【レビュー Cycartis カタカナ LED フロントライト】BROMPTONの装着時にはブラケットは干渉してしまう。ライトとしては満足!

BROMPTONのフロントライトの反射板(リフレクター)では、夕方から夜間に走行するには不十分なため、「Cycartis カタカナ LED フロントライト」を購入しました。

ハンドルに付けるよりも、フロントフォークフォークの部分に付けた方が見た目も良くなるし、ハンドル周りもスッキリするからおすすめ!

と、言いたかったが、個体差があるのか、フロントフォーク部分には、取り付けることが出来ませんでした。残念…

ライト自体は、350ルーメンもあるので、明るさは十分で満足しています。

この記事では、付けれなかった理由を踏まえながらレビューしていきたいと思います。

フロントフォーク部分に取り付けたくて、CATEYE VOLT400に乗り換えました。やっぱりBROMPTONはスタイリッシュに乗りたいよね。

良かった点
  • 350ルーメンと明るいライト
  • ハンドルやステムにしっかりと装着できる
  • 防水で急な雨にも安心
残念な点
  • ブラケットに個体差があるかも
  • コネクトポストの角度維持が出来ない
目次

Cycartis カタカナ LED フロントライト フォトレビュー

特徴

  • LED電球
  • 最大350ルーメン/80lx
  • 自動点灯モード
  • 着脱がしやすい
  • 防水
  • 素材:アルミニウム合金
  • リチウム電池(800mAh)
  • 充電方式:Micro – USB
  • カラー:4種類

街乗りや夕方、夜の走行時に十分な350ルーメンの明るさがあるので、安心して走ることが出来ます。LED電球だから長持ち。

防水仕様になっており、急に雨に降られてしまっても安心。

充電方式もMicro USBでで充電が出来るから、走行中もモバイルバッテリーで充電しながら走ることも出来ます。

パッケージ内容とデザイン

  1. 本体
  2. USBケーブル
  3. ブラケットなど
  4. 説明書

Cycartis カタカナ LED フロントライト」は、ブラケットが付属しているので、反射板が付いているところに、付けることが出来ます。

BROMPTONの反射板があるところにも付けることが出来ます。(個体差あり)

サイズもiPhoneと同じぐらいコンパクトで、85gと軽いので、BROMPTONの総重量には負担はかかりません。

ラバーストラップは、ホコリを集めてしまうから、気になる方は気になるかもしれませんん。気になる…

ラバーストラップはネジ式になっているので、付属しているブラケットに取り付けが出来る仕様になっています。

上の方には、ボタンがあり押しやすい仕様になっています。

カバー越しに、青色、赤色とバッテリーの残量も確認することが出来ます。

充電ポートの部分は、水滴やホコリが侵入しにくいように、ラバーストラップと同じ素材で蓋がしまっています。

ボタン同様、隙間があるところは、カバーされており、しっかりと防水対策はされているのは安心できますね。

ライトはこんな感じ。

ボタンを何度か押すことで、ハイ、ミドル、ローと配光を変更することも出来ます。

もちろん点滅点灯も出来ます。

BROMPTONに取り付けてみる

干渉してしまう

BROMPTONの反射板(リフレクター)の部分に取り付けていきます。

六角レンチを使うことで簡単に取り外すことが出来ます。

注意点としてはブレーキも一緒に取れるので、ネジを締め直すときに、ズレないように気をつけてくださいね。

本来ならここに取り付けるはずだか、ヘッドパーツ?に干渉してしまって取り付けることが出来ませんでした…

ヘッドパーツとブレーキとの隙間がかなり狭いので、恐らくブラケットの太さが合ってないのでしょう。

何度もトライしてみましたが、残念ながらネジがしまることはありませんでした。

ハンドルやステムには付けられる

反射板のところに取り付けることが出来なく、悔しいので、ステムのところに取り付けてみました。

見た目の野暮ったさは否めないが、使えないよりは良しとしましょう。

ハンドルにも問題なく取り付けることが出来るので、ラバーストラップのサイズ的にはピッタリです。

横から見るとステムからはみ出ているから、やっぱり見た目的には、うーん…

折り畳んでもライトは干渉することはありませんでした。問題なく折り畳むことが出来ます。

折り畳んだ状態

光量は十分で満足

光量も数m先も照らしてくれるし、車などに自分の存在をアピールするには十分でした。

電源ボタンを何度か押すことで、ハイ、ミドル、ローと変更することも出来ます。

もちろん点滅させること出来るので、さらに存在をアピールすることも出来るし、バッテリー消費の節約にもなります。

ハイの状態

Cycartis カタカナ LED フロントライトの残念なところ

ブラケットの個体差があるかも

ブラケットのブラケットの太さが大きかったり、接続部分が直角になっているので、角度が足りなくて、ヘッドライト?部分に干渉してしまうのかもしれません。

Twitterで、この製品を教えて貰った方は問題なく付けることが出来ていただけに残念です。

それ以前に、コネクトポストもネジが緩く、ライトの角度を維持するのも難しかっったので、取り付けられてたとしても、使えなかったと思います。

大人しく、キャットアイのライトと外付けのステーを購入した方が幸せになれるかも。

さいごに:こんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • BROMPTONの見た目に拘る方
  • 適度な明るさのライトが欲しい方
  • 防水のライトが欲しい方

上手く付けることが出来れば、BROMPTONをかっこよく乗り回すことが出来ます。

ブラケットを使わなくてもハンドルやステムのところに普通のライトとして取り付けることが出来るし、光量も十分なので満足できるライトです。

ちょっとクセのあるライトですが、お値段もリーズナブルだし、試してみる価値はあるかもしれません。

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になったらコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる