【レビュー SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO】中望遠レンズとしても使えるマクロレンズが楽しい

物撮りで持っと寄りたい!ということでカミソリマクロの異名で名高い「SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO」を購入しました。

SIGMAのレンズを使っている方なら1度は使ってみたくなるカミソリマクロ。実際に使ってみると、かなり寄れるし描写力の高い写真を撮ることが出来ます。

SIGMAレンズが好きなら1度は使って欲しいレンズ。

この記事では、「SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO」を購入しました。のサイズ・デザイン・画質・描写力や残念だった点をレビューしていきます。

良かった点
  • 描写力が高いレンズ
  • 中望遠レンズで風景も撮れる
  • AFも結構、速い
残念な点
  • サイズが大きく重い
目次

SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO フォトレビュー

スペックと特徴

スクロールできます
スペック
レンズ構成枚数10群13枚
画角(35mm判)34.3°
絞り羽根枚数9枚 (円形絞り)
最小絞りF22
最短撮影距離25.8cm
最大撮影倍率1:1
フィルターサイズφ49mm
手振れ補正
防塵防滴
最大径 ×  長さφ70.8mm × 131.8mm
重さ570g

SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO」は、通しでF2.8で撮影することが出来るので、暗いところでの撮影やボケも良い感じに出してくれます。

α6600で使っているので、35mm換算の105mmで使えるので、中望遠的な感じで使えるのもメリットだと感じています。スナップ写真にも最適。

ただ、重さが、570gもあるので、持ち運びをするには重さを感じてしまうかも。ボディと合わせると重いし、手振れ補正が非搭載なのも残念なところ。

外観のデザイン

長さは、131.8mmとちょっと大きめで、だいたいiPhone 11 Proと同じぐらいの大きさ。

持ち運びをするには、ちょっと大きめかな。

SIGMAのレンズは何本か持っていいるけど、必要な最低限のことだけを記載しているのが良いですよね。ブラックのボディにホワイトの印字がかっこいい。

シンプルなのが1番かっこいいと思っています。

カメラ本体で、AFとMFの変更と、焦点距離の調整が出来るのは便利。

基本的にはAFで焦点距離はFULLで使っています。

マクロレンズだけあって、レンズは奥に設置されています。

α6600に装着するとこんな感じ。

コンパクトなα6600がフルサイズのカメラみたいにイカつくなってしまいましたね。重さも1kg以上になるので、持ち運ぶには重さを感じてしまう。

フードを付けるとさらに、大きは倍増。

フードは、プラスチック製だから軽いのが嬉しい。

アングルを目線くらいに落としてみると、バズーカ砲みたいな感じだね。かっこいい…

ブラックブラックは統一感があって本当にかっこいい。カメラは見た目も大事。

かなり近くまで寄れる

オートフォーカス(AF)は意外と速い

マクロレンズだから、AFは遅いだろうと期待していませんでしたが、思った以上に速くて、動いている動物も撮ることが出来ました。

水族館の魚たちを撮ってきたので、作例の方を参考にしてみてくださいね。

AFの速さは、動画を撮ってみたので、動画の方がイメージ湧くと思うので、こちらを参考にしてみてください。

SIGMA 70mm F2.8 DG MACROの作例

実際の画像は、かなりため息が出るほどの描写力ですが、記事にアップする関係で画質は圧縮しております。

暗い水族館でも綺麗に撮れる

水族館から散歩で撮ったスナップ写真を作例として挙げています。少しでも参考になれば嬉しい。

通しでF2.8もあるので、が暗い水族館でもかなり綺麗に撮ることが出来ました。シャッタースピードも遅くなりすぎないので、ブレも少ない。

レンズ本体にも手ぶれ補正が搭載しているので、安定した撮影が出来ます。

動きの素早いエイもしっかりと捉えることが出来るので、動きのある写真が撮れます。

小さいイカちゃんもマクロの力を使えば、大きく撮ることが出来ます。AFも速いのでブレることもありません。

小さいカエルも綺麗に撮れます。

イグアナ?の皮膚のザラザラ感もしかりと映し出してくれるので、触った感覚をイメージしやすいですね。

F2.8しかないけど、ボケも良い感じ。

雰囲気のある前ボケで、カメさんが覗いているように撮影することが出来ました。

キリッとした表情のペンギンもかっこいい。後ろのボケているペンギンも良い感じ。

スマップ写真にも使える

葉っぱだって、かなり寄れるので葉脈がくっきりと見えます。薄らと透けて見えているし、カミソリマクロという異名はダテではないですね。

花の雌しべ雄しべもしっかりと見ることが出来ます。普段見えにくいところだから新鮮ですね。

70mm(換算105mm)もあるで中望遠的な感じで、遠くにある蜂の巣だって撮れます。

鎖の質感が伝わってくる。

ペットを撮れる

昼寝の邪魔をされて不機嫌な愛猫のふうちゃん。一つ一つの細かい毛もしっかりと見えますね。

動き回っていると、さすがにピントが合わしづらいので、ブレてしまうけど、寝ているときは

もちろん物撮りにも最適

マクロだから、かなり寄れるし描写力も高いので、物撮りにも最適。

商品の細部まで映し出すことが出来るので、綺麗な写真は、読者にも分かりやすいので、差別化することが出来ますね。

SIGMA 70mm F2.8 DG MACROの残念なところ

残念な点
  • サイズが大きく重い

レンズ単体だけで570gもあるので、α6600と合わせると1kgは余裕で超えます。

重さ以上に、描写力の高いレンズなので、我慢して持ち歩く価値はるが、長時間歩き回るのは重いです。

さいごに:マクロの世界は楽しい

普段、見えないところを映し出してくれるマクロレンズは楽しい。

マクロだけでなく、中望遠レンズ的に使うことも出来るので、寄れなくて困った!ということもありません。

望遠レンズとまではいかないが、「SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO」を1本カバンに忍ばせているだけでも撮影の幅は広がります。

関連記事



Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするなら「Amazonギフト券」の購入がおすすめです。

ねこさと
現金チャージで、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます!Amazonユーザーならお得に購入しよう!

SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

気になったらコメントお願いします!

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる