MENU

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

レビュー Galaxy Z Flip4:ガラケーを思い出させてくれる折りたたみスマホ!操作性・持ち運びも快適

Galaxy Z Fold3を使うようになってから、すっかり折りたたみスマホの虜になってしまったので「Galaxy Z Flip4」を購入しました。

Galaxy Z Flip4は、ガラケーのように折りたたむことが出来るので、ポケットにも入れやすくて持ち運びやすいです。ガラケーを懐かしみながら使えるのも楽しい。

その他にも、良い意味で開くのも面倒になってしまうので、スマホデトックスにも良いかもしれません。

この記事では、実際に使って良かった点と残念だった点をレビューしていきます。

折り畳みスマホは良いぞ!

良かった点
  • コンパクトで持ち運びがしやすい
  • スマホデトックスが出来る
  • 操作もヌルヌルサクサクで快適
  • フレックスモードが快適
残念な点
  • もう少しコンパクトなら嬉しい

\最安値は楽天モバイル/

目次

Galaxy Z Flip4 フォトレビュー

Galaxy Z Flip4とGalaxy Z Flip3のスペック比較

タップしてスペック比較を見る
スクロールできます
Galaxy Z Flip4Galaxy Z Flip3
SoCSnapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 888
OSAndroid 12Android 11
メインディスプレイ6.7インチ FHD+
Dynamic AMOLED 2X
2,640 x 1,080、425ppi
リフレッシュレート:120Hz
6.7インチ FHD+
Dynamic AMOLED 2X
2,640 x 1,080、425ppi
リフレッシュレート:120Hz
サブディスプレイ1.9インチ Super AMOLED
512 x 260、302ppi
1.9インチ Super AMOLED
512 x 260、302ppi
広角レンズ1,200万画素、F2.2
画素サイズ:1.12μm
1,200万画素、F2.2
画素サイズ:1.12μm
超広角レンズ1,200万画素、F1.8
画素サイズ:1.8μm
光学式手ブレ補正
1,200万画素、F1.8
画素サイズ:1.4μm
光学式手ブレ補正
動画撮影4K UHD 30fpsと60fps
(3,840 x 2,160)
1,080p FHD 30fpsと60fps
(1,920 x 1,080)
720p HD
30fps (1280 x 720)
4K UHD 30fpsと60fps
(3,840 x 2,160)
1,080p FHD 30fpsと60fps
(1,920 x 1,080)
720p HD
30fps (1,280 x 720)
生体認証指紋 / 顔認証指紋 / 顔認証
RAM8GB8GB
ストレージ容量128/256/512GB128/256GB
BluetoothBluetooth 5.2Bluetooth 5.1
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/axIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
おサイフケータイ
SIMnanoSIM/eSIMnanoSIM
ワイヤレス充電
バッテリー容量3,700mAh3,300mAh
防水防塵性能IPX8IPX8
イヤホンジャック
オーディオステレオステレオ
大きさ(閉じた状態)
高さ x 幅 x 厚さ
84.9 × 71.9 × 15.9mm86.4 × 72.2 × 15.9mm
大きさ(開いた状態)
高さ x 幅 x 厚さ
165.2 × 71.9 × 6.9mm166.0 × 72.2 × 6.9mm
重さ187g183g
カラーボラパープル
グラファイト
ピンクゴールド
ブルー
ファントムブラック
クリーム
グリーン
ラベンダー

Galaxy Z Flip4」の最大の特徴は、Snapdragon 8+ Gen 1を搭載、バッテリー容量も3,700mAhにアップ、念願のeSIMにも対応し、さらにコンパクトになっていることです。

バッテリー容量が増えた分、重さは4gの増量しているが許容範囲内でしょう。

購入する際に、Galaxy Z Flip3も検討したが、4の方がバッテリー容量もアップしコンパクトになっていること、ボラパープルが可愛かったので、4を選びました。

個人的には、横幅が72mmを切っているので、片手操作がしやすくなったのが嬉しいポイントです。

正直なところ、Galaxy Z Flip4とGalaxy Z Flip3を比較して大きな変化はありません。歴代シリーズを見ても3で完成系に近づいているので、乗り換えするメリットは少ないかもしれませんね。

Galaxy Z Flip3なら中古でも安く手に入るので、スペックに拘りがなく、折り畳みスマホを使ってみたいなら中古も良い選択肢になると思います。

ちなみに、Galaxy Z Flip4は、楽天モバイルが最安値なので、回線契約なしで、出来るだけ安く手に入れたい方は楽天モバイルがおすすめです。

楽天ポイントでも支払うことが出来るし、SIMフリーだし、キャリアのアプリがないのも良い。

\最安値は楽天モバイル/

パッケージ内容と外観デザイン

パッケージ内容
  1. Galaxy Z Flip4本体
  2. C to C USB接続ケーブル
  3. SIMピン
  4. 説明書

もう、充電器は梱包されなくなってしまったので、入っておりません。データ移行をするためのC to C USB接続ケーブルが入ってます。

Smart Switchを使えば簡単にデータ移行も出来るようになったので、便利な時代になりましたね。

折りたたんでいる状態のGalaxy Z Flip4可愛いです。ボラパープルの色合いも薄い紫だから性別関係なく持てるのが良い。

閉じた状態のサイズも84.9 × 71.9 × 15.9mmでかなりコンパクト。厚さは84.9mmなので、普通のスマホが2台重なっている感じです。

これぐらいのサイズであれば、ポケットに入れてもストレスは感じません。

ヒンジの部分もうっすらと紫色になっており完全にシルバーではありません。全体の色をパープルに統一されているあたりGalaxyのオシャレセンスの高さを感じます。

そして、目立たないようにヒンジ部分にGalaxyのロゴを入れてあります。ナイス。

Galaxy Z Fold3を毎日パカパカしているが、壊れたことはないのでGalaxy Z Flip4のヒンジの耐久性も良いに決まっています。

上の部分にはマイクとスピーカー。

下の部分には、マイクとUSB-C、スピーカーが搭載されています。

右サイドには、音量調整ボタンと電源と指紋認証ボタンがあるが、普通のスマホよりも

左サイドにはなにもありません。

Galaxy Z Flip4の縦のサイズはちょっと大きめ。

左からGalaxy S22Galaxy Z Flip4Galaxy Z Fold3と比較すると大きいのが分かると思います。

開いた状態だと、普通のスマホの厚さとありません。Galaxy S22とほぼ変わらない、むしろちょっとだけGalaxy Z Flip4の方が薄いです。

\最安値は楽天モバイル/

実際使ってみての感想

フレックスモードが使いやすい

Galaxy Z Flip4のヒンジの固定力が強いので、好きな角度で固定し、デスクの上に置きながら操作することが出来ます。

Galaxy Z Flip4からは、フレックスモードでマウスのポインターも使えるので、パソコンみたいに使うことも出来ます。これ、意外と便利でネットサーフィンやSNSが捗ってしまいます。

Twitterにショートムービーの動画をアップしたので参考にしてみて下さいね。ちょっと面白いかも。

とはいっても、大きな声で快適!とは言えないので、用途によって使い分けている感じです。フレックスモードを使わなくても普通のスマホとして使うことも出来ます。

アプリを分割表示しながら操作も出来るので便利です。

フレックスモードとはちょっと違うが、ヒンジ部分を微妙に曲げるとスマホスタンドなしでも自立させることが出来ます。動画を見たりするときすごく便利なんです。

Galaxyの折りたたみスマホシリーズのヒンジは途中で止めることが出来るので、Galaxyの強みですよね。

自立する

片手操作もなんとか出来る

Galaxy Z Flip4」は、横幅が71.9mmでギリギリ片手持ちすることが出来るサイズ。ケースを付けてしまうとサイズアップしてしまうのが悩ましいが、裸で使うなら片手操作も出来ます。

縦幅は、165.2mmなので、上の方は届かないので諦めています。

しかし、Galaxyには片手モードという便利機能が搭載されているので、どうしても全てを片手操作で完結したい方は片手モードも使い分けすることで幸せになれるはず。

画面全体が縮小されキーボードも小さくなるので、タイピングには慣れが必要です。

ポケットに入れやすい

Galaxy Z Flip4」は、折りたたむことが出来るので、持ち運びがかなり楽になりました。特に、シャツを着ることが多い身としては、胸ポケットに入れることが出来るのはグッド。

普通のスマホだと高確率ではみ出してしまい入れることは出来ないし、胸ポケットに入れたいマンとしては嬉しいポイントです。

もちろん、ズボンのポケットに入れても嵩張ることはないが、折り畳んだ分の厚さが出てしまうのが、そこは気になりませんね。

開くのが面倒だからスマホデトックスに良いかも

Galaxy Z Flip4」は、基本的に折りたたんで置くので、普通のスマホと違い操作をするためには、開く動作を必要とします。

その開く動作が良い意味でも面倒くさくて、普通のスマホよりも開くなくなりました。スマホ疲れも感じていたところなので結果オーライ的な感じになっています。

通知は、サブディスプレイで確認することも出来るので、必要なときにだけ開けは良いのかな、と思うように…。

こういった感情は、折りたたみガラケーを使っていた頃の感情を思い出すことが出来ました。必要なときだけスマホを見るようにしたい。

Twitterにサブディスプレイの操作の様子をショートムービーとしてアップしているので、参考にしてみて下さいね。もう少しウィジェットが増えたら嬉しい。

スピーカーの音質も良い

Galaxy Z Flip4」には、上下に一つずつステレオスピーカーが搭載されています。

上にスピーカーは、通話するスピーカーを兼用しているので、音が前に出るような形で流れるので、音をしっかり聞くことが出来ます。

フレックスモードで聴くとより効果的に音を聴くことが出来るので、良く考えられているなと関心しております。

高音域はちょっとキーが高いようにも感じるが、スマホに搭載されているスピーカーだと考えたら良い方です。

フレックスモード

カメラも日常を記録するには十分(作例)

カメラスペック
  • 超広角カメラ:1200万画素(F値2.2)
  • 広角レンズ:1200万画素(F値1.8)
  • デジタルズーム10倍

Galaxy Z Flip4」のカメラの画素数は、1200万画素もあるので、ディスプレイに見る分にはすごく綺麗に撮ることが出来ます。

色合いは、コントラスト高めではあるが、Galaxy純正のアプリのギャラリーの編集機能を使い、Lolliのフィルムをあてています。

写真は少しずつ載せていきますね。

Galaxy Z Flip4 レビュー
Galaxy Z Flip4 レビュー

0.5倍からデジタルズームの10倍まで写真を撮ってみました。0.5〜2倍までは綺麗だが、それ以降だとちょっと画質が荒れ始めてきます。

デジタルズームの10倍だとお世辞にも綺麗だとは言えないが、2倍だと綺麗に撮れるのでおすすめです。ある程度寄って撮ることも出来るのでテーブルフォトも綺麗に撮れます。

\最安値は楽天モバイル/

バッテリーの持ちも良い(1日持つ)

Galaxy Z Flip4」のバッテリー容量は3,700mAhとなっており、前作の3よりも400mAhアップしています。

だからといってバッテリーの持ちが極端に良くなった訳ではないが、1日は余裕を持って使うことが出来ます。Snapdragon 8+ Gen 1を積んでいる割には、バッテリー消費率は良いかも。

私は、基本的にはスマホではゲームをやったり動画を観たりすることはなく、記事を書いたりネットサーフィン、SNSを見たりすることがメインだが、バッテリーの持ち具合に不満を感じたことはありません。

Galaxy Z Flip4の残念なところ

もう少しコンパクトなら嬉しい

Galaxy Z Flip4」は、十分コンパクトだろう!と思うかもしれないが、横幅が71.9mmで70mm以上になっているので、個人的は大型スマホの分類です。

71.9mmは、片手操作するにはギリギリのサイズだし、もう少しスマートに使うなら70mm以下の方が嬉しいです。バッテリー問題などもあると思うがSAMSUNGには頑張って欲しい。

さいごに:こんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • ガラケーのようなスマホが使いたい方
  • 折り畳んでコンパクトに持ち運びたい方
  • スマホデトックスもしたい方
  • 普通のスマホに飽きてしまった方

折りたたみスマホは使い始めるとそのギミックさに魅了されてしまいます。ガラケーを使っていた懐かしい気持ちを感じることも出来るし使っていて楽しいスマホです。

なによりコンパクトに折り畳んで持ち運びが出来るのが良いですね。

気になっている方は、ぜひ店頭でも折り畳める気持ち良さを体感してみて下さいね。

それでは、良いスマホライフを!


\最安値は楽天モバイル/

関連記事

良質な中古スマホ取扱店

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

レビュー Galaxy Z Flip4

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

気になることがあればコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次