MENU

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

MINOURA SLMV-2スタンド(ブラック)でBROMPTONをブラックに統一へ

BROMPTONをカスタムをしてから時間が経ってしまったが、やっとスタンドもブラックにすることが出来ました。

チタンアルミ製のキックスタンドがあるが、堅牢製を重視して「MINOURA SLMV-2スタンド(ブラック)」を選びました。

カメラを持ちながらポタリングをするし、フロントバッグにも重めの荷物を乗せたりするから頑丈さは大切。

この記事では、スタンドを取り付ける様子と、スタンドの着脱に必要な工具の紹介もしていきます。

目次

スタンドと必要な工具

MINOURA SLMV-2スタンド(ブラック)

  • 重さ:約160g
  • 16インチ用キックスタンド

表記されている重さもそこまで重くないので、本体と合わせてもそこまで重くならないでしょう。

実測の重さは、159gでした。

表記よりも-1g軽いのでちょっとラッキーだが誤差ないですね。


必要な工具

持っていたのは、15mmスパナしかなかったので、持っていたレンチとペンチで代用して使いました。

8mmスパナがあれば、もっと楽に出来たとは思うが、なくても出来てしまいます。

BROMPTONにスタンドを装着してみる

真ん中の黒いナットを15mmのスパナで外していきます。

上にあるナットを8mmのスパナで外していくが、1つのスパナだけだと、空回りしてしまうので、2つあるとスムーズに取り外すことが出来ます。

8mmスパナがないので、レンチとペンチを使いながら外していきました。

ナットやネジ、スペーサーなどの順番は覚えておきましょう。とっいっても、パーツは少ないので忘れることはないと思います。

シルバーからブラックに変えるだけでも印象変わりますね。

ただ、スタンドのBROMPTONの接合部は、シルバーになっているのが残念ではあるが、スタンド部分はブラックだからかっこいい。

スタンドの色を変えるだけでも印象が変わるので、もっと早く良かったです。

まとめ

BROMPTONをブラック化計画を立ててから時間が経ってしまったが、スタンドをブラックにすることが出来ました。

ちょっとしたパーツではあるが、色を変えると雰囲気が変わるので、さらに愛車のBROMPTONが愛着が湧きますね。

今度は、ブレーキ周りやクランク、ヘッドパーツなどもカスタマイズしていきたいな。


\ワイズロードがセール中!/

関連記事

良質な中古スマホ取扱店

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

BROMPTON カスタマイズ MINOURA SLMV-2スタンド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

気になることがあればコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次