね。


とは言っても、取り付け板がしっかりとカバーしてくれているから、きっと大丈夫でしょう。


上の方には、ライトを点灯するための白いボタンがあります。


ちょっと長めに押すことで、オン・オフ操作が出来ます。



BROMPTONにピッタリ

取り付け方法

BROMPTON M6Rのリアキャリアの方に取り付けをしていきます。


3mmの六角レンチを使って、純正の反射板を取り外していきます。


取り外した器具を「BUSCH&MULLER フロントライト」を取り付けていきます。


器具を取り付けることが出来たら、リアキャリア部分に取り付けていきます。プラスドライバーで着脱が出来ます。


取り付け板にリアライト本体を取り付けるとこんな感じ。


純正の反射板よりもスリムだから、見た目もすっきりしましたね。これは良い。


ちなみに、上が「BUSCH&MULLER フロントライト」で下が純正の反射板です。


好みが分かれるところですが、個人的には、「BUSCH&MULLER フロントライト」の方がスリムで好き。



視認性もバツグン

しっかりと点灯してくれるので、明るさも申し分ないです。


撮影した時間が、ちょっと明るい時間帯でしたので、まだ明るさは薄く感じてしまうが、視認性は問題ありませんでした。



走行中も安定している

試しにちょっと走行してみたが、ガタつくこともないし、落下することもありませんでした。


Amazonのレビューでは、落下してしまったといったレビューもありましたが、個体差があるのかもしれませんね。


折り畳んでも干渉しない

純正の反射板と同じ場所に取り付けているし、純正の反射板よりもサイズも小さいし、折り畳んでも、地面に干渉してしまうこともありません。



BUSCH&MULLER フロントライトの残念なところ

防水ではない

公式には防水などの記載がないので、恐らく防水ではないと思います。


通勤やロングライドしていて急な雨には心配ではあるが、取り付け板が充電ポート部分をカバーしてくれているので、きっと大丈夫でしょう。


点滅しない

BUSCH&MULLER フロントライト」は、残念ながら点滅させることが出来ないので、バッテリー消費が早いです。


なので、長時間ロングライドする方は、注意が必要です。


通勤や街乗りなら問題はありません。


さいごに:こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

  • 点灯するリアライトが欲しい方
  • 折り畳んでも干渉しないリアライトが欲しい方
  • 充電して何度も使いたい方


BROMPTONの純正の反射板は、点灯しないので、夕方や夜の時間帯にライドするには不安でしたが、「BUSCH&MULLER フロントライト」に交換して安心して走れています。


コンパクトなので、折り畳んでも干渉しないので、おすすめのリアライトです。


デザインも純正と似ているので、BROMPTONの雰囲気を壊さないのも良いですよ。



関連記事

BROMPTON レビュー

BROMPTON

【レビュー】気軽に乗れる自転車が欲しくて「BROMPTON M6R ブラックラッカー(2021)」を購入しました!写真ライフが楽しい

グッズ

【2021】ロードバイク乗りにおすすめのスマートウォッチ(ウェアラブル端末)を厳選して紹介していく
レビュー LEZYNE SPORT FLOOR DRIVE フロアポンプ

BROMPTON

【レビュー LEZYNE SPORT FLOOR DRIVE フロアポンプ】BROMPTONに最適なフロアポンプ!気持ち良く空気が入れられる
レビュー POTA BIKE ハンドルセンターポーチ

BROMPTON

【レビュー POTA BIKE ハンドルセンターポーチ】BROMPTONにおすすめのドリンクホルダー!小物も入れられる
レビュー CATEYE VOLT400

BROMPTON

【レビュー CATEYE VOLT400】BROMPTONに最適なフロントライト!明るさも満足!
レビュー Cycartis カタカナ LED フロントライト

BROMPTON

【レビュー Cycartis カタカナ LED フロントライト】BROMPTONの装着時にはブラケットは干渉してしまう。ライトとしては満足!
レビュー CHROME SIMPLE MESSENGER BAG

グッズ

【レビュー CHROME SIMPLE MESSENGER BAG】カメラバックに最適!ロードバイク通勤も楽しい
レビュー TOPEAK BACKLOADER 6L

グッズ

【レビュー TOPEAK BACKLOADER 6L】通勤やロングライドに最適なサドルバック!防水インナーバックが便利
ロードバイク チェーン 掃除

グッズ

ロードバイクのチェーンを簡単にお掃除!時間のないあなたに「AZのメンテナンス5点セット」がオススメ

DE ROSA AVANTを購入してから約1年経つけど、チェーンの掃除を怠けていました。注油だけは、たまにやっていたので、錆びることもなく乗れていましたが、乗り心地はあまり良くない。 しかも、チェーン ...

レビュー Aftershokz AEROPEX AFT-EP-000011

イヤホン・ヘッドホン

【レビュー Aftershokz AEROPEX AFT-EP-000011】骨伝導ワイヤレスイヤホンは音質も良かった!もう手放せない
DABADA 3Dゲルパッド サイクル インナーパンツ メンズ

グッズ

これでお尻の痛みから解放!乗り心地は最高でした「DABADA 3Dゲルパッド サイクル インナーパンツ」レビュー

お得情報!

Amazonで1円でもお得に買い物するなら、Amazonの通貨でもある「Amazonギフト券」のチャージがおすすめ!

現金でチャージするたびに、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、使わないと損してしまいます。

ねこさと
しかも、期間限定で初回チャージ1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中ですよ!

\Check Now/

※Amazonギフト券でショッピングがお得に!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ねこさと

管理人のねこさとです。 Appleに惹かれて十数年。ガジェット大好きで気づいたらポチッてしまうのが悩みです。 質問などはお気軽に「お問い合わせフォーム」もしくはTwitterよりご連絡ください。レビュー依頼も受付け中。

おすすめ記事

富士フィルム おすすめレンズ 1
1万円以下 完全ワイヤレスイヤホン 2

完全ワイヤレスイヤホン欲しいけど、良いイヤホンは数万円以上もするし、初めて購入するには高い…出来れば安くて、コスパの良い完全ワイヤレスイヤホンを使いたい! と、思っている方も多いと思います。 最近では ...

Chromebook おすすめ 3

日本発売しているおすすめのChromebookをピックアップしました。この記事を読んで購入の参考にしてくださいね。

4
5

今までは、紙の本を好んで読んでいたけど、ついに「Kindle Paperwhite」を購入しました。 1年以上、使ってみた感じたことは、「この本を読みたいな」と思った瞬間を大事にしてくれる、優しい端末 ...

-BROMPTON
-,