Kindle Unlimitedが2ヶ月0円!詳細はこちら>>

iPhone・iPadのスクリーンショットをPDF変換と手軽に編集する方法

iPhoneやiPadで、スクリーンショットを撮りシェアしたい!

ということで、スクリーンショットをした画像をPDFに変換する方法を書いていきます。

アプリを使わずに、元から保存されてある画像もPDFに変換出来るので、覚えているとすごく便利です。

ぜひ、活用して下さいね。

Androidスマホ・タブレットで、PDF変換や編集方法は、「Androidのスクリーンショットの写真や画像をPDFに変換・編集する方法」で書いていきます。

目次

スクリーンショットをする方法

iPhone

iPhoneのスクリーンショットは、「音量調整ボタン」と」電源ボタン」を同時押しで出来ます。

ホームボタンがあるiPhoneは、「ホームボタン」と「電源ボタン」を同時押しで出来ます。

iPad

iPadもiPhoneと同じで、「音量調整ボタン」と「電源ボタン」を同時押することで、スクリーンショットが出来ます。

Apple Pencilを使え、ディスプレイの四隅の角から中央にかけてスッとなぞればスクリーンショットが出来ます。

PDFに変換する方法

STEP
フルページをタップ

スクショをしたら、上の部分に「スクリーン」か「フルページ」かを選ぶタブが表示されるので、赤丸のフルページを選択します。

STEP
切り取りたいところを選ぶ

フルページを選択すると、右端に表示されている赤線の部分を上下に移動することで、切り取りたいところを選ぶことが出来ます。

STEP
PDFになっているか確認

保存する前に、赤丸のところにデータの種類を確認することが出来ます。

データの種類を確認することが出来たら、「ファイルに保存」をします。

JPEGやRAWのデータではないので、写真アプリには保存することは出来ません。

保存するファイルが決まったら赤丸の「保存」をタップして完了です。

あとからPDF変換する方法

STEP
写真・画像を開く

写真アプリ内になある写真・画像を開くと、赤丸のアイコンをタップします。

STEP
プリントをタップする

赤線の「プリント」をタップします。

実際には、プリントをしないが、プリントをする過程でPDFに変換することが出来ます。

STEP
画像を拡大する

ちょっと分かりにくいが、2本の指を使い矢印の方向に、広げるようにピンチアウトすると画像が拡大します。

STEP
保存先を決める

ピンチアウトすると以下の画像のように表示されるので、好きな保存先(赤線)を選びます。

私は、PDFの編集と保存の管理がしやすいように「Documents」に保存しています。

PDFを編集するためのおすすめアプリ

デフォルトで入っているアプリなら「iBooks」が有名ですが、「Documents」なら編集することはもちろん、‪iPad内に入っているデータを一括で見ることが出来るので、データの管理もしやすいです。

ファイルで管理が出来るので、整理もしやすいのでおすすめ。

Documentsの編集画面

まとめ

iPhoneやiPadでも簡単にPDFに変換することが出来ます。

PDFに変換のしやすさは、Androidよりもスムーズに出来るので、さすがAppleのOSといったところでしょうか。

MacBookにもAirDropしやすいので、Appleエコシステム様々ですね。

それでは、良いスマホライフを!

愛用アイテム

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

iPhone iPad PDF変換

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になることがあればコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる