【レビュー Sigma 28-70mm F2.8 DG DN Contemporary】持ち運びに便利!コンパクトで描写力の高い便利なズームレンズ(作例あり)

コンパクトなSigma fpに、便利なズームレンズが欲しい!ということで、標準ズームレンズの「Sigma 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」を購入しました。

EマウントのSigma 24-70mm F2.8 DG DN | Artを使っていたときは、830gと重くて、気軽に持ち運ぶことが出来ずに手放したが、「Sigma 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」は、470gとすごく軽くて持ち運びがしやすいレンズなんです。

しかも、描写力も良いし、広角から中望遠域までカバーしれくれるので、スナップ撮影や旅行に行くときも便利なレンズ。帰省したときも、このレンズ1本だけ持ってスナップ撮影や家族写真を撮ってきて、満足のいく写真を撮ることが出来ました。

この記事では、実際に使って良かった点や残念だった点、作例も踏まえながら、レビューしていきます。少しでも参考になれば嬉しいです。

良かった点
  • 描写力とボケが良いレンズ
  • 軽くてコンパクトだから持ち運びやすい
  • 広角域では寄って撮ることも出来る
残念な点
  • ズームロックがない
目次

Sigma 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary フォトレビュー

スペックと外観デザイン

スクロールできます
スペック
レンズ構成枚数12群16枚(FLD2枚、SLD2枚、非球面レンズ3枚)
画角75.4°~34.3°
絞り羽根枚数9枚(円形絞り)
最小絞りF22
最短撮影距離19 (W)-38 (T)cm
最大撮影倍率1:3.3 (W) – 1:4.6 (T)
防塵防滴
フィルターサイズφ67mm
サイズφ72.2mm×101.5mm(Lマウント)
φ72.2mm×103.5mm(Eマウント)
重さ470g(Lマウント)
470g(Eマウント)

28-70mmのズームレンズで、28mmの広角域では、19cmまで寄って撮影が出来ます。70mmの中望遠域では、38cmまで寄って撮影することが出来るので、使い方によってはテーブルフォトにも使うことが出来ます。

何より、F2.8まで通しで開放が出来るので、ボケを楽しんだり、夕方や部屋の中でも撮影が出来るのは嬉しい。

ズームレンズでネックになるのが重さではあるが、470gと軽いので、気持ち良く持ち出すことが出来ます。軽さは正義。

筐体は、ブラックで統一されており、文字は白で印字されている。シックなデザインになっているのが好きだ。

Sigma fpに装着してもかなりコンパクトなのが分かります。Sigma 24-70mm F2.8 DG DN | Artだとサイズも結構、大きくて重かったので、このコンパクトさにはビックリでした。

ズームにするとここまで伸びることが出来ます。簡易防塵防滴になっているので、ホコリやチリも混入しにくい仕様になっているのも嬉しいポイントですね。

コンパクトで軽い!旅行はこれ1本で十分

上記でもちょろっと書いたが、やっぱり470gとズームレンズにしては軽いので、すごく持ち出しやすいです。

Contemporaryシリーズは、軽くてコンパクトな、良いレンズ作る!ということをコンセプトにしているだけあって、すごく使いやすいレンズ。何より、片手で持って撮影が出来るぐらいの重さです。

実際に、帰省するときに、このレンズ1本だけを持っていきましたが、リュックに入れてもそこまで重さを感じることはありませんでした。コンパクトだし嵩張らないのもすごく助かりました。

ArtシリーズにSigma 24-70mm F2.8 DG DN | Artがあるが、830gと重く、カメラと合わせると1kgを余裕で越してしまうので、首に下げて長い距離を歩くのはツラいです。

出来るだけ、荷物を少なくしたいぼくとしては、重宝しているレンズです。

フロント・リアキャップとフード付き

AF(オートフォーカス)も速い

AF(オートフォーカス)も速くいので、狙ったシーンを逃すことはありません。

ただ、レンズ内手振れ補正は搭載されていないので、シャッターが切り終わる前に動いてしまうとブレてしまうことがあるので注意が必要です。これは当たり前ではあるが注意したいですね。

フィルター径は67mm

フィルターも67mmと比較的、小さいレンズフィルターで合わせることが出来ます。

今回は、汚れや水滴が付きにくい撥水タイプのレンズフィルターを購入しました。指紋汚れやホコリが付いておサッと拭き取りやすいのは良いですね。

Sigma 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary 作例

写真

Sigma 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」1本だけを持って秋田へ帰省してきました。

28mmの広角から70mmの中望遠域までカバーしてくれるので、風景から家族写真やポートレートをこなしてくれて、使っていて楽しいレンズでした。通しでF2.8で使えて、ボケも良い感じなので、雰囲気の良い写真も撮れます。

愛猫のふうちゃんと、秋田に帰省したときの写真を作例としてアップしていくので、少しでも参考になれば嬉しいです。カラーの写真は全て、パウダーブルーで撮影しています。

急に動きだす、ふうちゃんにしっかりとピントを合わせてくれて、シャッターを切ることが出来ました。レンズ越しにこちらを覗いてくる目が愛くるしい。

70mm ISO 1600 F2.8 SS 1/160
70mm ISO 1600 F2.8 SS 1/60
70mm ISO 100 F2.8 SS 1/400

ここから秋田の風景とスナップ写真。

標準域の50mmに近い画角で調整しながら撮れるのが良い。35mmだとちょっと引きすぎだなって感じだけ、48mmで撮ったので、程よい圧縮効果で、風車がまとまって撮ることが出来ました。規則正しく並んでいる風車が素敵。

48.5mm ISO 100 F4.5 SS 1/1250

70mmの中望遠域でも遠くいる人の動きと、全体の雰囲気を切り取ることが出来ました。ズームレンズだから、立ち止まって画角を微調整が出来るのは便利ですね。

70mm ISO 100 F2.8 SS 1/4000
49.9mm ISO 100 F2.8 SS 1/5000
30mm ISO 100 F2.8 SS 1/3200

広角域の28mmで、撮影することが出来るので、広々として画角で撮ることが出来ます。秋田は、広大な敷地に田んぼがたくさん広がっており、清々しい景色を堪能出来ます。黄金に輝く景色が素晴らしい。

28mm ISO 100 F8 SS 1/250

もちろん、寄って撮影も撮影することが出来るし、お米一つひとつの粒もはっきりと撮れますね。

70mm ISO 100 F8 SS 1/160

開放で撮るとふわっとした雰囲気で撮れるし、ボケも綺麗だし、ピントが合っているところも破綻していませんね。

70mm ISO 100 F2.8 SS 1/2000

絞って撮ることで、羽の部分もくっきりとしています。もう少し絞ればカリカリにすることもできるが、個人的にはこれぐらいがボケも良い感んじで好き。

70mm ISO 100 F5.6 SS 1/400

雨の雫の動きもしっかりと捉えて、粒一つひとつもシャープで、空に浮き上がっているような感覚になります。実際は、切り離されているが、描写力の高さを感じてしまいます。

47.3mm ISO 100 F2.8 SS 1/2500

雨上がり後のバラもしっとりとした質感も伝わってきます。開放でアンダー気味で撮影する雰囲気の良い写真が撮れます。

70mm ISO 100 F2.8 SS 1/500

狭い道だと、十分に距離が撮れないことが多いが、28mmの広角域があると、スナップ撮影でも活躍してくれます。全体像も撮影出来ると雰囲気が伝わりやすいから良いですよね。

28mm ISO 160 F2.8 SS 1/320
28mm ISO 160 F8 SS 1/250

70mmの中望遠域を使い、Sigma fpのカラーモードのデュオトーンを当ててみました。時間的に夕方だったため、風車がシルエットになり、より夕方の雰囲気を出すことに成功しました。デュオトーンの使い所は難しいが、ハマると楽しいかも。

70mm ISO 100 F5.6 SS 1/1250

Sigma 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporaryの残念なところ

ズームロックがない

ちょっと残念なのは、歩いているときに、レンズが勝手に伸びてしまうことです。頻繁に伸びてしまうことはないが、ふとしたときに伸びてしまっていることがあったので、接触防止のためにズームロックは搭載して欲しかった…

撮影しないときには、カバンなどに入れておけば良いのだが、街中などをスナップ写真を撮り歩いているときには、首にかけておきたいんですよねー。

まぁ、そこまで頻繁に伸びている訳ではないので、注意しながらスナップ写真を楽しんでいます。

さいごに:こんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • 軽くて持ち運びやすいズームレンズが欲しい方
  • 描写力の高いズームレンズが欲しい方
  • 寄って撮影がしたい方

Sigma 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」は、28〜70mmまでズームが出来て、描写力も高く、開放にしても雰囲気の良い綺麗なボケが楽しめるので、撮影の幅も広がります。

何より重さも470gしかないし、単焦点レンズを何本も持っていく手間も省けるし、出来るだけ荷物を少なくしたい方には、おすすめのレンズです。

便利のズームレンズが1本あると写真生活が楽しくなりますよ。

関連記事

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になったらコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる