MENU

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

【動画あり】MacBook 12インチでもLightroomはストレスなく使うことが出来る

MacBook 12インチは、CPUは低スペックなので、高負荷、重い作業は出来ないかも。と思っているかもしれませんが、Adobeの「Photoshop」「Lightroom」は問題なく使うことが出来ます。

SONY α6000で撮影したRAWファイルを現像するために、MacBook 12インチ(2017)でLightroomを使って現像しています。

ただ、ChromeやSafariなどのタブやアプリをたくさん開いてしまうと、モタツイたりするので注意が必要。

この記事では、低スペックなMacBook 12インチでも、Adobeが使えることを書いていきます。

目次

MacBook 12インチのスペック

  • CPU:Inter Core m3(第7世代)
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB
  • キーボード:JIS

愛用しているMacBook 12インチは、カスタマイズなしの低スペックで使っています。

理由は、「2017 MacBook 12インチは低スペックで十分!【レビュー】」で詳しく書いたので参考にして欲しいのですが、CPUはスペックアップしてもどれも同じだと感じています。

MacBook 12インチは、モバイルパソコン(PC)用に作られているので、CPUのバッテリー消費は抑えたいところ。

そんなMacBook 12インチでも、Adobeぐらいは使うことが出来ます。

Lightroomを使ってみた

写真を表示出来る枚数にも満足

MacBook 12インチに表示させられる写真は、最大枚数が、横5枚、縦3枚となっています。

12インチの大きさにしては、思った以上に表示させてくれるので、視認性が悪いといったストレスは感じません。

普段、大きな画面で作業をしている方からすると、ちょっと見えづらさはあるかもしれないですね。

Lightroomに表示設定を変えることで、表示出来る枚数の変更が出来るので、好みの表示設定にしましょう。

SDから取り込み速度は速く、保存は若干遅い

SDからLightroomにRAW画像の取り込みはすごくスムーズ。

詳細は、動画にアップしてあるので参考にしてみて欲しい。

しかし、15枚を同時に保存をすると、保存時間が40〜1分近くかかってしまい、ちょっと遅く感じてしまいます。

15枚以上の同時取り込みやタブ、アプリを立ち上げた状態では、もう少し遅くなってしまう可能性があるので、マルチタスクをしながらは注意が必要。

Photoshopも快適に使うことが出来る

Photoshopはまだ、勉強中なので、ちょっとしか使ったことはないが、Lightroomと同様にストレスなく使うことが出来ます。

操作性もスムーズでカクつくこともないが、画面が12インチと小さく、トラックパッドも小さいので、気になる方は気になるかもしれない。

注意したいこと

  • タブやアプリをたくさん立ち上げないこと
  • LightroomやPhotoshopだけを立ち上げること

さいごに:MacBook 12インチでもAdobeは使うことが出来る

  • CPU:Inter Core m3(第7世代)
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB
  • キーボード:JIS

MacBook 12インチの低スペックでも、「Lightroom」と「Photoshop」を動かすことが出来ました。

数個程度のタブなら問題なく動きますが、タブやアプリを出すすぎると、8GBしかないメモリーを消費してしまうので、注意したいところ。

愛用アイテム

関連記事

良質な中古スマホ取扱店

\スマホ料金が2,970円に/

ahamoのメリット・デメリット

MacBook 12インチ Lightroom

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

気になることがあればコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次