【レビュー XF16mmF2.8 R WR】写真・動画レンズとして使える万能レンズ(作例あり)

広い画角で写真や動画を撮りたくて、「XF16mmF2.8 R WR」を購入しました。

標準レンズの画角も良いけど、広角レンズでならではの世界観を楽しめるのはすごく良い。画角も広いのにかなり寄れるので、動画撮影だけでなく、テーブルフォトや花もマクロに近い撮影だって出来ちゃいます。

もちろん、風景写真も広い画角で綺麗に撮影出来るのも気持ちが良い。

しかも、コンパクトで155gと軽いので、コンデジの様に気軽に持ち運べるのが良いですね。

この記事では、実際に使って良かった点と残念だった点を作例を踏まえながらレビューしていきます。

良かった点
  • ミラーレスカメラをコンデジ化出来るコンパクトさ
  • 動画レンズにも最適
  • AFスピードも速い
  • 0.17mmまで寄れる
残念な点
  • 特になし
目次

XF16mmF2.8 R WR フォトレビュー

スペックと外観

スクロールできます
スペック
レンズ構成8群10枚
絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.17m
最大撮影倍率0.13倍
開放F値F2.8
手ブレ補正なし
最大径 x 長さ60 x 45.4mm
フィルター径49mm
防塵・防滴
重さ155g

手振れ補正がないレンズだけど、シャッタースピードを上手く調整すればブレることなく撮影が出来ます。防滴防塵仕様だから多少の雨やホコリっぽい場所での撮影も安心。

個人的に嬉しいのは、最短撮影距離が 0.17mまで寄れること。テーブルフォトや物撮り、マクロ撮影みたいに使えるのは嬉しい。

24mm(35mm換算)と広角撮影が出来るし、愛猫の動画撮影が捗っています。

絞りリングやフォーカスリングの部分のデザインもシンプルで動作もスムーズです。

レビュー XF16mmF2.8 R WR

富士フィルムのデザインはやっぱり良いですよねー。シルバーよりもブラックの方がシンプルで好みです。

レビュー XF16mmF2.8 R WR
レビュー XF16mmF2.8 R WR

軽くてコンパクトだからコンデジ化出来る

コンパクトで軽いのもグッド!

手のひらサイズでかなりコンパクトで持ち運びには最適な大きさです。

レビュー XF16mmF2.8 R WR

フロントカバーとリアカバーを装着した状態で175g。

レビュー XF16mmF2.8 R WR

X-S10(475g)と合わせてもたった650gしかないので、気軽にリュックやカバンに入れて出かけられるのは最大のメリットだと感じています。

レビュー XF16mmF2.8 R WR

AF(フォーカス)スピードも速い

気になるAFスピードですが、速いのでストレスを感じることはありません。

写真はもちろんですが、動画でも速いので、速い被写体でも瞬時にピントを合わせることが出来ます。

ピントが迷ってしまうことは少ないように感じます。

フィルター径は49mm

フィルター径は、49mmのレンズフィルターを使っています。これは純正のフィルターですが、ケンコーのレンズフィルターならお安いので手に入れやすいです。

XF16mmF2.8 R WRの作例

花や風景を撮るのが好きなので、自ずと花や風景が多い作例になってしまったが、広角レンズならではの写真が撮れたのかと思っています。

少しでも参考になれば嬉しいです。

写真

広角レンズで、広々とした空と雲を切り撮るのは最高。逆光でも絞ればしっかりと撮れるのは描写力の高さを感じますね。

2020-12-15_07-44-26_000


大空と桜の木をパシャリ。

桜が咲いているとことを想像して頂けたら幸いです。

2020-12-15_07-38-39_000


素朴な風景だが広角レンズなら幅広く写すことことが出来る。

2020-12-15_07-42-45_000


夕方と夜の間にあるマジックアワーをパシャリ。

F2まで開放することが出来るので、うまくシャッタースピードとISOを調整すれば、暗い夜の撮影もすることが出来ます。

DSCF1478



コスモス畑でコスモスを。

下から空へ向かった撮るとコスモスの力強さが良く分かり映えます。欲を言えば、真っ青な青空が良かったが、曇っていてもふわっとした雰囲気で撮ることが出来ました。

何だか優しい気持ちになるのはぼくだけでしょうか?

2020-11-27_07-49-43_000

2020-11-27_07-52-57_000


広角レンズだけど、0.17mmまでかなり寄れるのでマクロレンズ並に撮ることが出来ます。広く撮れるし寄れるって万能レンズではないでしょうか?

2020-11-27_07-50-15_000


紅葉と太陽をパシャリ。

絞れば太陽の光芒が出て雰囲気作りも出来ます。

DSCF1475


こちらの写真も絞って、シャッタースピードも遅く撮ってみました。周辺は暗くなっているが、太陽の光で紅葉が透けて強調されるのが良い。

DSCF1460


寄れるので、ちょっとした物撮りにも最適。

テーブルフォトでも幅広い画角を意地しながら、寄りたいというときにも撮れてしまうから便利なんですよね。

DSCF1602


動画

24mm(35mm換算)と幅広い画角の「XF16mmF2.8 R WR」で動画を撮影してきました。

広く撮れるので撮影環境の雰囲気もわかって良いですね。

XF16mmF2.8 R WRの残念なところ

残念な点
  • 特になし

使っていて特に不満点はありません。

逆に言えば、24mm(35mm換算)の広角レンズで撮影することが出来るというという点だけです。すごく描写力が良い!ボケが綺麗!という訳でもないが、不満点なのかも。

あとは、「XF16-55mmF2.8 R LM WR」と画角が被ってしまうのも困るポイントかもしれません。出来るだけ持ち運ぶレンズを少なくしたい方は、ちょっと暗くなっても良いのなら「XF16-55mmF2.8 R LM WR」は良い選択肢ですね。

さいごに:こんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • 防塵防滴レンズが欲しい方
  • 風景やテーブルフォトなども楽しみたい方
  • 広角レンズで動画も楽しみたい方
  • 軽いレンズでコンデジ化をしたい方

XF16mmF2.8 R WR」は、コンパクトで軽いのでミラーレスカメラをコンデジ化出来るのが最大のメリットです。

気軽にカバンに入れることも出来るし、高速AFだからパシャパシャとスナップ写真を楽しむことが出来ます。

F2と明るいし動画レンズとしても最適で、動画をたくさん撮る方にもおすすめです。

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になったらコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる